昭和34年前半 鉄道ニュース

乗車券類委託発売規程を一部改正(公示四五六号)1/1
梅田外二駅発汐留外一五駅着となる車扱による鋳鉄管、並びに同じく蘇我発の鋼板等に対しては着駅を定め、三月末日まで責任トン数忖運賃割引(公示四六〇、四六一号)1/1
車扱の林檎に対し、発着駅を定め三月末日まで責任トン数忖運賃割引(公示四七六号)1/1
伊予市発石山着車扱スフに対し、責任トン数付運賃割引(公示四六二号)1/1
旅客及び荷物運送規則、同取扱細則の一部を改正(公示四七二、達六五〇号)1/1
貨物運送規則、同取扱細則の一部を改正(公示四七四、達六四七号)1/1
一五瓲積貨車を一〇瓲積貨車に代用する場合の特殊取扱方を一部改正(公示四七五号)1/1
国鉄自動車 吾妻本線 上小野子外一〇線二五駅を廃止(公示四六六号)1/1
国鉄自動車 浜名線 二川中町・池原間のキロ程及び貨物営業キロ程を制定(公示四六八号)1/1
国鉄自動車 吾妻本線外一二線に久田口外二九駅を新設し旅客取扱開始(公示四六九号)1/1
国鉄自動車 天竜線 浜松・宮口間等における定期旅客運賃の一部を改正(公示四七三号)1/1
連絡運輸規則、同取扱細則の一部を改正(公示四五八、遂六三八、六四三、六四六、六四九号)1/4
連絡運輸取扱細則を一部改正(達六五四号)1/4
駐留軍旅客及ぴ荷物運賃、料金後払手続の一部を改正(達六五五号)1/1
富山地方鉄道立山線【駅名改称】五百石→立山町(現在の五百石) 1/1
富山地方鉄道立山線【駅名改称】上滝公園下→大川寺公園 1/1
広島電鉄 初詣輸送として、4日まで市内線と宮島線の直通運転を実施 1/1
東武・京成・京王帝都の私鉄三社、平均17%の運賃値上げを実施最低料金は保留・定期代を上げることで対応 1/4
貨物運送規則の一部を改正(公示四号)1/5
国鉄自動車 水戸西線 水戸〜谷津〜石塚上町間、谷津〜杉崎間に一般乗合旅客自動車運送事業を開始(公示六号)1/9
国鉄自動車 水戸西線 水戸・中丸間における自動車定期旅客運賃を設定(公衣七号)1/9
明知線 阿木・岩村間に駅員無配置の飯井羽間駅を新設(公示一号)1/10
連絡運輸取扱細則の一部を改正(達四、六号)1/10
旅客及び荷物運送取扱細則を一部改正(達六二八号)1/10
運輸相永野護、福岡県の国鉄志免鉱業所払い下げを内諾。国労は払下げ阻止を決める。 1/10
国鉄当局、志免鉱業所の民間払い下げに伴う労働条件変更問題をめぐり国労に団交を申入れ 1/10
明知線【新駅開業】飯羽間 阿木〜岩村間 1/10
連絡運輸規則、同取扱細則の一部を改正(公示三、達一号)1/11
国労志免支部、志免炭鉱の民間払い下げに反対して24時間スト突入 1/13
十四回国体冬季大会スケート競技会参加選手、役員に旅客運賃割引(達三号)1/15
豊橋鉄道【新駅開業】向ヶ丘 1/16
国鉄自動車 熊野本線 下湯川外四線九駅は旅客のみ取扱う(公示一五号)1/17
国鉄自動車 京鶴本線 川登橋外三線一〇駅を廃止し、同線外一○線の駅間キロ程を改正し同線外七線に四本目外一〇駅を設置(公示一一号〜一四号)1/17
旅客及ぴ荷物運送双則の一部を改正(公示一六号)1/17
連絡運輸細則の一部を改正(達一〇号)1/17
足尾線 原向外一駅の営業範囲を改正(公示八号)1/20
松浦線 肥前神田・佐々間に駅員無配置の上佐々駅を設置(公示一七号)1/20
松浦線【新駅開業】上佐々 1/20
京阪京津線 電車の集電装置(ポール)をホイール式からスライダー式に変更 1/20
連絡運輸取扱細則の一部を改正(達一二号)1/21
旅客及ぴ荷物運送規則の一部を改正(公示二〇号)1/21
駐留軍貨物運送手続を一部改正(達二四号)1/24
焼津発 藤枝・豊橋間及ぴ二俣線の各駅着となる行商荷物に対し、三月末日まで小行物運賃割引(公示二三号)1/26
「行商荷物に対する小荷物運賃の割引」、「生花に対する小荷物運賃の割引」の一部を改正(公示二四、二五号)1/27
御殿場線 松田・御殿場間に小田急電鉄所属気動車の直通運転開始と同列車の準急行列車指定に伴ない、利用旅客に発売する連絡準急行券の取扱方の一部を改正(公示二二号)1/29
連絡運輸取扱規則の一部を改正(達二二号)1/29
駐留軍旅客及び荷物運賃、料金後払手続の一部を改正(達二三号)1/29
社団法人日本鉄道運転協会が発足 1/29→日本鉄道運転協会wikipedia
小田急電鉄 旅客運賃改定。初乗旅客運賃は変わらず 1/29
西武鉄道 運賃改定。最低普通運賃10円 1/29
北陸本線福井駅接続専用線発着車扱貨物の取扱を廃止(公示二八号)1/31

連絡運輸規則、同取扱細則の一部を改正した。(公示一九、達一六、二〇、二五、二七号)2/1
乗車券類委託発売規程の一部改正(公示二七号)2/1
国有鉄道組織規程の一部改正(公示二九号)2/1
横須賀線ダイヤ改正。日中30分感覚を15分間隔とし、川崎停車開始 2/1
福島〜盛岡間準急気動車「やまびこ」新設 2/1
西武鉄道新宿線【駅名改称】北所沢→新所沢 2/1
東武越生線【駅廃止】森戸 2/1
八戸線角の浜・種市間に駅員無配置の平内駅を設置し、気動車による旅客の取扱を開始(公示三〇号)2/5
国鉄企画委員会、既存の客車特急、「つばめ」・「はと」の電車化を決定 2/5
八戸線【新駅開業】平内 2/5
連絡運輸規則の一部を改正した。(達三四号)2/6
旅客及び荷物運送規則の一部を改正(公示三四号)2/8
国鉄自動車 大更線横田橋・大更駅前間、陸中渋川・平舘郵便局前間、中関・好摩口間、古川本線 大衡役場前・吉岡町間、葛尾線葛尾・磐城曲山間に一般乗合旅客自動車運送事業を開始(公示三六号)2/8
高等海難審判庁、洞爺丸事故は国鉄の過失と裁決 2/9→洞爺丸遭難事件国土交通省、海難審判所 websiteにリンクしています)
洞爺丸事故 wikipedia 昭和29年後半
(伊豆急行) 伊東〜下田間地方鉄道敷設を免許 2/9
長野原線 金島・小野上間に駅員無配置の祖母島駅を設置し気動車による旅客の取扱を開始(公示三三号)2/10
国鉄自動車 若江本線 比叡辻・近江唐崎間に下坂本駅を設置(公示三二号)2/10
国鉄自動車 大芋線 藤坂・藤坂奥間に一般乗合旅客自動車運送事業を開始(公示三八号)2/10
七尾線【新駅開業】中津幡・能瀬・南羽咋・能登二宮 2/10
長野原線【新駅開業】祖母島 2/10
国鉄自動車 高萩南線 鳥名〜大熊〜下高倉間において、一般乗合旅客自動車運送事業を開始(公示四〇号)2/11
犬山市に開催する平和日本防衛大博覧会出品物に対し貨物運賃割引(達三七号)2/13
公認小荷物扱所規程の一部改正(公示四一号)2/14
第十四回国民体育大会冬季大会のスキー競技会に参加する選手及び役員に対し、居住地もより駅から山形又は米沢駅往復三等旅客運賃を二割引(達三三号)2/14
旅客及び荷物巡送取扱細則の一部を改正(達三九号)2/14
連絡運輸取扱細則の一部を改正(達三八号)2/15
国有鉄道組織規程の一部が改正(公示四二号)2/15
宇部線 小野田 〜 小郡(現・新山口)間で快速「竜王」、宇部新川 〜 小郡間に快速「ときわ」で運転が開始 2/15
京阪神急行電鉄【三複線化】梅田〜十三間 2/18
  • 北野線の線路用地を使用して宝塚本線を複々線化、新設の東側2線を京都線が使用
  • 京阪神急行電鉄 京都本線の天神橋〜淡路間を千里山線に編入
  • 千里山線の列車が梅田駅乗り入れ開始
福塩線 横尾、湯田村、道上、駅家、戸手、上戸手駅における小荷物及び貨物、近田、鵜飼駅における小荷物の取扱、並びに関西本線今宮駅における宅扱、小口扱及び車扱貨物の取扱を本日限り廃止(公示三一、四三号)2/19
連絡運輸取扱細則の一部改正(逗四一、四三号)2/21
京阪電気鉄道 淀屋橋延長の免許付与 2/23
国鉄自動車 防長本線・下矢田・菅内間、福間線奥の前・筑前畑間、北薩本線桜島桟橋・石灯籠間にて一般乗合旅客自動車運送事業を開始し、中矢田外五駅を新設し、旅客に限り取扱を開始(公示四六号)2/24
国労志免支部、時間内24時間の職場大会を10回開催 2/25〜3/27
青函連絡船、新造自動艇はるかぜ配属 2/28

