昭和26年後半 鉄道ニュース

釜石線荒谷前、青笹、平倉の各停車場では旅客取扱区間を変更(公示一五九)7/1
国鉄自動車 浜名線新町橋停車場では旅客、到着手荷物、小荷物及び貨物の取扱を開始(但し、配達の取次はしない。)(公一示一五九)7/1
国鉄自動車 奥能登本線 穴水・七尾間は自動車による運輸営業を開始(公示一六三)7/1
国鉄自動車 栗原線香西村役場前は「大根」と、二川線東條村役場前は「東條小学校前」と各々改称(公示一六九〉7/1
国鉄自動車 加治木線 蘭牟田停車場では旅客、到着手荷物、小荷物及び貨物を取扱うこととした。(公示一七〇)7/1
犯罪防止と交通道徳の高揚の一策として「社会を明るくする運動」が法務府主唱で、東京は十日迄、その他の地方は十一日〜二〇日迄実施された。7/1
京成電鉄本線 宗吾駅を宗吾参道駅に改称 7/1
京福電気鉄道山端〜八瀬間が再複線化 7/1
西日本鉄道宮地岳線 宮地岳〜津屋崎間が開業。宮地岳駅移転 7/1
日本国有鉄道健康管理規程が制定(達二三〇)7/5
ム本日よリ函館〜富良野間第3、4列車に食堂車を連結することにした。(通報)7/5
3・4列車、急行「まりも」函館〜富良野間に食堂車を連結 (列車は釧路まで運転) 7/5
二十六年度の石炭節約について(通達)7/6
鉄道教習所規程の一部(公安科の新設)が改正(達三三六)7/6
十六日からニ十日迄神戸市六甲山で開催される全日本観光連盟及び国鉄主催の観光夏季大学の出席者に対し運賃割引(二十五日迄、二、三等五割引〉の取扱をした。(達三三八)7/7
南海電気鉄道 特急こうや号運転開始 7/7
高周波ミシンの貨物等級適用方(品目番号三三〇八)について明示(通報)7/9
船舶客荷取扱報告手続が制定された。(達三四一)7/10
運転取扱心得の一部(職別)を改正(達三五二)7/12
旅客及び荷物運送規則の一部(学生割引証の様式)を改正(公示一七四)7/14
日本人を荷送人、軍を荷受人とする貨物の運送についての一部(検査証明書の様式)を改正(渉外)7/14
信越本線 万代停草場では、荷物代金引換の取扱を開始(公示一七五)7/14
総武本線 幕張稲毛間に新検見川停車場を新設し、接客、手小荷物の取扱(配達はしない)を開始(公示一七三)7/15
国鉄業務災害補償就業規則第五節に規定する休業補償の取扱方について通達 7/16
二十九日から釧路市で開催される重要文化財展示合出品物に対し、運賃割引の取扱(公示一七八)7/16
鉄道敷設法の一部(建設審議会の設置)が改正(法律一六二)7/19
国鉄自動車 天龍本線遠江青谷停車揚は「峰之澤口」と改称した(公示一七九)7/20
宗谷本線誉平外四停車場は各々駅名を改称(公示一七六)7/20
演習部除の用に供する小荷物及び貨物の運送指令書の表示について指示(渉外)7/20
宗谷本線【駅名改称】誉平→天塩中川、宇戸内→歌内 7/20
石北線【駅名改称】奔無加→金華 7/20
深名線【駅名改称】初茶志内→天塩弥生 7/20
信越本線 【駅名改称】城岡→北長岡 7/20
函館に「鶴岡町」熊本に「東唐人町」の公認小荷物扱所を新設(公示一八〇)7/21
海上運送法施行規則の一部(定期航路)が改正(法令)7/21
20%賃上げ要求の私鉄総連は、北陸・関西以西で24時間ストに突入 7/22
山田線 鵜住居・釜石間に「雨石」、鹿児島本線 西方・草道間に「唐浜」の仮停車場を設置し、旅客及び手小荷物の取扱を開始(公示一八一)7/23
鹿児島本線 西方〜草道間【仮乗降場開業】唐浜 7/23
東武鉄道 越生線電化 7/24
八月四日から蔵王山麓で開催された全日本ボーイスカウト大会の出席者に対し、運賃割引の取扱(達三六九)7/26
東武鉄道労組と会社側は中労委の斡旋で基準賃金9,782円などを決めて第2次ストは回避 7/29

