国鉄気動車発達史

index1
こちらでは、国鉄気動車発達史というタイトルで書かせいただきました、blogのindexになります。
    1. 気動車発達史 1
      気動車の歴史を振り返るとき、第一号と言えるのは、蒸気動車と呼ばれるものが最初で、湊町〜橿原間に運転開始されたものが最初と言われています。
      蒸気機関車の小型版のようなもので、ボイラーで発生した蒸気により車輪を駆動するもので、ハンガリーガンツ社製で4両(2両と言う記述もあり、また関西鉄道時代に導入されたようで、その後国鉄で使用)が輸入されたと記録されています。
      ただし、ガンツ式は構造が複雑で、当時の日本の技術力では整備しきれなかったとも言われています。
    2. 気動車発達史 2 戦前の機械式気動車 三態
      昨日も書きましたが、電気式気動車は重量が重く、日本の鉄道には不向きであり、国鉄としては、ローカル線用としてキハ41000やキハ42000を製造していきました、ただ、機械式の最大の欠点は重連運転が出来ない事でした。
      重連運転をしようと思えば、前後の車両に運転士が乗務する必要があり、汽笛でタイミングを図りながら運転していましたが、精々2連が限界であり、江若鉄道で夏場の海水浴シーズンに3連と言った記録もあるようですが、実際にまともに運転が出来たのか気にかかるところではあります。
    3. 気動車発達史 3 戦前の電気式気動車
      キハ43000その後
      キハ43000は、完成後試験に供されたようですが、自動車の水平対向エンジンでも弱点として指摘されている、「水平シリンダー配置の場合には、シリンダー内面の不均一な潤滑油膜による偏摩耗など、潤滑に起因する問題」が発生し、当時の技術力では十分にカバーできなかった部分もあったようです。
      【前述】。
    4. 気動車発達史 4 天然ガス動車
      戦後のあだ花 天然ガス動車
      本日も気動車史をご覧いただこうと思います。
      今回は、戦後のわずかの間だけ活躍した天然ガス動車のお話をさせていただこうと思います。天然ガス動車自体が活躍期間も短かったこともあり、あまり資料も探せなかったのですが、できるだけ技術的な話を中心にまとめさせていただこうと思います。
    5. 気動車発達史 5 戦後の電気式気動車
      電気式気動車の試作、再び
      戦前試作された、キハ43000はエンジンの振動が大きく、試作品としては成功とは言えず戦後は復旧すること無く浜松工場の職員輸送用として先頭車が使用された他。中間車は電車用サハとして一時期活用されたようですが。結局キハ43000系列は戦後は振り返られることはありませんでした。
      キハ43000に使用されたエンジンは、戦後再び縦型に設計変更され、DD13形機関車に搭載されました。
      その後改良が進められたDMF31エンジンは500PSとなりました。
    6. 気動車発達史 6 10系気動車の始祖 キハ17系気動車を中心にしたお話
      本日は、液体式気動車の決定版となった、キハ45000(後のキハ17)についてお話をさせていただこうと思います。
      キハ45000形は、分割併合も考慮した貫通スタイルとして、キハ44500をベースにした車両ですが、側面は電気式のキハ44100と同様の両端にドアがある構造になっていました。
    7. 気動車発達史 7 高出力機関気動車の試作
      キハ44600の試作と失敗
      キハ44600(キハ50)形は、昭和29(1954)年に2両が試作されました。定員134人(座席92人、立席42人)でDMH17エンジンを初めて2台積んだ気動車でした。(当時の資料、交通技術。昭和30年1月号による)
      このような気動車が誕生した背景には、DMH17系エンジンの出力不足がありました。
    8. 気動車発達史 8 キハ44800(キハ55)の開発と発展
      本格的準急気動車の誕生
      連日、気動車発達史として書かせていただいておりますが、今回は本格的準急気動車キハ55を取り上げたいと思います。
      キハ55は、キハ44600の成功を受けて、10系客車の軽量化の手法を応用した車両で、先行試作車としてキハ44800(後にキハ55に編入)が昭和31年に3等車のみ5両が試作、完成後は日光線に投入されています。
      日光線にこうした新車が導入された背景には、当時は国鉄と東武の間で激しい競争を繰り返していたからであり、東武が1700系電車を投入したことで更に苦戦に立たされることになりました。
    9. 気動車発達史 9 一般形気動車 キハ20系の誕生
      キハ55の成功を受けて
      キハ44800(昭和32年の称号改正でキハ55)が製造されたのですが、この車両から車体幅が2800mmまで拡張されることになりました、キハ55の車体幅を大きく出来たのは車両の軽量化によると書かれている記事が多いのですが、それ以上に車両限界の拡張が行われたことも大きいようです。
    10. 気動車発達史 10 高出力気動車の試作 キハ60形
      キハ60に搭載されたDMF31系エンジン
      戦後、気動車のエンジンはDMH17エンジンの改良と言う形で進められていきました。
      DMH17エンジンに過給器を接続して250PSまで引き出して機関車用として羽後交通のDC2に使用されたり、過給器並びにインタークーラーを付けて出力を300PSまで引き上げた DMH17SBと言う機関も存在したそうで、こちらも機関車用エンジンとして、釧路臨港鉄道D501や岩手開発鉄道DD43形に使用された実績があります。 国鉄ではDMH17系エンジンを機関車に採用した例は、DD11のみ(DD11も、元々は白棚線用に開発された機関車であり、キハ10000(後のキハ01)共々、戦後路線を復活させるに際してもその程度の輸送力であったということで、既に鉄道としての使命は終わっていた路線だったのかなと改めて思ってしまいます。
    11. 第11話以降は、こちらをクリックしてください。
      indexに戻る

索引 気動車発達史

年表

国鉄気動車発達史 目次

blackcat写真館

blackcat写真館

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatのアメーバーブログです。随時更新

アメーバーブログ

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの元祖gooブログです。内容はかなり硬派です。随時更新

国鉄があった時代ブログ

日本国有鉄道 労働運動史

日本国有鉄道 労働運動史 Hatena blogです。主に労働運動を中心に社会学的視点から検討するblog、6日に1回の更新を目標としています。

日本国有鉄道 労働運動史

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話Yahoo blogです。鉄道とは一切関係なし、少しみんなが元気になってくれればと毎日更新にチャレンジ中

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話