山陰本線政子・下府間に駅員無配置の久代駅を新設し、気動車による旅客の取扱を開始(公示四八号)3/1
小松島線 地蔵橋並ぴに牟岐線内 小松島外四駅の営業範囲を改正(公示四九号)3/1
乗車券類委託発売規程一部改正(公示五一号)3/1
国鉄自動車 大島本線 周防下田駅の業務範囲を改正(公示四七号)3/1
山陰本線 【新駅開業】久代 3/1
京阪京津線【駅名改称】長等公園下→上栄町、急行停車駅に指定 3/1
西日本鉄道宮地岳線【新駅開業】香椎宮前 3/1
日本ホテル協会三十四年度春季総会出席者に対し、居住地最寄駅、東京都区内国鉄線各駅間 二、三等旅客運賃を三月十日まで二割引(達四八号)3/2
新幹線試験線として、多摩川〜小田原間に広軌別線を設ける方針を決定と新聞に 3/2
梅田外一六駅発小口混載貨物を六月二日まで責任トン数付運賃割引(公示五三号)3/3
南福井外九駅発、梅小路、梅田及び神戸港駅着小口混載貨物に対し、責任トン数付運賃割引(公示五四号)3/3
隅田川眼発、健口、大曽根駅着鋳鉄管に対し、三月末日まで責任トン数付運賃割引(公示五五号)3/3
西鉄福岡市内線(吉塚線) 吉塚駅前〜三角 廃止 3/3
周遊旅客達賃割引現程の一部改正(公示五六号)3/4
全観連臨時会員総会出席者に対し、居住地最寄駅東京駅間往復二、三等旅客運賃を三月十一日まで五割引(達五二号)3/4
北海道 春季漁業に従事する労務者が出漁地まで旅行するため片道一〇〇キロメートル以上国鉄に乗車船する場合、五月末日まで三等旅客運賃を二割引(達五三号)3/5
静岡県下の台風二十二号による風水害の牛馬飼料救援用わらに対し、運賃減免の取扱。(公示五七号)3/6
近畿日本鉄道、毎日放送テレビで「真珠の小箱」の放送開始 3/6
駐留軍貨物運送送手続の一部を改正(達六五号)3/9
自動車貸切旅客運賃の取扱方の一部を改正(公示五二号)3/10
広島外一駅発、梅田外二駅着となる殺虫剤に対し、八月末日まで責任トン数付運賃割引(公示五九号)3/11
連絡運輸規取扱規則の一部改正(達五八、六〇号)3/11
本州、四国及び九州発、北海道向け一ニトン積冷蔵車を使用して運送する貨物の割引賃率の一部改正(公示六三号)3/13
連絡運輸規則・同取扱規則を一部改正(公示五八、六〇、六二、達六一、六九号)3/15
帝都高速度交通営団丸ノ内線 【延伸開業】霞ケ関〜新宿間(5.8km)、丸ノ内線全線開通 3/15
京急久里浜線【複線化】湘南井田〜湘南久里浜間 3/15
防衛大学学生、生徒の学年末休暇及び同校卒業生の帰省旅行の利便を図るため、京浜急行電鉄株式会社線浦賀駅と三月末日まで一時限り連絡運輪の取扱(達七七号)3/17
北海道春季農業労働者が就業地まで旅行するため、片道一〇〇キロメートル以上国鉄に乗車船する場合、四月十五日まで三等旅客運賃を二割引(達七四号)3/18
駐留軍貨物輸送手続の一部を改正(達八一号)3/18
赤穂線 伊里駅における集貨配達の取扱を廃止(公示六五号)3/19
房総東線 大網・本納駅間に駅員無配置の永田駅を設置し気動車による旅客の取扱を開始(公示六四号)3/20
連絡運輸規則、同取扱細則の一部改正(公示六六、達七八号)3/20
連絡運輸取扱細則の一部を改正(達六六号)3/21
豊橋市に開催する中部日本ホルスタイン共進会に出品する牛に対し、静岡、長野、山梨県下 国鉄線各駅と豊橋駅相互間の貨物運賃を割引(達八八号)3/21
静岡市に開催する第五回静岡県建設機械自動車資材展出品物に対し、汐留外八駅と静岡駅相互間の貨物運賃を割引(達八九号)3/25
名古屋市電【延伸開業】東山公園〜星ヶ丘間、総延長106.3km 3/25
国鉄自動車 園福本線 須知・光久間、丹波三ノ宮・鐘乳洞口間にて一般乗合旅客自動車運送事業を開始し、安井口外二駅を新設(公示七三号)3/28
東京都港湾局専用線【延伸開業】豊洲物揚場線深川線分岐 〜 豊洲物揚場間 3/30
東海道本線 東神奈川・東高島間及ぴ東神奈川・海神奈川間の運輸営業を廃止(公示八五号)3/31
西成線 西九条駅における接続専川線発着車扱貨物の取扱を廃止(公示九三号)3/31
北陸本線 生地〜入膳間に西入善信号場開設 3/31
宇高連絡船、根管旅客輸送量400万人を突破 3/31