福知山線 池田停車場は川西池田と改称した。(公示一七六)8/1
小千谷発電所は発電を開始8/1
結核予防法に基き、同法施行規則が制定(法令)8/1
飯田線 平岡ダム建設のため満島(現在の平岡)〜為栗間経路変更。同駅間の遠山口駅廃止 8/1
福知山線 池田駅を川西池田駅に改称 8/1
遠州鉄道二俣電車線 繭市場前駅を遠州八幡駅に改称 8/1
岡山臨港鉄道開業 8/1
大元〜岡山港間の旅客運転を開始
尾張一ノ宮に新柳、岐阜に木町、板井に本町の公認小荷物扱所を新設(公示一八八)8/2
火薬類運送規則等の一部(銃用途、空砲の携帯筒数)が改正(法令)8/2
度量衡法施行令の一部(公差の部)が改定(法令)8/2
四主要食糧取扱手続を制定(建四〇二)8/4
十七日より札幌、旭川の両市で開催される東京優良商品巡回見本市出品物は三級賃率を適用して取扱った。(達四〇一)8/7
大井川鉄道 電車運転開始 8/8
十八、九日福島市で開催される全国勤労者競技大会への参加者に対し、運賃割引の取扱を(達三五八)8/9
九月一日から七戸市で開催される全国機具共進会出品物に対し、運賃割引の取扱を(達四〇六)8/9
国鉄自動車 城端線 出町高儀間他三区間は運輸営業を開始(公示一九〇〜一九二)8/10
城端線 東野尻駅、東石黒駅、越中山田駅開業 8/10
プロパン入ポンプかんの立積について(通達)8/11
鉄道無線電信通信取扱手続制定(達四一四)8/15
国鉄自動車 札幌線 札幌丸井前間は運輸営業を開始(公示ニ〇一)8/18
電車線路停電工事手続制定(達達四二一)8/18
阪和線浅香外四停車揚では手荷物のみ、山陰本線 綾羅木他一停車揚では手小荷物の取扱(何れも配達はしない)を開始(公示一九六〜一九九)8/20
小田急電鉄 特急列車の全席指定制が導入 8/20
京阪電気鉄道京阪本線【駅名改称】寝屋川→寝屋川市 8/20
職員の危害と疾病防止のため、保護具整備要領(通達)8/22
乗車券類委託販売規程の一部を改め補充片道乗車券を改正(達四二八)8/22
国鉄自動車 高砂線野口停車場では小荷物の取扱を廃止(公示二〇三)8/24
連合軍貨物輸送手績の一部(火薬類表示票)を改正(達四三二)8/28
舞鶴線 中筋信号場は廃止(達四三四)8/31
秋田電気軌道 交通局と改称 8/

新たに次の四駅を設置し、営業開始した。(公示二〇六)9/1
大桑(中央本線須原・野尻間)真倉(舞鶴線 梅迫・西舞鶴間)東足利(両毛線 富田・足利間)葉鹿(向山前・小俣間)なお大桑、真倉は旅客手小荷物を、他は旅客に限り取扱う。

東海道本線 共和駅(大府・大高間)では一般旅客及び手荷物(配達の取次はしない)の取扱を開始した。(公示二〇七)9/1
本庁総裁室に調査役を設置する規程が制定された。(達四四五)9/1
中舞鶴線【信号場→駅】中筋信号場→真倉 9/1
北陸線【仮乗降場廃止】北福井 9/1
両毛線【新駅開業】東足利、葉鹿、下増田 9/1
中央本線【新駅開業】大桑 9/1
東武鉄道東上本線【駅再開・駅名改称】東武堀之内→北池袋 9/1
十二日から三日間 盛岡市で開催される「農機具実演展示会」の出品物に対し、運賃割引(割引番号一五)の取扱をした。(達四四一)9/3
連合軍貨物運送手続の一部(油類の受付)を改正(達四四二)9/3
最近貨物の過積事故が増加の傾向にあるので過積、片積事故の防止について通達 9/4
信越本線 越後岩塚停車場では、本年十二月末月まで小口扱貨物を取扱うとととした。(通報)9/4
輸送力増強のため、青函航路は運航時刻を変更した。(通報)9/4
経営科目決算手続の制定に伴い、施設保守費及び自動車経費の決算上の特例について通達された。(達四四九、通達)9/4
韓国動乱に伴う現地り災者救じゆっ品に対し十月二十五日まで無賃運迭の取扱をすることとした。(公示二〇九)9/5
荷役機械の暴風対策について通達 9/5
夏時刻が終了した。9/8
第六回国民体育大会に出場する選手及び役員に対し運賃割引(三等二割引)の取扱をした。(達四五五)9/10
軌道整備心得の一部(踏切道護輪器施設図)を改正(達四六〇)9/10
本ホテル協会総会の出席者に対し運賃創引(二、三等二割引)の取扱(達四五六)9/11
荷崩れ事故防止についで通達 9/11
道路運送法同施行法、道路運送車両法同施行法及び自動車抵当法同施行法が公布(法律一八三〜一八八)9/14
二十一日から八日間東京で開催される「石川県の観光と物産展」の出品物に対し運賃割引(割引番号一五)の取扱をした。(達四六四)9/15
十月十日から五日間愛知県安城町で開催される「全国優良農機具実演展示会」の出品物に対し運賃割引(割引番号一五)の取扱をした。(達四七四)9/15
国鉄防災規程の一部(運転中の車両の防災、職員の協力等)が改正(達四七二)9/15
東京広島間急行「安芸」に併結の宇野行を分離,東京〜宇野間急行3039・3040列車運転 9/15
西武山口線 上堰堤〜ユネスコ村間まで延長 9/16
自動車道標識令が公布された。(法令)9/17
十月一日から十二月三日まで下関市ほかニカ所で開催される「日本現代美術地方巡回展覧会」の出品物に対し運賃割引(割引番号一五)の取扱をすることとした。(達四六七)9/18
吉都線 日向前田停車場では配達の取次を廃止(公示二一三)9/19
信越本線 越後岩塚停車場では配達の取次を開始(公示ニ一二)9/20
国鉄自動車 奥能登線 狼煙・能戸折戸間は自動車による運輸営業を開始(公示二一五)9/20
一部の有がい車の両側に通風機を取付け試用(通報)9/20
夕ンク車積硫酸のいっ出による職員の傷害事故防止について通報 9/22
国鉄、行政簡素化本部案の国鉄3万2000人の大量整理は不可能と運輸省(現国土交通省)に報告 9/22
東武ロマンスカー(5700型)運転 9/22
国鉄自動車 空知線 岩見沢〜北村間は自動車による運輸営業を開始(公示二一九)9/25
十月八日から三日間徳島市で開催される「農機具実演展示会」の出品物に対して運賃割引(割引番号一五)の取扱をした。(達四八五)9/25
東海自動車 天城線経由 湯ヶ野以遠駅着連絡乗車券は十一月末日まで発売を停止(通報)9/25
西日本鉄道 大川線休止 9/25
運輸関係従事員の考査手続が制定(達四九三)9/29