イースト外七品目、活鮮魚介類外九品目に対する小荷物運賃を、発着駅、期間を定め割引(公示七四、七七号)4/1
身延線 金手、関西線 浪速及び大阪港、東海道線 東神奈川、横浜線 菊名の営業範囲を改正(公示七五、七六、八三号)4/1
行商荷物の小荷物運賃を品目、荷造、発着駅、重量、期間を定め割引(公示七八号)4/1
山陰本線 都野津・波子駅間に敬川駅(駅員無配置)を新設(公示八二号)4/1
東神奈川・入江間及び東神奈川・東高島間の運賃計算キロ程を明年三月末日まで特定(公示八四号)4/1
車扱による梅田外二駅発、汐留外一四駅着鋳鉄管等に対し、期間を定め、責任トン数付運賃割引(公示八六〜九一、九五号)4/1
連絡運輸規則の一部を改正(公示九二号)4/1
車扱による吉原発、中国及び九州向け小型自動車に対し、九月末日まで使用車及び責任トン数を足め、運賃計算トン数を七トンとした。(公示九四号)4/1
乗車券類委託発売規程の一部を改正(公示九六七)4/1
国鉄自動車 千栄線における一役路線貨物自動車運送事業を廃止(公示六九号)4/1
近畿日本鉄道 名古屋線 米野、阿倉川及び白子駅と国鉄線及び連絡社線各駅間に、明年三月末日まで、一時限り連絡運輸の取扱を開始(達一一四号)4/1
東海道本線 貨物支線【廃止】 4/1
  •  東神奈川〜海神奈川間 (2.0km)、高島線 東神奈川〜東高島間 (1.5km)
  • 【駅廃止】(貨)海神奈川
山陰本線【新駅開業】越ケ浜 4/1
山陰本線 【新駅開業】敬川 4/1
門司港〜人吉間準急気動車「ひとよし」新設 4/1
博多・門司港〜熊本間準急気動車「ひかり」に博多〜都城間併結
東京駅にテレホンセンター設置、電話による旅客案内開始 4/1
夕張鉄道【新駅開業】下の月 4/1
定山渓鐡道【停留所新設】慈恵学園 4/1
東武鉄道東上本線 蒸気機関車の運転終了 4/1
秋田市電 新大工町線廃止 4/1
東京ポートサービス協会が専用線の保線作業を受託 4/1
富山地方鉄道 地鉄高岡〜伏木港間、米島口〜新湊間を加越能鉄道に譲渡 4/1
【駅名改称】地鉄高岡→新高岡
名古屋鉄道 ダイヤ改正 4/1
  • 5500系電車が登場し、量産車としては日本国内初となる料金不要冷房車の運行を開始
  • 知立駅新設(移転)・配線変更により、名古屋方面から三河線への直通列車を増発
名古屋鉄道竹鼻線【駅名改称】西竹鼻→羽島4/1
名古屋鉄道三河線 ダイヤ白紙改正【駅名改称】知立駅(2代)→三河知立・東知立、新たに知立(3代)設置の上配線変更 最高速度を65km/h→75km/h。刈谷乗務区を知立乗務区に移転 4/1
神戸市交通局 女性車掌登場 4/1
熊本市電春竹線 初代の代継橋を本荘中通に改称、旧の新鍛冶屋町を2代目の代継橋として復活 4/1
名古屋鉄道 名古屋本線【新駅開業】知立 4/3
  • 【駅名改称】これまでの知立駅を名古屋本線は東知立駅、三河線は三河知立駅に分離
  • 【新線開業】三河知立〜知立〜重原間
神戸市電 女性車掌登場 4/1
有田鉄道 藤並〜海岸間廃止 4/3
青海川発 直江津着となる生乳の小荷物運賃を、出荷責任個数を定め、明年三月末日まで三割引(公示一〇四号)4/4
連絡運輸規則の一部を改正(達二一八号)4/4
長野原線、上野からの80系電車準急の乗り入れ開始 4/4
東京都に開催する一九五九年東京国際見本市出品物に対し運賃割引(達一一二号)4/5
連絡運輸規則、同取扱細則の一部を改正(公示一〇一、達一三二号)4/6
周遊旅客運賃割引規程の一部を改正(公示ー○二号)4/6
車扱による蘇我発、品川外一九駅着となる鋼板等に対し、七月五日まで責任トン数付運賃割引(公示一○六号)4/6
 日本国有鉄道法一部改正 4/6
法律第百七号(昭三四・四・六)日本国有鉄道法の一部を改正する法律
東北本線 白坂・白河駅間に磐城西条駅を新設(信号場昇格)し、旅客、手、小荷勿及び同駅接続専用線発着車扱貨物の取扱を開始(公示九九号)4/7
東北本線 【 信号場→駅】磐城西郷信号場→磐城西郷(現在の新白河)4/7
組織規程の一部が改正され、新潟、四国、中国の三支社が誕生(公示九七号)4/8
連絡運輸取扱細則を一部改正(達一三八号)4/8
新潟・四国・中国支社を設置 4/8
京阪京津線 皇太子殿下御成婚奉祝花電車を運転 4/8〜4/14
七尾線 木津幡外八駅における車扱貨物、大畑線 樺山外二駅における手、小荷物扱を廃止(公示一〇七、一〇八口)4/9
東京〜大阪間臨時急行電車「ことぶき」運転(東京〜大阪間急行電車のはじめ)4/9
越美南線 美濃立花及び木尾駅の営業範囲を改正、また横浜線相原駅における手、小荷物の取扱を廃止(公示一○九、一一〇号)4/10
福知山市に開催する皇太子御成婚記念博覧会出品物に対し運賃割引(達一四二号)4/10
臨時準急ちよだ号運転 4/10
皇太子(現天皇陛下)のご成婚を記念して、東京〜伊東間に新婚列車「準急ちよだ」が151系で運転された。全車指定席で特別なヘッドマークも用意されていた。151系の準急運用はかなり珍しい。
上りは4/12運転
志免鉱業所、配転希望者の募集を掲示 4/10
連絡運輸規則、同取扱細則を一部改正(公示一〇三、達一三六号)4/11
(伊豆急行) 伊東下田電気鉄道株式会社設立 4/11
国鉄自動車 伊那里線伊那美和・黒川口間、金白北線 上砂子谷〜土山〜福光東町間にて、一般乗合旅客自動車運送事業を開始(公示一一ニ、一一三号)4/12
金魚外三品目に対し、小荷物運賃を発着駅、出荷責任個数を定め明年三月木日まで三割引(公示一一四号)4/13
夏蜜柑に対する割引運賃を一部改正(公示一一七号)4/13
東海道本線(東京〜大阪間)線路増設工事を運輸大臣が認可 4/13
上野〜長野間準急「ゆきぐに」新設 4/13
芸備線 快速「ちどり」を準急に格上げ 4/13
広島〜米子間芸備・木次線経由準急気動車「ちどり」2往復新設
color="yellow">日豊本線 浅海井・海崎駅間に狩生駅を新設(公示一一六号)4/15
日豊本線【新駅開業】狩生 4/15
山陰本線 鎧・久谷間に余部駅(駅員無配置)を新設(公示一二一号)4/16
国鉄自動車 直方本線 猪野大神宮前を筑前山ノ神と改称し、同駅・猪野大神宮前間に、一般乗合旅客自動車運送事業を開始(公示一一八、一二〇号)4/16
山陰本線 【新駅開業】餘部 4/16
京福電気鉄道 比叡山頂遊園営業開始 4/16
旅客及び荷物運送規則、同取扱細則の一部を改正する公示並びに達が定められた。(公示一二四、達一五二号)4/18
富山港線【新駅開業】(臨)競輪場前 4/18
東海道新幹線着工(起工式)4/20
湧別線【仮乗降場新設】六興 4/20
修学旅行用電車「ひので」・「きぼう」運転開始 4/20
修学旅行用電車「ひので」・「きぼう」運転開始 4/20
修学旅行電車「ひので」「きぼう」号がこの日から運転を開始
これは、当時の修学旅行は、旧型客車を寄せ集めたものであったため、学校(東京都修学旅行委員会)側が車両製造の資金を負担という形で実現、ただし予算的な絡みもあり、153系をベースに作成されたが、スカートが省略されたり、台車が113系と同じコイルばねになるなどの相違が見られる。
 この車両は、在来線を走行する車両であるが新幹線と同じ二+三人がけを採用していた。
 なお、車高が低いのは中央東線への入線を考慮したものである。
通風器の間に出っ張があるがこれは扇風機設置のため
東海道新幹線起工式を新丹那トンネル東口(来宮)で挙行 4/20
名寄本線【仮乗降場新設】六興 4/20
運輸省(現・国土交通省)都市交通審議会路面交通部会、東京の中心部から路面電車を無くすべきとの結論 4/21
替えだま1号走る 4/23
東海道線根府川〜真鶴間で上り夜行急行「明星」(東京〜大阪間)の後部三両に土砂がかぶり後部4両の客車が脱線し不通となった、復旧は夜までかかり、この事故の影響で車両のやりくりがつかなくなり、大阪始発の第1こだまが、急遽153系東海型で運転。特急料金は一部払い戻しされた。
これは、大阪方に151系電車の予備編成がないことによる措置
国鉄では5月から警察官の無賃乗車を拒否することを決定し、各鉄道管理局へ指示と新聞報道 4/23
網走交通株式会社に商号変更。(バス、トラック、石油、砕石、不動産等の事業会社)
名古屋鉄道ダイヤ改正 4/
  • 5500系電車運行開始 

  • 名古屋鉄道5500形 日本初の通勤形冷房車 量産車としては日本国内初となる料金不要冷房車の運行を開始
量産車としては日本国内初となる料金不要冷房車の運行を開始
知立駅新設(移転)・配線変更により、名古屋方面から三河線への直通列車を増発

旅各荷物運送規則、同収扱細則の一部改正(公示一二五、達一五八、一八八号)5/1
連絡運輸規則、同取扱細則の一部改正(公示二一六、一四四、一四六、達一五九、一七七、一八〇、一八四号)5/1
網走本線 池田・高島間に様舞駅を新設(公示一四二号)5/1
高砂線 野口駅の営業範囲を改正(公示一四三号)5/1
貨物運送規則、同補則の一部改正(公示一二八、達一七〇号)5/1
一五トン積貨車を一〇トン積貨車に代用する場台の特殊収扱方を一部改正(公示一四五号)5/1
一五トン積貨車の特殊取扱方大形コンテナーによる小口扱貨物の特殊取扱方、小形コンテナーの特殊取扱方、小口混載貫物の賃率及びその取扱、放射性物質運送規則、貨物代金引換規則、荷扱所荷物取扱規則、日本国有鉄道専用線規則、冷蔵コンテナーによる貨物の特珠取扱方、貨物特定賃率の一部を改正(公示一二九〜一三八号)5/1
連絡航路における運輸営業の範囲及び営業粁程、本州、四国及び九州発北海道向け一ニトン積冷蔵車を使用して運送する貨物の割引賃率の一部を改正(公示ー四〇、一四一号)5/1
国鉄自動車日肥本線 宮崎・妻間に一般乗合旅客自動車の営業を開始(公示一四八号)5/1
車扱による蒲部外一三駅発、笹島外八駅発、及び金沢発小口混載貨物に対し、責任トン数付運賃割引(公示一五〇、一五一、一五二号)5/
公認小荷物扱所規程の一部を改正(公示一五四号)5/1
乗車券類委託発売規程の一部を改正(公示一五五号)5/1
釧路〜川湯間準急気動車「摩周」2往復新設 5/1
函館本線上砂川支線【仮乗降場開業】下鶉 5/1
旅客列車の気動車化並びに客貨分離運転開始
九州島内準急新設 5/1
門司〜天ケ瀬間日田線経由準急気動車「あさぎり」
宮崎〜熊本間吉都・肥薩線経由準急気動車「えびの」各一往復新設
西武鉄道池袋線【駅名改称】田無町→ひばりヶ丘 5/1
三重交通内部線、休止していた小古曽→内部方に0.1km移設の上営業再開 5/1
宅扱と小口扱を統合し小口扱を集貨配達つきに変更 5/1
西日本鉄道大牟田線急行を特急に格上げ(特別料金不要)。ローカル急行を急行に格上げ。特急・急行・普通の3種別となる 5/1
大牟田線で特別料金不要の特急を運行開始
富士宮駅の集貨配達扱を廃止(公示一五六号)5/4
公認小荷物扱所規程を一部改正(公示一五九号)5/8
最高裁、松川事件の3被告を保釈 5/8→松川事件
浦和地裁、西武電車発砲事件(33年9月7日)被告の米兵に業務上過失致死で禁錮10ヶ月の判決 34/11→関連 33/9/7
果菜類に対する割引運賃を一部改めた。(公示一六〇号)5/9
伊豆箱根鉄道 大島航路(熱海港〜伊豆大島)就航 5/9
国鉄自動車 大栃本線 土佐落合・土佐別府間に一般乗合旅客自動車の営業を開始(公示一五八号)5/11
駐留軍 貨物輸送手続の一部改正(達二〇八号)5/12
陸羽西線 狩川・余目間に南野駅を新設(公示一六一号)5/15
車扱によ南福井外六駅発小口混載貨物を責任トン数付運賃割引(公示一六一号))5/15
連絡運輸取扱細則の一部を改正(達二〇七号))5/15
陸羽西線【新駅開業】南野 5/15
名松線管理所設置 5/15
国鉄自動車 下北線 角達外ニニ線三九駅の業務範囲を改正(公示一六四号))5/18
国鉄自動車 沼宮内本線 厨川外二線三駅を廃止し、厨川駅前外三駅を新設(公示一六五。一六六号)5/18
北陸鉄道 北鉄病院を開設(1968年3月1日に閉鎖)5/18
国鉄自動車 沼宮内線に野原駅を設置(公示一六七号)5/19
金平発、国母、身延間各駅着行商荷物に対し、品目、荷造、重量を定め、三月末日まで運賃割引(公示一七〇号)5/19
車扱による隅田川発笹島外三駅着鋳鉄管を八月十八日まで責任トン数付運賃割引(公示一七一号)5/19
東京都に開催される貨物協会及び日本交通協会三十四年度通常総会出席者に運賃割引(達二〇三、二〇四号)5/19
小田急電鉄 初の無人変電所となる足柄変電所を開設 5/20
東北本線【直流電化】宝積寺〜黒磯間 5/22
信濃地方発 京浜、中京、京阪神地帯向け小荷物扱生花を責任個数付運賃割引した。(公示一七二号)5/23
連絡運輸取扱細則を一部改正(達ニ一五号)5/23
連絡運輸取扱細則を一部改正(達二一六号)5/25
東京急行電鉄、中越自動車(現・越後交通)をグループ化 5/28
東京外五駅発、各都道府県教科書センター宛教科書見本に対する小荷物運賃を六月十日まで一割引(公示一八四号)5/29
日本相撲協会主催の地方巡業者に対する旅客運賃及び荷物運賃割引の取扱方の一部を改正(達二三○号)5/29
天塩鉄道 【社名改称】天塩鉄道→天塩炭礦鉄道 5/30
国鉄自動車 亀草本線 亀山〜大岡寺〜関間における一般乗合旅客自動車運送事業を廃止(公示一八一号)5/31
名寄本線 豊野駅の手小荷物扱を廃止(公示一七三号)5/31

連絡運輸規則、同取扱細則の一部を改正した。(公示一六八、達二一一号)6/1
長井線に西宮内訳、水郡線に川辺沖駅、鹿児島本線に海浦駅を新設(公示一七五、一七六、一七七号)6/1
旅各運送規則の一部を改正(公示一八五、一八六号)6/1
周遊旅客運賃割引規程、同取扱細則の一部を改正(公示一八二、達二二八号)6/1
乗車券類委託発売規程を一部改正(公示一八三、一八七号)6/1
大牟田・熊延鉄道 佐俣間の甲種鉄道車両(私有又は貸渡貨車を返回送の場合のみ)に三月末日まで、貨物割引賃率の適用方を特定(公示一七四号)6/1
国鉄自動車 小国線 下大石沢・大石駅間等にて一般乗合旅客自動車の営業を開始(公示一八〇、一八一号)6/1
長井線【新駅開業】西宮内 6/1
水郡線【新駅開業】川辺沖 6/1
鹿児島本線【新駅開業】海浦 6/1
京王線【駅名改称】上石原→西調布、車返→武蔵野台 6/1
汐留〜梅田間で5tコンテナ試験運用開始 6/2
梅田外一五駅発、汐留外三駅着小口混載貨物に対し、十二月二日まで責任トン数付運賃割引(公示一八九号)6/3
夕三〇〇形式貨車に積載した液化エチレンの運賃計算トン数を特定(公示一九〇号)6/3
羽後本荘発、青森、弘前着 いぢごの小荷匍運淀を三割引(公示一九八号)6/5
国鉄自動車 当麻線に九条4丁目駅を新設、空知本線小野幌・登満別間等に一般乗合旅客自動車営業を開始(公示一九一、一九一三号)6/5
連絡運輸規則、同取扱細則の一部改正(公示二〇一、達二四〇号)6/6
札幌駅 〜 様似駅間(千歳線・日高本線経由)の準急「えりも」運行開始(6月〜9月の週末運転) 6/7
国鉄構内宮業中央会定時会員総会出席者に対し、旅客運賃割引(達二二〇号)6/9
八高線に北八王子駅を新設(公示一八八号)6/10
東北本線 須賀駅の営業範囲を改正(公示二〇〇号)6/10
日本観光協会第一回会員総会出席者に対し、旅客運賃割引(達二五五号)6/10
国鉄自勁車 北薩本線 都迫・蒲生町間等にて、一般乗合旅客自動車の営業を開始(公示一九七号)6/10
八高線【新駅開業】北八王子 6/10
連絡運輸規則、同細則一部改正(公示一九九、達二四四、二四七、二五二号)6/11
手宮発 根室、根室港着缶詰缶を九月十日まで責任トン数忖運賃割引(公示二〇九号)6/11
七尾線穴水から分岐して鵡川駅に至る鉄道二二・九キロ間に甲ほか五駅を設置し、旅客運輸営業(能登線と呼称)を開始(公示二〇四号)6/15
旅客及び荷物輸送手続、並びに同運送取扱規則の一部改正(達二六四、二六七号)6/15
公認小荷物扱所規程の一部を改正(公示一二〇号)6/15
横堀発、新庄外三駅着いちごを七月十五日まで出荷責任個数を定め、小荷物運賃三割引(公示二一二号)6/15
能登線 【延伸開業】穴水〜鵜川間 (22.9km) 6/15
新駅開業】中居、比良、鹿波、甲、前波、古君、鵜川
仙台鉄道 西古川〜加美中新田間の運輸営業廃止を申請 6/15
玉野市営電気鉄道玉野高校前〜玉野市役所前間の宇野駅起点1.36km地点【新駅開業】西小浦 6/15
連絡運輸取扱細則を一部改正(達二六五号)6/16
連絡運輸取扱細則を一部改正(達二六二号)6/17
国際観光旅館連盟三十四年度通常総会出席者に対し、旅客運賃割引(達二五七号)6/19
活鮮魚介類外九品目に対する小荷物運賃割引を一部改正(公示二一八号)6/20
国鉄の動力近代化調査委員会、遅くとも15年以内に蒸気機関車は全廃すべきだとの結論 6/20
根室拓殖鉄道、鉄道全線廃止 6/20
定山渓鐡道【停留所新設】十五島公園 6/21
大形コンテナによる小口扱貨物の特殊取扱方の一部を改正(公示ニー四号)6/22
イースト外七品目に対する小荷物運賃割引の一部改正(公示二二二号)6/23
信州地方発、京浜、中京、京阪神向け洋野菜に対し、出荷責任個数付小荷物運賃割引を実施(公示二二三号)6/25
京阪電気鉄道 宇治田原自動車に出資、京阪宇治交通に社名変更の上、子会社化(2006年3月末に京阪バスに合併)6/25
車扱貨物に対する割引賃率、学習用文房具に対する割引賃率、石灰石に対する賃率の特定、ドロマイトに対する割引賃率、金鉱に対する割引賃率をそれぞれ一部改正(公示二二五〜二二九号)6/26
日本温泉協会会員総会出席者に対し旅客運賃割引(達二七四号)6/29
標準荷造包装貨物取奴規程、同取扱手続を制定(公示二二四、達三二五号)6/29
与野駅の車扱貨物の取扱を廃止(公示二三○号)6/30
東武鉄道矢板線 新高徳〜矢板間廃止 6/30
羽幌炭礦鉄道 名羽線 羽幌〜朱鞠内間51.2kmが国鉄工事線昇格
斜里バスが斜里〜越川〜根室標津間で路線バス運行を開始【根木線の平行路線】 6/
五新線は、五条駅から西吉野村城戸(現・五條市西吉野町城戸)まで路盤が完成
岩手開発鉄道 小野田セメント大船渡工場の製品(セメント)輸送を開始
三重交通八王子線 架線電圧を600Vから750Vに昇圧
六甲摩耶鉄道 2代目車両運行開始
北恵那鉄道 付知森林鉄道廃止
田峯森林鉄道栃洞線廃止
高野山森林鉄道廃止