全国一斉に踏切安全運動が展開 10/1
山陰本線吉富停車場では旅客に限り取扱を開始した。(公示ニニニ)10/1
只見線に簸神、魚沼田中、上条の三停車場を新設し、旅客に限り取扱を開始した(公示二二八)10/1
国鉄自動車来保線厚地(新設)及び熊野線滝尻(既設)の両停車場では旅客に限り取扱を開始(公示二二四、五)10/1
国鉄自動車 熊野線外三線は自動本による運輸営業を開始(公示二二六)10/1
旅客及び荷物運送取扱細則の一部(第八十九条指定学校の範囲)を改正(達四八八〉10/1
十五日より十日間東京都で開催される農機具輸出振興展覧会出品物に対し運賃割引(制引番号一五〉の取扱(達四八六)10/1
只見線 【仮乗降場→駅】藪神、魚沼田中、上条 10/1
鹿児島線門司港〜鹿児島間準急1往復運転開始 10/1
東武鉄道東上本線【駅名改称】武蔵常盤→ときわ台、新倉→大和町 10/1
鹿島参宮鉄道【新駅開業】借宿前【営業再開】四箇村、八木蒔 10/1
山陽電気鉄道【駅廃止】休止中の五色山 10/1
連合軍軍人、軍属のの青函航路経由旅行の際は青森、函館にて打切発売するよう注意した(渉外)10/3
宇都宮で開催される全国労働組合体育大会に出場する選手及び役員に対し三等ニ割引の取扱(達四七七)10/4
西成線野田停車場では到着車扱貨物の取扱品目(二十二品目)を改正(公示二二九)10/5
播但線【新駅開業】新野 10/5
(七日)本日より十六日まで火災予防運動が実施 10/7
 十二日から十三日間新潟市外二箇所で開催される東北、北陸地区東京優良商品見本市出品物に対し運賃割引(三級賃率適用)の取扱(達五〇五)10/8
国鉄自動車 敦賀線 塩津北口〜敦賀間は自動車による運輸営業を開始(公示二三二)10/8
飯山線 上境〜桑名川聞に「上桑名川」停車場を新設し、旅客に限り取扱を開始(公示ニ三四)10/10
飯山線【仮乗降場→駅】上桑名川 10/10
鉄道用水管理委員会規程が制定(達五一一)10/11
二十五日から七日間 白河市で開催される福島県農業共進会出品物及び十一月一日から七日間八戸市で間開催される北奥羽産業振興共進会出品物に対し運賃割引(割引番号一五)の取扱(達五一二、三)10/11
名鉄小牧線 小牧原駅営業再開 10/11
運輸省(現・国土交通省)、私鉄の一割節電で、ラッシュ時のダイヤは削減せず、閑散時約五割・日曜大幅削減を指示 10/11
国鉄自動車雲芸線 替地田停車場は「川合吉永」と改称した(公示二三六)10/12
鶴見線浜川崎停車場では一般車扱貨物の取扱を廃止(接続専用線発着は除く)(公示二三七)10/12
運転保安上本年度内に廃車を必要と認められる木製客車について(通達)10/12
国鉄自動車 波佐見線嬉野〜舞相間は自動車による運輸営業を開始(公示二四一)10/13
鉄道七十九周年記念日に当たり、全国で二七〇一人の永年勤続者を表彰 10/14
播但線 鶴居〜寺前間に「新野」停車場を新設し、旅客に限り取扱を開始(公示二三八)10/15
本日より二十一日まで結核予防週間が実施 10/15
ルース台風の被害地(鹿児島県外六県)へのり災者救じゆつ用寄贈品その他に対し、運賃制引(五割引)及び無賃の取扱(達五三一)10/16
回警察予備隊員に対する旅客運賃、急行料金後払の取扱方を制定(達五二七)10/18
二十七日より開催される第六回国民体育大会秋季大会に出場する選手及び役員に対し運賃割引(三等二割引)の取扱(達五一九)10/18
十一月二日から三日間 出雲市で開催される農業機械化展示会出品物に対し、運賃割引(制引番号一五)の取扱(達五三二)10/20
国労中央委員会、講和・安保両条約批准反対決議 10/20
枕木対策委員会規程が制定(達五三四)10/23
連合軍旅客輸送取扱手続の一部(連合軍旅客の種別、片道乗車券発行の原則及び発行後の処理、その他を改正(達五三八)10/25
鉄道物品監査施行細則が制定(通達〉10/25
豊橋交通 神明〜市役所前間を大手通から新大手通経由に変更 10/30
ゴム靴、軍手及び地下足袋の貸与並びに共用に関する件の一部(貸与職名の変更)が改正された。(通途)10/31
特別2等車の客車指定券を廃止し、地帯別特別2等車料金を新設 10/31