前年度のページ       top      次年度のページ

鉄道に関する事件・事故 昭和34年前半

相鉄、追突事故 1/1
平沼橋駅で停車中の大和発横浜行き普通列車に、海老名発横浜行き準急が追突、双方が破損し19人負傷
東急では車と衝突事故 1/1
板橋区金井町、下板橋〜大山駅間の12号踏切で、池袋発成増行き急行電車と乗用車が衝突、車は大破し乗っていた同乗者4人が死亡、3人が重軽傷
阪急電鉄京都本線バス二重衝突事故 1/3
午後10時50分頃、大阪市淀川区の阪急京都線上新庄踏切で、踏切警手の遮断機の操作遅れで取り残された大阪市営バスが、京都発梅田行き上り急行電車と衝突、さらに下り梅田発京都行き急行電車と衝突、バスは電車の下敷きとなりバスの乗員、乗客7人が死亡梅田行き急行の乗客13人重軽傷
樽見線(現・樽見鉄道)、本巣北駅で脱線転覆事故、18人けが 1/8 東陽町、国吉駅付近の小苅谷踏切で、大原発の小型ディゼルカーと大型トラックが衝突、トラックは大破し、ディゼルカーも脱線・横転。30人が負傷 1/15 大型トラックと電車衝突 1/17
東武鉄道、伊勢崎線太田駅付近の踏切で、浅草行き(4両)電車と弘前市の大型トラックが衝突、トラックは大破し、2名が死亡、電車も全両脱線、1両は転覆、25人ケガ
常磐線で、小型自動車と貨物列車が衝突 3/15
常磐線、磯原駅、関南町の踏切で、貨物列車と、小型乗用車が衝突、小型乗用車の4人が死亡
東海道線「こだま」受難
下り特急「第1こだま」が、岡崎〜安城間でトラックと衝突、前部を小破、70分現場に停車、78分遅れで大阪着「こだま」の事故記録第1号
トンネル内で窒息、乗務員死亡 4/6
4時20分頃、播但線 生野〜長谷間で回送列車(7両編成)を運転中の機関士・助士ともに生野トンネル内で窒息失神状態となり、所定の停車駅生野駅を通過したにもかかわらず、車掌が停止手配を怠ったため連続下り勾配で加速し、カーブで機関車が脱線転覆(脱線時の推定速度は約100km/h)、客車も1両目から5両目が脱線転覆したもの、機関士・助士とも機関車にはさまれ死亡
 老朽化したトンネルの排煙不良が指摘された
土砂崩れで、急行脱線 4/23
東海道線、真鶴〜根府川間で江ノ浦トンネル付近を走行中の、急行明星(東京〜大阪間)が、土砂に乗り上げ脱線。5人負傷
東海道線で貨車脱線、電車と衝突 5/15
東海道線、鶴見発吹田行き下り貨物列車が茅ヶ崎駅を通過の際、12両が脱線、内9両が転覆、さらに、伊東発東京行き上り電車と衝突(クハ86015 脱線大破)、前2両が脱線、50人が負傷、原因は貨車の車軸折損が原因
日光線、日光駅付近で脱線事故、29人ケガ 5/21 別府鉄道(昭和59年2月廃止)、加古川市内の踏切で、ガソリンカーとトラックが衝突、22人ケガ 6/9
東武鉄道、浦和市踏切で、電車と砂利積載のトラックが衝突、16人負傷、原因はトラックの居眠り運転 6/13
阪急神戸線電車追突 6/17
阪急神戸線西宮北口駅で、故障停車中の電車に、後続の電車が追突 44人ケガ

前年度のページ       top      次年度のページ

世相 昭和34年前半

キューバで革命軍がバチスタ政権を打倒する。バチスタはドミニカへ亡命 1/1
メートル法施行 1/1
愛知県挙母市が豊田市に改名 1/1
厚生省(現・厚生労働省)、日本人の平均寿命は女子が70歳を超え、男子も65歳を超えると予想と新聞に 1/1
和歌山高野山で午後0時50分頃、濃霧のため南海バスが谷に転落、9人が死亡、39人が重軽傷 1/1
新婚旅行で大分から大阪行きの全日空機に乗った男、爆薬を仕掛けて失敗し、飛降り自殺 1/2
画家 和田英作、没 1/3
アラスカがアメリカ49番目の州となる 1/3
ソ連のミコヤン第1副首相がアメリカを訪問 1/4
ザイールで、アバコ党の集会禁止に反発してレオポルドヴィル暴動 1/4
アメリカがキューバの新政府を承認 1/7
フランスで、ドゴールが第5共和政初代大統領に就任し、ミシェル・ドプレ内閣が発足 1/8
ソ連が、米英仏3国に対独平和条約案を提示 1/10
NHK教育テレビが開局 1/10
NHK教育テレビの放送開始 10/10
海上運送法の一部を改正する法律(昭和34年法律第1号)1/10
ドゴールがアルジェリアの反乱者に恩赦 1/13
フィンランドで、農民党単独内閣が成立 1/14
皇太子妃の納采の儀 1/14
昭和基地置き去りの「タロ」と「ジロ」の生存確認 1/14
(財)千鳥ヶ淵戦没者墓苑奉仕会設立許可 1/14
ユーゴのチトー大統領とインドのネルー首相が会談し、平和維持への決意を表明 1/15
訪米中のソ連のミコヤン第1副首相がアイゼンハワー大統領と会談 1/17
法務省令第 2号 供託規則 1/17
大蔵省令第 5号 日本銀行貨幣回収準備資金出納取扱規則 1/17
日本共産党、中央委総会決議に基づく新方針を発表。自主的中立政策への転換を打ち出す 1/18
三井鉱山、企業再建案(6000人の希望退職者)を組合に提示 1/19
1/19
三池争議の発端→三池争議wikipedia 日経連。「わが国労働経済の現況と賃金問題」発表。経営基盤建て直し等を理由に賃上げ自粛を強調 1/20
日本赤十字社理事会、朝鮮人の帰国援助について決議 1/20
アメリカの映画監督 デミル(DeMille,Cecil Blount)没 1/21
インドがキューバのカストロ政権を承認 1/23
前年10月31日、12月21日にTBSから放送された「私は貝になりたい」は、題名、筋立てとも加藤哲太郎の原文によるものとして、加藤が日本著作権協議会仲裁委員会に申し立て書を提出 1/23
インドのルールケラ製鋼所が創業を開始 1/24
イギリスと東ドイツが通商協定に調印 1/25
東京日比谷に公共有料駐車場 1/26
東京丸の内でパーキングメーターの使用開始 1/26
ソ連共産党第21回大会が開かれる。フルシチョフ第1書記が、資本主義国との経済競争と平和共存を強調 1/27
ソ連でカラクム運河が開通 1/30
王子製紙で、労使紛争が再発 1/31
スイスで、議会を通過した連邦女性選挙法案が、国民投票で否決 2/1
日本教育テレビ(NET、現・テレビ朝日)放送開始 2/1
ネルー首相の娘のインディラ・ガンジー(42)が、国民会議派議長 2/2
HNK、衆議院予算委員会質疑を初めて放映 2/2
改正風俗営業取締法が成立。取締範囲の確認で拡大で「深夜喫茶」などの営業を規制 2/3→2/10施行
インドで、ビライ製鋼所が創業を開始 2/4
東京銀座4丁目交差点角、坪156万円で日本一高い宅地と国税庁発表 2/4
大蔵省令第 7号 米貨公債の事務の取扱に関する省令 2/4
ドイツの音楽学者 クルト・ザックス(Sachs,Curt)没 2/5
ソ連引揚第17次船(樺太再開第六次)白山丸小樽入港 2/5
徳川家墓地調査団、皇女和宮の墓を発掘 2/5
東京六大学野球、春のリーグ戦からユニフォームに背番号の使用を決定 2/6
「千鳥ヶ淵墓苑」は「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」と改められた(昭和34.3.13閣議決定) 2/6
ソ連が、イラクと経済開発・技術開発協定に調印 2/7
文部省が、新学習指導要綱への移行措置を通達 2/7
黒部峡谷に関西電力の黒部トンネル貫通 2/8
風俗営業取締法の一部を改正する法律(昭和34年法律第2号)2/10
「紀元節奉祝建国祭大会」に参加した直後の右翼が三笠宮崇仁親王邸に押しかけ、一部が敷地内に乱入 2/11
帝人岩国工場に米軍の模擬爆弾が落下 2/11
広島高裁、八海事件被告、阿藤周平の保釈決定 2/11→事件史探求 八海事件
大蔵省令第 9号 米貨公債の発行に関する省令 2/11
藤山愛一郎外相が、在日朝鮮人の北朝鮮への帰還を認める通達を韓国公使に伝える 2/12
農林省、ブラジル絵の農業移民を促進と新聞報道 2/12
農林省令第 4号 いるか猟獲取締規則 2/12
ベネズエラで第2次ベタンクール政権が成立 2/13
在日朝鮮人中、北朝鮮帰還希望者の取扱に関する件(閣議了解) 2/13
警察庁、酔っぱらい保護センター設置と発表 2/13
在日朝鮮人中北鮮帰還希望者の取扱いに関する件、閣議決定 2/13
日本原子力学会創立、初代会長 茅誠司氏 2/14
外務大臣・厚生大臣発、日本赤十字社社長宛て、在日朝鮮人の北朝鮮帰還に関する閣議了解について伝達、赤十字国際委員の仲介等について依頼 2/14
熱電子放射の研究でノーベル賞を受賞したイギリスの物理学者 リチャードソン(Richardson,Sir Owen Williams)没 2/15
第一物産と三井物産が合併 2/15
主婦と生活社労組が、書記長配転に抗議してストに突入 2/15
キューバで革命政府が樹立し、フィデル・カストロが首相に就任 2/16
100円銀貨、50円ニッケル貨、10円青銅貨の新硬貨が発行 2/16
政令第17号 道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律施行令 2/16
北朝鮮で、千里馬作業班運動が始まる 2/17
政府がアメリカのファーストボストン社と、戦後初の外債3000万ドル発行の契約に調印 2/17
藤山一郎外相、政府・自民党首脳との会談で、安保条約改定「藤山私案」発表 2/18
チューリッヒで、イギリス、ギリシア、トルコがキプロス独立協定を結ぶ 2/19
憲法調査会法の一部を改正する法律(昭和34年法律第3号)2/20
科学技術会議設置法(昭和34年法律第4号)2/20
捕獲審検所の検定の再審査に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第5号)2/20
甘味資源の自給力強化対策について、閣議決定 2/20
積雪寒冷特別地域道路交通確保6カ年計画、閣議決定 2/20
道路整備5カ年計画、閣議決定 2/20
ストラスブールで、欧州人権裁判所の初会合が開かれる 2/23
大蔵省令第10号 国家公務員宿舎法施行規則 2/25
イギリス領ローデシアで暴動が起こる 2/26
ルクセンブルクでキリスト教社会党のウェルナー政権が成立 2/26
全国自動車運輸労連が、神風トラック追放大会 2/26
昭和三十三年分の所得税の確定申告書の提出期限等の特例に関する法律(昭和34年法律第6号)2/26
マカリオス大司教がキプロスに帰還 3/1
フジテレビジョン放送開始 3/1
京都、新五条大橋落成式 3/2
日本共産党書記長、宮本顕治。中国で毛沢東と会見 3/3
未帰還者に関する特別措置法(昭和34年法律第7号)⇒長期間生存不明の未帰還者について、戦時死亡宣告制度が設けられ、その遺族に弔慰料・遺族年金等が支給されることとなった。同法により留守援護法改正→過去7年間生存資料のない未帰還者に係る留守家族手当の失格規定の適用時期を法施行後9年とした。同法により引給改正→遺族給付金と弔慰金の併給が認められた 3/3
主婦連、第一回消費者ゼミナール開催 3/4
社会党訪中使節団が出発 3/4
韓国赤十字代表李範錫氏ジュネーブ向け出発(北朝鮮帰還反対運動開始) 3/4
アメリカが、トルコ、パキスタン、イラクとの相互防衛条約を調印 3/5
日本石炭協会余剰石炭買取り機関として、新昭和石炭設立が決定 3/5
京都地裁、嘘発見器を証拠として採用する初めての判決 3/5
全逓の70人が結婚資金支給を要求し、郵政省で座込み 3/6
臨時生鮮食料品卸売市場対策調査会設置法(昭和34年法律第8号)3/6
イラクのモースルで、アラブ民主主義者らとカースィム政権・共産党が衝突 3/7
国家公務員に高血圧症急増と人事院発表 3/7
政治家 鳩山一郎、没 3/7
千鳥ヶ淵戦没者墓苑は支那事変を含めて大東亜戦争の全戦没者の象徴遺骨を納骨した施設として性格が理解統一される 3/7
昭和三十三年産米穀についての所得税の臨時特例に関する法律(昭和34年法律第9号)3/7
下級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第10号)3/7
株式会社の再評価積立金の資本組入に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第11号)3/7
赤十字国際委員会、韓国抑留中の日本人漁民153人釈放の斡旋に乗りだす 3/8
防衛用小型核兵器は合憲と岸信介首相答弁 3/9
訪中使節団長の社会党(現・社民党の前身)書記長、浅沼次郎が北京で、「米帝国主義は日中共同の敵と発言」 3/9
バービー人形発売 3/9
インドのネルー首相が、インド工科大学の定礎式を行う 3/10
チベットで反政府反乱が起こる 3/10
杉並区善福寺川でBOACの日本人スチュワーデスの死体が発見される。重要参考人はカトリックのドン・ボスコ修道院のベルギー人神父、ベルメルシュ・ルイズ(38) 3/10
テレビの視聴時間、中学生の20%が1日5時間あまりと、文部省調査で判明 3/11
地方自治法の一部を改正する法律(昭和34年法律第12号)3/11
市町村職員共済組合法の一部を改正する法律(昭和34年法律第13号)3/11
ダライラマ14世がチベットの独立宣言を行う 3/12
気象庁が天気予報にコンピュータを使うことを始める 3/12
次期主力戦闘機問題で、森脇将光が衆議院予算委員会に森脇メモを提出 3/12
大蔵省が貿易為替自由化方針を検討 3/13
旅行ブームで飛行機の予約急増、と新聞に 3/13
港域法の一部を改正する法律(昭和34年法律第14号)3/13
(千鳥ヶ淵墓苑の竣工式及び戦没者追悼式の開催について)、閣議決定 3/13
フィリピン、ルバング島の小野田寛郎少尉と小塚金七一等兵が日比合同捜査隊に発砲 3/15
「朝日ジャーナル」が創刊 3/15
皇太子結婚の日取りを正田家に伝えるための「告期の儀」 3/16
国立学校設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第15号)3/16
週刊少年マガジン、週刊少年サンデーの同時創刊 3/17
皇太子明仁親王の結婚の儀の行われる日を休日とする法律(昭和34年法律第16号)3/17
首都圏の既成市街地における工業等の制限に関する法律(昭和34年法律第17号)3/17
企業資本充実のための資産再評価等の特別措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第18号)3/17
公営企業金融公庫法の一部を改正する法律(昭和34年法律第19号)3/17
ハマーショルド国連事務総長がインドを訪問 3/18
原子燃料公社で、金属ウランの国産化に成功 3/18
警察法の一部を改正する法律(昭和34年法律第20号)3/18
チベットで反乱が起る。ダライラマは31日に亡命 3/19
政府が、自衛のための敵基地攻撃は合憲との統一見解を発表 3/19
国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第21号)3/20
南方同胞援護会法の一部を改正する法律(昭和34年法律第22号)3/20
奄美群島復興特別措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第23号)3/20
工場立地の調査等に関する法律(昭和34年法律第24号)3/20
昭和二十八年度から昭和三十三年度までの各年度における国債整理基金に充てるべき資金の繰入の特例に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第25号)3/20
漁船再保険特別会計における給与保険の再保険事業について生じた損失をうめるための一般会計からする繰入金に関する法律(昭和34年法律第26号)3/20
農業災害補償法の一部を改正する法律(昭和34年法律第27号)3/20
中小企業信用保険公庫法の一部を改正する法律(昭和34年法律第28号)3/20
森林開発公団法の一部を改正する法律(昭和34年法律第29号)3/20
放送法の一部を改正する法律(昭和34年法律第30号)3/20
政令第33号 内閣府設置法第4条第1項第13号に規定する北方地域の範囲を定める政令 3/20
中国軍が、チベットのラサを占領 3/23
更生資金に関する打合せ会(局長・庶務課長・国民金融公庫総裁・同各部課長) 3/23
南アフリカで、バントゥー自治促進法が制定 3/24
イラクが、中東諸国の軍事同盟の中東条約機構(METO)から脱退 3/24
北ベトナム引揚第一次夕張丸門司入港 3/24
在外公館の名称及び位置を定める法律等の一部を改正する法律(昭和34年法律第31号)3/24
裁判所職員定員法の一部を改正する法律(昭和34年法律第32号)3/24
産業投資特別会計法の一部を改正する法律(昭和34年法律第33号)3/24
盲学校、聾学校及び養護学校への就学奨励に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第34号)3/24
海岸砂地地帯農業振興臨時措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第35号)3/24
畑地農業改良促進法の一部を改正する法律(昭和34年法律第36号)3/24
農山漁村電気導入促進法の一部を改正する法律(昭和34年法律第37号)3/24
旅行あつ旋業法の一部を改正する法律(昭和34年法律第38号)3/24
日本観光協会法(昭和34年法律第39号)3/24
政令第41号 国民健康保険の国庫負担金等の算定に関する政令 3/24
千鳥ヶ淵戦没者墓苑に収納せらるべき御下賜納骨壷を宮内庁より受領 3/25
賃上げ要求で初のタクシー全国一斉スト 3/25
朝汐が、第46代横綱 3/25
芝電気(現・日立国際電気)が、ビデオ・テープレコーダー実用機の公開実験に成功 3/26
運輸省設置法等の一部を改正する法律(昭和34年法律第40号)3/26
国有提供施設等所在市町村助成交付金に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第41号)3/26
簡易生命保険法の一部を改正する法律(昭和34年法律第42号)3/26
郵便貯金の旧預金者等に対し旧預金部資金所属の運用資産の増加額の一部を交付するための大蔵省預金部等損失特別処理法第四条の臨時特例等に関する法律(昭和34年法律第43号)3/26
就学困難な児童及び生徒のための教科用図書の給与に対する国の補助に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第44号)3/26
航空機工業振興法の一部を改正する法律(昭和34年法律第45号)3/26
国内旅客船公団法(昭和34年法律第46号)3/26
イギリスで核武装反対平和大行進が行われる 3/27
中国、劉少奇が国家主席に選出 3/27
農業共済基金法第三十九条第一項の特別積立金の処分等に関する臨時措置法(昭和34年法律第47号)3/27
臨時肥料需給安定法の一部を改正する法律(昭和34年法律第48号)3/27
硫安工業合理化及び硫安輸出調整臨時措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第49号)3/27
蔬菜の価格統制及び配給統制を廃止した場合に採るべき措置、閣議決定 3/27
中国政府が、チベット地方政府を解散させ、パンチェン・ラマをジベット自治区準備委員会主任に任命 3/28
「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」竣工式並びに追悼式を挙行、両陛下がご参拝 3/28
安保条約改定阻止国民会議が結成 3/28
社会党など安保条約改定阻止国民会議を結成 3/28
千鳥ケ淵戦没者墓苑が竣工 3/28
法務省設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第50号)3/28
農林省設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第51号)3/28
水産庁設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第52号)3/28
児童福祉法の一部を改正する法律(昭和34年法律第53号)3/28
酒税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第54号)3/28
砂糖消費税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第55号)3/28
関税定率法の一部を改正する法律(昭和34年法律第56号)3/28
小かん加糖れん乳等の製造の用に供するため売り渡す国有てん菜糖の売渡価格の特例に関する法律(昭和34年法律第57号)3/28
プラント類輸出促進臨時措置法(昭和34年法律第58号)3/28
石油資源開発株式会社法の一部を改正する法律(昭和34年法律第59号)3/28
全国援護業務主管課長会議 3/30
砂川基地反対運動にからむ刑事特別法違反事件(砂川事件)で、東京地裁が外国軍隊の駐留は違憲とし、基地立ち入りの7人全員に無罪判決 3/30
九州地方開発促進法(昭和34年法律第60号)3/30
糸価安定特別会計法の一部を改正する法律(昭和34年法律第61号)3/30
糸価安定特別会計において昭和三十三年産の生糸及び繭を買い入れるための経費の支払財源の一部に充てるための一般会計からする繰入金に関する法律(昭和34年法律第62号)3/30
特別鉱害復旧特別会計法を廃止する法律(昭和34年法律第63号)3/30
特定多目的ダム建設工事特別会計法の一部を改正する法律(昭和34年法律第64号)3/30
災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第65号)3/30
道路法の一部を改正する法律(昭和34年法律第66号)3/30
特定港湾施設整備特別措置法(昭和34年法律第67号)3/30
特定港湾施設工事特別会計法(昭和34年法律第68号)3/30
港湾運送事業法の一部を改正する法律(昭和34年法律第69号)3/30
政令第51号 未帰還者に関する特別措置法施行令 3/30
厚生省令第 5号 未帰還者に関する特別措置法施行規則 3/30
19日のチベットの反乱で、ダライラマがインドへ亡命 3/31
共同通信社、通信用の伝書鳩廃止 3/31
国会職員法等の一部を改正する法律(昭和34年法律第70号)3/31
経済企画庁設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第71号)3/31
日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定の実施に伴う関税法等の臨時特例に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第72号)3/31
裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第73号)3/31
検察官の俸給等に関する法律等の一部を改正する法律(昭和34年法律第74号)3/31
補助金等の臨時特例等に関する法律等の一部を改正する法律(昭和34年法律第75号)3/31
地方税法等の一部を改正する法律(昭和34年法律第76号)3/31
租税特別措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第77号)3/31
関税定率法の一部を改正する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第78号)3/31
所得税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第79号)3/31
法人税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第80号)3/31
塩業整備臨時措置法(昭和34年法律第81号)3/31
自治設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第82号)3/31
外務省設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第83号)3/31
通商産業省設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第84号)3/31
社会福祉事業法の一部を改正する法律(昭和34年法律第85号)3/31
国家公安委員会規則第 2号 科学警察研究所の各部の内部組織に関する規則 3/31