山陰本線赤碕・下市間に「中山口」、境線弓ケ浜・大篠津間に「和田浜」の両停車揚を新設し、旅客、手小荷物の取扱(配達はしない)を開始(公示二三九)11/1
運賃が改訂(旅客二五%、貨物三〇%何れも値上)された。これに伴い、旅客及び荷物運送規則並びに貨物運送規則の一部が改正(公示)11/1
火薬類、わら工品、金鉱、竹、石灰石、石灰くず石、土管及び炊事用陶器等の運賃割引期間を翌年三月末日までとした。(公示二七三〜二七九)11/1
十日から一週間 秋田県花輪町で開催される全国優良農機具店実演展示会出品物に対し、運賃割引(番号一四)の取扱(達五六〇)11/1
茨城県新治郡柿岡町内に「柿岡(石岡駅所属)」、香川県小豆郡土庄町内に「土庄(高松駅所属)」及び同県同郡内海町内に「内海(高松駅所属)」の各荷扱所を新設し、荷物及び貨物の取扱を開始。但し、発送手荷物は旅客が所属停車場から託送できる乗車券を提示したものに限る。また、土庄及び内海荷扱所では手荷物の取扱はしない。(公示二七〇)11/1
山陰本線 中山口駅開業 11/1
境線【駅新設】和田浜 11/1
定山渓鐡道【停留所新設】東簾舞 11/1
小田急電鉄 旅客運賃改定。初乗旅客運賃、大人10円、小児5円 11/1
遠州鉄道二俣電車線 遠州島之郷駅を遠州曳馬駅に改称 11/1
西日本鉄道大牟田線 西鉄久留米〜試験場前間複線化 11/1
構内営業規則の一部(携帯品一時預り料金)を改正(公示二八一)11/2
国鉄自動車 名田荘線 納田終・堀越峠間及び京鶴本線鶴ケ岡・堀越峠間は自動車による運転営業を開始(公示二八五)11/6
国鉄自動車新宮線 中山口・奥の院間は自動車による運転営業を開始(公示二八九)11/10
国鉄自動車十和田南線 休屋・中滝間は雪害のため、当分の間運行を休止(通報)11/11
土賛線 影野・窪川間は一般運輸営業を開始(公示二八二)11/12
国鉄自動車 窪川本線 床鍋・影野間は自動車による運輸営業を開始(公示二九二)11/12
窪川本線 土佐仁井田及び土佐窪川の両停車場では「仁井田」及び「窪川」とそれぞれ駅名を改称(公示二九三)11/12
高知線 影野〜窪川間開業、土讃線多度津〜窪川間全通 11/12
長野電鉄河東線 大室駅開業 11/13
運賃政策の樹立、旅客営業方針の決定及び輸送対策の資料とするため、第五回旅客質的調査を実施(通達)11/14
私有貨車を空車で返送又は回迭する相場合には、すべて有賃(三割引)で取扱うこととした。(通報)11/14
奥羽本線十文字・柳田間に「醍醐」停車場を新設し、旅客、手小荷物の取扱(配送はしない)を開始(公示二九一)11/15
旅客及び荷物運送取扱細則の一部(第八九条号表第一号学割定期券の指定学校追加)を改正(達五七四)11/16
相模鉄道 西横浜〜上星川間複線化 11/18
ダイヤ改正 11/25
  1. 京都〜博多・都城間準急の都城行を急行に格上げ,
    東京〜熊本間急行31・32列車に併結,東京より直通とする。
  2. 大販〜大社間準急を急行701・702列車「出雲」に格上げ、東京〜宇野間急行3039・3040列車「せと」に併拮,東京より直通。
    出雲今市〜浜田間快速列車1往復運転転、「出雲」に接続
国鉄自動車 大野線 勝原口−鳩ケ湯間は自動車による運輸営業を開始(公示二九九)11/20
国鉄自動車 塩原線 新湯・鬼怒川間は雪害のため、当分の開運行を休止(通達)11/20
旅客列車の時刻の一部を改正。また、これに伴って念行列車の列車番号、等級、運転区間及び普通列車に二等車を連結する区間も一部変更し、なお、客車を直通運転する急行列車に対する急行料金の収受方は、各列車別とせず通算キロ程による(通報)11/24
十二月十二日から六日間福岡市で開催される北海道特産品見本市出品物に対し、運賃割引(五級賃率適用)の取扱(達五九三)11/25
国鉄自動車 小国線 小国・長者原間、名田荘支線納田終・堀越峠間決ぴ京鶴本線 鶴ケ岡・堀越峠間は雪害のため、当分の間運行を休止(通達)11/27
連合軍関係貨物運送手続の一部(軍を荷受人とする連合軍関係の貨物が着駅に到着したときは、駅は、荷受人に到着通知をするとともに、所管 R・T・Oが貨車記録及び到着貨物目録の作成上、必要とする事項を当該R・T・Oに通知することと到着駅における取扱方)が改正(達六〇三)11/28
【社名変更】流山鉄道→流山電気鉄道 11/28