都内公衆電話からも市外通話が可能となる 4/1
東京都風俗営業取締法施行条例施行、深夜喫茶が廃業 4/1
消防法の一部を改正する法律(昭和34年法律第86号)4/1
警察官に協力援助した者の災害給付に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第87号)4/1
海上保安官に協力援助した者等の災害給付に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第88号)4/1
開拓融資保証法の一部を改正する法律(昭和34年法律第89号)4/1
土地区画整理法の一部を改正する法律(昭和34年法律第90号)4/1
北海道寒冷地畑作営農改善資金融通臨時措置法(昭和34年法律第91号)4/1
農林漁業金融公庫法の一部を改正する法律(昭和34年法律第92号)4/1
臨時てん菜糖製造業者納付金法(昭和34年法律第93号)4/1
商工組合中央金庫法の一部を改正する法律(昭和34年法律第94号)4/1
道路整備緊急措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第95号)4/1
日本道路公団法の一部を改正する法律(昭和34年法律第96号)4/1
地方交付税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第97号)4/1
消防組織法の一部を改正する法律(昭和34年法律第98号)4/1
繭糸価格の安定に関する臨時措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第99号)4/1
酪農振興法の一部を改正する法律(昭和34年法律第100号)4/1
中小型鋼船造船業合理化臨時措置法(昭和34年法律第101号)4/1
中国共産党8期7中全会が開催4/2
アマチュア無線の試験に初めて視覚障害者も受験 4/2
ネパールで第1回総選挙が行われ、ネパール会議派が多数を占める 4/3
ロンドン〜東京間の定期航路にコメット4型ジェット機就航 4/3
「行政機関職員定員法の一部を改正する法律案に対する議員修正案」に対する国会法第57条の3に基く内閣の意見要旨について、閣議決定 4/3
米国から贈与の小麦粉半減で、小学校給食のパン代が月10円値上げと新聞に 4/4
科学技術庁設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第102号)4/4
核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第103号)4/4
日本蚕繭事業団法(昭和34年法律第104号)4/4
作曲家、ストラビンスキー、初来日 4/5
朝日新聞社が、初の日曜版を発行 4/5
戦後初の靖国神社臨時大祭 4/6
靖國神社