会津線会津長野・会津田島間に「田原部」停車場を新設し旅客に限り取扱を開始(公示三〇八)12/1
広報委員会規程が制定(達六一一)12/1
国鉄自動車 北薩本線 上伊敷・下船木間に「薩摩脇田」外七停車場を新設し、旅客に限り取扱を開始(公示三一三)12/1
国鉄自動車 北薩東線花尾停車場は「花尾神社前」と、また同線厚地は「花尼校前」と各々駅名を改称(公示三一四)12/1
横須賀線白帯車返還 12/1
会津線【駅新設】田部原 12/1
小田急電鉄 砂利事業を小田急砂利株式会社(後の小田急建材株式会社)へ譲渡 12/1
津軽線 青森・蟹田間は一般運輸営業(瀬辺地停車場では車扱貨物の取扱はしない)を開始(公示三〇五)12/5
旅客及び荷物運送取扱細則の一部(学割定期券の指定学校追加)を改正した(達六〇六)12/5
警察予備隊の託送する手小荷物及び貨物の運賃並びに料金の取扱方の一部(後払荷物賃金調書の記入方)を改正(達六一八)12/5
津軽線青森〜蟹田間開業 12/5
   【開業】青森〜蟹田(27.0km) 【駅新設】油川、奥内、後潟、蓬田、瀬辺地、蟹田 
国鉄自動車 白中本線 東町・金山町間は自動車による運輸営業を開始(公示三一九)12/7
国鉄自動車 三川線 千歳橋・三川間及び美瑛本線 新三笠・白金温泉間は自動車による運輸営業を開始(公示三二五)12/8
大阪府豊中市桜塚に「豊中〈伊丹駅所属)」荷扱所を新設し、荷物及び貨物の取扱を開始。但し、発送手荷物は旅客が所属停車場から託送出来る乗車券を提示したものに限る。また車扱貨物の取扱はしない。(公示三二一)12/10
赤穂鉄道 有年〜播州赤穂間廃止  12/11
赤穂線 相生・播州赤穂間は一般運輸営業(西相生停車場では旅客、手荷物〔配達はしない〕に限る)を開始(公示三一一)12/12
山陽本線、呉線及び予讃本線の各駅から発送する阪神向みかんに対して二月末日まで運賃割引(五分減)の取扱(公示三二八)12/12
国鉄自動車 厚岸線 浜厚岸駅前・太田間は自動車による運輸営業を開始(公示三三〇> 12/12
赤穂線【延伸開業】相生〜播州赤穂間 12/12
名松線 伊勢大井、関ノ宮、伊勢鎌倉及び比体の各停車揚では手小荷物の取扱を廃止(公示三〇七)12/14
越後線 関屋・白山間は運輸営業を廃止(公示三三三)12/14
中央本線高蔵寺・春日井間に「神領」を、幌別線 唐松・幾春別間に「彌生」の各停車場を新設し、旅客、手小荷物〈配達はしない)の取扱を開始(公示三三六)12/14
講和条約発効後の資料とするため、二十四日まで連合軍車扱貨物の保管料及び留置料を調査することとした。(渉外)12/15
越後線 関長・新潟間に「白山」停車場を設置し、旅客、手小荷物(配達はしない)の取扱を開始(公示三三五)12/15
札樽線外七線は翌年三月末日まで冬季除雪運行に対する旅客運賃を定めた。(公示三三七)12/15
中央本線 神領仮乗降場を駅に格上げし神領駅開業 12/15
信越本線【区間統合】越後線 柏崎〜新潟(信越本線新潟〜関屋間を越後線に統合) 【駅新設】白山(2代) 【路線廃止】関屋〜白山(初代)(-1.8km) 【駅廃止】白山(初代) 12/15
一般旅客自動車運送事業用自動車への危険品の持込制限に関する省令の制定に伴い、手廻り品の持込及び手小符物の受託制限の範囲を定めた。(省令一〇〇、公示三三九)12/1712/17
松阪市火災のり災者救じゆっ用寄贈品その他に対し、無賃扱(寄贈品救援材料)、五割引(り災者用物資)の取扱。(達六五四)12/17
京成電鉄 津田沼以西の全線を1500Vに昇圧 12/17
北海道向みかんは三月末日まで、またりんごは五月末日まで夫々運賃制引(五分減)の取扱(公示三四三、三四四)12/20
国鉄自動車古川品開士同間・仙台間は自動車による運輸営業を開始(公示三四六)12/20
幌内線【仮乗降場→駅】弥生 12/20
大阪市営地下鉄 天王寺〜昭和町(1.8km)開業 12/20
岳南鉄道 本吉原駅〜岳南富士岡駅間開業 12/20
国鉄自動車 坂上線 岩国・大竹間に「立石」外三停車場を新設し、旅客に限り取扱を開始(公示三四〇)12/21
京阪電気鉄道 琵琶湖汽船とタイアップ、天満橋 〜 浜大津間に直通スキー列車を運転開始(浜大津でマキノ行きの船に連絡)12/22
年末年始における輪選カ増強のた各線に臨時列車の運行を開始(通報)12/25
紀勢西線宮前及び信越本線上沼垂の各信号場を廃止(達六五五、六七九)12/25
船川線【仮乗降場→駅・改称】出戸→出戸浜 12/25
横黒線【仮乗降場→駅】小松川 12/25
左沢線【駅新設】東金井、羽前金沢、南寒河江、西寒河江、柴橋 12/25
中央東線 塩崎駅開業 12/25
西日本鉄道 上久留米線廃止 12/25
信越本線上沼垂操車場を設置(達六八〇)
高松琴平電気鉄道長尾線 琴電高松〜花園間の経路を変更 12/26
関西本線 月ヶ瀬口開業 12/28
神戸電鉄 三木福有橋〜電鉄小野(現在の小野)間開業 12/28
1001・1002列車、急行「つくし」東京〜鹿児島間に食堂車連結 12/30
十和田鉄道【社名改称】十和田観光電鉄 12/30

前年度のページ       top      次年度のページ

鉄道に関する事件・事故 昭和26年後半

静岡県浦河町で国鉄バスが増水中の天竜川に転落、24人が死亡 7/15
神戸駅ホームで、国電のパンタグラフ付近から出火、ドアが開くのが遅れて混乱し重軽傷51人 8/2
常磐線上り電車最後部のモータとパンタグラフが馬橋駅で火を吹く。屋根に一部を焼いて鎮火 10/30
国鉄バス、愛媛県貝吹村で前方座席付近から出火。荷物の映画フィルムに引火し全焼。死者32人 11/3

前年度のページ       top      次年度のページ

世相 昭和26年後半

第三次吉田内閣改造(橋本龍伍厚生大臣に就任) 7/4
第1次教職員追放解除 7/4
電力料金値上げの聴聞会始まる。農林省は「食料品の値上げ。農家経済の圧迫を理由に反対」 7/5
終戦を知らずにアナタハン_島で暮らしていた元日本兵20人が米軍機で羽田空港に帰国 7/6
経済安定本部と通産省は、品質の向上と価格安定のため化繊各社に生産を抑制するよう勧告 7/9
持ち株会社整理委員会廃止の政令公布 7/10
海上保安庁、巡視船の建造状況・密航・密貿易などをまとめた「保安白書」を発表、密航者は1,165人 7/16
主食価格改訂方針、閣議決定 7/18
政府、綿花・綿糸の割り当統制と綿糸・綿製品の価格統制を停止 7/19
農業委員会法に基づく、初の市町村農業委員選挙実施 7/20
全国9電力会社の料金値上げ修正案は、公益委員会裁定どおり全国平均3割1分、東京電力2割5分に決定 7/23
「引揚白書」(引揚問題に関する外務省発表、情報部長並びに国際連合総会議長宛て外務大臣書簡) 7/25
講和に訴える「全国留守家族大会」参加者、千鳥が淵公園で断食開始 〜8月3日 7/27
国連捕虜特別委員会第一会期 〜8月15日・ニューヨーク 7/30
日本航空設立〈戦後初の民間国内航空〉 7/31
糸編景気暴落 7月
国土総合開発法第1次指定 8/1
日本交響楽団、NHK交響楽団(N響)と改称 8/1
奄美大島住民8000人、日本復帰を要求し24時間断食 8/4
児童福祉法違反が五月分で644件、前年の3倍を越えると新聞報道。「大部分が人身売買」 8/4
米婦人が戦時補償金約72万円で、平和の礎にと広島・長崎両市に公民館寄贈。広島で贈呈式 8/4
政府は、特高・思想・検察関係をのぞき鳩山一郎ら各界の追放を解除 8/6
完全自治を要求する23区側と、区を都の出先機関とする都庁側が補正予算編成を巡って衝突 8/14
石炭生産確保対策について、閣議決定 8/14
対日平和条約案改定、捕虜条項が挿入される 8/16
軽井沢国際親善文化観光都市建設法(昭和26年法律第253号) 8/15
旧陸海軍正規将校の追放解除 8/16
吉田茂首相、衆参両院で外交演説、日米交渉の経過を説明、講和後の米軍駐留は日本から希望と報告 8/18
中日球場火災  三名死亡 8/19
午後3時58分頃、名古屋対巨人戦が行われているスタジアムでネット裏上段指定席付近から出火、木造スタンドを全焼。3人死亡、重傷72人、軽傷313人を出す大惨事といなった。
人事院は内閣と国会に対し国家公務員の給与改訂の勧告を行う。8/20
講和会議全権委員6人任命 8/22
昭和26年度早場米奨励金の件、閣議決定 8/28
行政の改革に関する件、閣議決定 8/28
吉田首相ら講和条約締結のための全権一行が出発(9月14日帰国) 8/31
日本旅券自主制に、菊の紋章を使用 八月
中部日本放送、新日本放送が開局、民間初の正式放送 9/1
GHQ、講和条約調印を機に「日本人入るべからず」「日本人使用禁止」等の標識撤去を指示 9/2
集団引揚中断後、最初の例外的なソ連よりの引揚8名(ウラジオストークから東京港へ、ソ連貨物船スモールヌイ号) 9/5
公益委、この日から12日まで本州の電力制限を実施 9/6→9/11再度制限
対日講和条約・日米安全保障条約調印(サンフランシスコにて) 9/8
(ソ連(現ロシア)・チェコ・ポーランドは調印せず。)
日米安全保障条約調印 9/8(日本側は全権吉田茂のみ調印)
対日講和記念切手発売 9/8
映画「羅生門」、ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞 9/10
地方行政簡素本部の設置 9/18
地方行政の改革に関する件、閣議決定 9/18
ポツダム緊急勅令等の措置に関する件、閣議決定 9/21
平和条約の発効にあたり昭和20年勅令第542号(ポツダム緊急勅令)及びこれに基く諸般の命令(ポツダム命令)の効力関係を明確にするためこの措置に必要な法律案は、平和条約の批准につき承認を求める国会に提出するものとする旨が定められた。
グアム島にいた日本兵二人が投降 9/28
「賠償連絡協議会」の設置に関する件、閣議決定 9/28
「帝銀事件」平沢貞通被告に対し、東京高裁は死刑の判決 9/29
自治体警察の八割が廃止 9月
出入国管理令・入国管理庁設置令公布 10/4
日本石油と・米カルテックス社との合弁で日本石油精製株式会社が発足 10/1
社会党(現・社民党)中央執行委員会開催 10/2
出入国管理令・入国管理庁設置令各公布 10/4→11/1施行
昭和26年度補正予算に伴う税制改正に関する要綱、閣議決定 10/5
人員整理に関する件、閣議決定 10/5
政府は省久料買入代金のため、食料証券100億円を日銀引受で発行、現在高725億円 10/8
日教組中央委員会、講和・安保両条約批准反対を決議 10/8
9月29日グアム島で投降した日本兵8名が羽田着 10/9
政府は、一般追放解除者と教職追放解除者の恩給支給復活の政令を次官会議で決定 10/11
第12回臨時国会開会 〜10月30日 10/11
日本民間放送連盟は、憲法第3章に規定する国民の権利・義務の尊重などを含む「放送基準」を発表 10/12
戦傷病者断食闘争(10.21までの9日間) 10/13
戦傷病者及び戦没者遺族援護の施策決定(次官会議) 10/15
ソ連政府、国連に対し、日独捕虜の送還は戦犯を除いてすでに完了していると報告 10/16
日本共産党、51年テーゼ・五全協。武装闘争の具体化始まる。 10/16
戦傷病者及び戦没者遺族等の処置に関する打合せ会議設置(閣議決定) 10/16
全国青年団協議会、Y・M・C・A、自転車連合会などの代表が集まり、日本ユースホステル協会が発足 10/16
ルース台風災害復旧対策、閣議決定 10/16
GHQと文部省は、ガリガオ資金による米国留学は27年度も継続するとし、試験要領も併せて発表 10/17
大橋武夫法務府総裁、講和後の米軍の駐留に関する行政協定は国会の承認を必要としないと、衆院で答弁 10/18
遺族援護審議室業務正式開始 10/18
モロハンGHQ公衆衛生福祉課長、「日本でのBCG接種は必要」と見解を表明 10/19
在日朝鮮人の国籍問題を協議する日韓予備会談スタート 10/20
社会党左右に分裂 10/23
主食の統制撤廃に関する措置要綱、閣議決定 10/25
衆議員、講和・安保.両条約を承認 10/26
国土緑化推進に関する決議に対する報告、閣議決定 10/26
プロレス大会に、もと関脇、力道山が登場 10/28
郵便法の一部を改正する法律(昭和26年法律第254号)10/31
郵便為替法の一部を改正する法律(昭和26年法律第255号)10/31
電信電話料金法の一部を改正する法律(昭和26年法律第256号)10/31
国有鉄道運賃法の一部を改正する法律(昭和26年法律第257号)10/31
出入国管理令施行 入国管理庁設置(出入国管理庁を改称) 11/1
保健婦助産婦看護婦法等の一部を改正する法律(昭和26年法律第258号)11/6
日教祖が第1回教研集会 11/10
天皇、近畿四軒巡幸(京都・滋賀・奈良・三重)に出発 11/11
診療所における同一患者の収容時間の制限に関する医療法の特例に関する法律(昭和26年法律第259号)11/12
日本政府在外事務所設置法の一部を改正する法律(昭和26年法律第260号)10/31
山梨県の保険医364人が現状の保健運営では十分な診察は出来ないと、一斉に辞表を提出 11/15
「パチンコ屋で補導を受ける子供が急増」と新聞に 11/16
電産労組、中労委の調停案を拒否、全国一斉に電源ストに入る 11/17
国家公務員等の旅費に関する法律の一部を改正する法律(昭和26年法律第261号)10/31
会社利益配当等臨時措置法を廃止する法律(昭和26年法律第262号)10/31
財産税法の一部を改正する法律(昭和26年法律第263号)10/31
連合国財産補償法(昭和26年法律第264号)10/31
租税特別措置法の一部を改正する法律(昭和26年法律第265号)10/31
参院予算・法務・文部各委員会で「国民実践要領」が問題となり起案者の天野文相は白紙撤回を表明 11/27
外国為替資金特別会計法の一部を改正する法律(昭和26年法律第266号)10/31
旅券法(昭和26年法律第267号)10/31
公職通報覚書書該当者解除法公布 11/29
公職に関する就職禁止、退職等に関する勅令の規定による覚書該当者の指定の解除に関する法律(昭和26年法律第268号)10/31
地方税法の一部を改正する法律(昭和26年法律第269号)10/31
地方財政平衡交付金法の一部を改正する法律(昭和26年法律第270号)10/31
関税法等の一部を改正する法律(昭和26年法律第271号)10/31
農林漁業組合再建整備法の一部を改正する法律(昭和26年法律第272号)10/31
所得税法の臨時特例に関する法律(昭和26年法律第273号)10/31
法人税法の一部を改正する法律(昭和26年法律第274号)10/31
中小企業信用保険法の一部を改正する法律(昭和26年法律第275号)10/31
国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律(昭和26年法律第276号)10/31
特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律(昭和26年法律第277号)10/31
一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律(昭和26年法律第278号)10/31
裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律(昭和26年法律第279号)10/31
検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律(昭和26年法律第280号)10/31
輸出信用保険法の一部を改正する法律(昭和26年法律第281号)10/31
郵便振替貯金法の一部を改正する法律(昭和26年法律第282号)10/31
三越労組、デパート初の48時間スト 12/1
外務省設置法(昭和26年法律第283号)10/31
昭和二十六年度における国家公務員に対する年末手当の額の特例に関する法律(昭和26年法律第284号)10/31
博物館法(昭和26年法律第285号)10/31
新土地収用法施行 12/1
未復員者給与法等の一部を改正する法律=障害一時金の増額等(昭和26年法律第286号)12/3
物品税法の一部を改正する法律(昭和26年法律第287号)12/3
鹿児島県大島郡十島村日本に復帰 12/6
日本専売公社法の一部を改正する法律(昭和26年法律第288号)12/3
旧外貨債処理法による借換済外貨債の証券の一部の有効化等に関する法律(昭和26年法律第289号)12/3
日本輸出銀行法の一部を改正する法律(昭和26年法律第290号)12/3
国民金融公庫法の一部を改正する法律(昭和26年法律第291号)12/3
日本国有鉄道法の一部を改正する法律(昭和26年法律第292号)10/31
一般会計の歳出の財源に充てるための資金運用部特別会計からする繰入金に関する法律(昭和26年法律第293号)10/31
食糧管理特別会計の歳入不足を補てんするための一般会計からする繰入金に関する法律の一部を改正する法律(昭和26年法律第294号)10/31
農業共済再保険特別会計における家畜再保険金の支払財源に充てるための一般会計からする繰入金に関する法律=障害一時金の増額等(昭和26年法律第295号)10/31
米国対日援助物資等処理特別会計法の一部を改正する法律(昭和26年法律第296号)10/31
ユネスコ国内委員会設置準備会について、閣議決定 11/2
国際放送の実施について、閣議決定 11/13
経済協力の促進に関する件、閣議決定 11/16
企業合理化促進法案に関する件、閣議決定 11/26
ルース台風の災害復旧について、閣議決定 11/27
政府資金による既存の民間融資の肩替りについて、閣議決定 11/30
進駐軍による事故のため被害を受けた者に対する見舞金に関する件、閣議決定 12/4
行政機関職員定員法の一部を改正する法律(昭和26年法律第297号)12/6
裁判所職員定員法等の一部を改正する法律(昭和26年法律第298号)12/6
裁判所職員臨時措置法(昭和26年法律第299号)12/6
国家公務員等に対する退職手当の臨時措置に関する法律の一部を改正する法律(昭和26年法律第300号)12/6
学校及び保育所の給食の用に供するミルク等の譲与並びにこれに伴う財政措置に関する法律(昭和26年法律第301号)12/6
商工組合中央金庫法の一部を改正する法律(昭和26年法律第302号)12/7
租税特別措置法の一部を改正する法律(昭和26年法律第303号)12/8
保険業法の一部を改正する法律(昭和26年法律第304号)12/10
損害保険料率算出団体に関する法律の一部を改正する法律(昭和26年法律第305号)12/10
恩給法の一部を改正する法律(昭和26年法律第306号)12/15
旧令による共済組合等からの年金受給者のための特別措置法の規定による年金の額の改定に関する法律(昭和26年法律第307号)12/15
昭和二十六年度における給与の改訂に伴う国家公務員共済組合法の規定による年金の額の改定に関する法律(昭和26年法律第308号)12/15
漁業法の一部を改正する法律(昭和26年法律第309号)12/15
繭糸価格安定法(昭和26年法律第310号)12/17
糸価安定特別会計法(昭和26年法律第311号)12/17
漁港法の一部を改正する法律(昭和26年法律第312号)12/17
水産資源保護法(昭和26年法律第313号)12/17
国家公務員法等の一部を改正する法律(昭和26年法律第314号)12/17
財閥同族支配力排除法を廃止する法律(昭和26年法律第315号)12/17
新聞出版用紙の割当に関する法律を廃止する法律(昭和26年法律第316号)12/17
宮内庁法の一部を改正する法律(昭和26年法律第317号)12/17
昭和27年度予算編成方針、閣議決定 12/21
文化財保護法の一部を改正する法律(昭和26年法律第318号)12/24
日教組中央委員会は、ピストル・戦車などの戦争玩具追放運動を展開することを決議 12/28
GHQ,戦争犯罪人の管理・給与に関する覚書 12/31
東京の露店整理完了 12/31

前年度のページ       top      次年度のページ

昭和22年 ラジオ番組

第1回紅白歌合戦放送 1月
ラジオ聴取料を15円上げ50円に 4/1
三年八ヶ月ぶりにラジオ体操再開 5/6」

昭和22年 テレビ番組

NHK、テレビは実験実況中継 6/3
米国でビデオテープによる録画公開実験 11/11

昭和22年  漫画

来るべき世界(手塚治虫)/クリちゃん(根本進)/ミーコちゃん(塩田英郎)

昭和22年 歌謡曲

あの丘越えて/江ノ島エレジー/上海帰りのリル/僕は特急の機関士で/めだかの学校/トゥ・ヤング/子鹿のバンビ/雪山賛歌

昭和22年 映画

カルメン故郷に帰る/麦秋/めし/大江戸五人男/白痴/銭形平次/黄色いリボン/レベッカ/チャンピオン/邪魔者は殺せ/源氏物語

前年度のページ       top      次年度のページ

日本国有鉄道史

年代別

blackcat写真館

blackcat写真館

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatのアメーバーブログです。随時更新
blackcatブログ

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの元祖gooブログです。内容はかなり硬派です。随時更新
国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの思索帳

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳Hatena blogです。主に労働運動を中心に社会学的視点から検討するblog、6日に1回の更新を目標としています。
鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話Yahoo blogです。鉄道とは一切関係なし、少しみんなが元気になってくれればと毎日更新にチャレンジ中
鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話