公共工事の前払金保証事業に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第105号)4/6
輸出品デザイン法(昭和34年法律第106号)4/6
日本国有鉄道法の一部を改正する法律(昭和34年法律第107号)4/6
日本てん菜振興会法(昭和34年法律第108号)4/7
俳人 高浜虚子没 4/8
政令第108号 特定港湾施設整備特別措置法施行令 4/8
北海道の暴風雨で、家屋全半壊189戸 4/7
日本原子力発電、英国との技術援助協定調印 4/8
閣議、皇太子ご成婚特赦の規準を決定、選挙違反を中心に約10万人が該当 4/9
揮発油税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第109号)4/9
地方道路税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第110号)4/9
皇太子(現天皇陛下)御成婚 4/10
皇太子明仁親王(25)と正田美智子(24)の結婚式が皇居賢所で古式ゆかしく挙行される。祝賀パレードに53万人がつめかける。皇居前で馬車に飛び乗ろうとした少年が出現
吹田市の千里ニュータウン建設計画を発表 4/11
宅地建物取引業法の一部を改正する法律(昭和34年法律第111号)4/11
交付税及び譲与税配付金特別会計法の一部を改正する法律(昭和34年法律第112号)4/11
関税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第113号)4/11
漁港法の一部を改正する法律(昭和34年法律第114号)4/11
特許法等の一部を改正する法律(昭和34年法律第115号)4/11
漁船法の一部を改正する法律(昭和34年法律第116号)4/11
天台宗、今東光大僧都に決定
指揮者。アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団首席指揮者 ヴァン・ベイヌム(Van Beinum,Eduard)没 4/13
世界在郷軍人連盟、日本郷友連盟の加入承認 4/13
社団法人日本郷友連盟
大蔵省設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第117号)4/13
特別職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律(昭和34年法律第118号)4/13
一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律(昭和34年法律第119号)4/13
防衛庁職員給与法等の一部を改正する法律(昭和34年法律第120号)4/13
特許法(昭和34年法律第121号)4/13
特許法施行法(昭和34年法律第122号)4/13
実用新案法(昭和34年法律第123号)4/13
実用新案法施行法(昭和34年法律第124号)4/13
意匠法(昭和34年法律第125号) 意匠法施行法(昭和34年法律第126号)4/13
商標法(昭和34年法律第127号)4/13
商標法施行法(昭和34年法律第128号)4/13
特許法等の施行に伴う関係法令の整理に関する法律(昭和34年法律第129号)4/13
在日朝鮮人帰還問題に関する日本・北朝鮮両赤十字代表団の第一回会談、ジュネーブで行われる。 4/13
特許法
意匠法商標法実用新案法各公布 4/13→ 35/4/1施行
日独貿易仲裁協定調印 4/3
皇太子殿下ご成婚式(恩赦) 4/10
朝日新聞、東京〜北海道間で紙面電送に成功 4/14
文部省設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第130号)4/14
日本輸出入銀行法の一部を改正する法律(昭和34年法律第131号)4/14
繊維工業設備臨時措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第132号)4/14
首都高速道路公団法(昭和34年法律第133号)4/14
キューバのカストロ首相がアメリカを訪問 4/15
日比谷公園で、安保条約改定阻止国民会議主催の初の中央総決起集会 4/15
石炭鉱業合理化臨時措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第134号)4/15
接収貴金属等の処理に関する法律(昭和34年法律第135号)4/15
自動車ターミナル法(昭和34年法律第136号)4/15
最低賃金法(昭和34年法律第137号)4/15
賃金の最低保証による労働者の生活の保護を目的とする最低賃金法公布 4/15→7/10施行
明治神宮外苑で、皇太子ご成婚慶祝式典開催 4/16
総理府設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第138号)4/16
厚生省設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第139号)4/16
恩給法の一部を改正する法律(昭和34年法律第140号)⇒特定3病(肺結核等)の症状等差基準の改正、生殖機能を廃した増加恩給受給者の退職後の養子に扶養加給 4/16
国民年金法(昭和34年法律第141号)4/16
国際通貨基金及び国際復興開発銀行への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第142号)4/17
閣議決定による審議会等の廃止について、閣議決定 4/17
治山治水対策関係閣僚懇談会の設置について、閣議決定 4/17
中国で、第2期全国人民代表大会第1期会議が開かれる。毛沢東が経済政策の失敗の責任を取る 4/18
へい獣処理場等に関する法律の一部を改正する法律(昭和34年法律第143号)4/18
軽機械の輸出の振興に関する法律(昭和34年法律第144号)4/18
消費生活協同組合法の一部を改正する法律(昭和34年法律第145号)4/18
農林漁業基本問題調査会設置法(昭和34年法律第146号)4/20
国税徴収法(昭和34年法律第147号)4/20
国税徴収法の施行に伴う関係法律の整理等に関する法律(昭和34年法律第148号)⇒同法により遺族援護法改正→傷害年金・遺族年金及び遺族国債の差押さえ禁止解除、同法により引給法→改正関係条文整理 4/20
地方税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第149号)4/20
アメリカ、ハワイ州が合衆国に加盟する(50番目) 4/21
物品税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第150号)4/21
賠償等特殊債務処理特別会計法の一部を改正する法律(昭和34年法律第151号)4/22
所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とデンマーク王国との間の条約の実施に伴う所得税法の特例等に関する法律(昭和34年法律第152号)4/22
所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とノールウェーとの間の条約の実施に伴う所得税法の特例等に関する法律(昭和34年法律第153号)4/22
所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とパキスタンとの間の条約の実施に伴う所得税法の特例等に関する法律(昭和34年法律第154号)4/22
政令第147号 下水道法施行令 4/22
小売商業調整特別措置法(昭和34年法律第155号)4/23
建築基準法の一部を改正する法律(昭和34年法律第156号)4/24
北米五大湖と大西洋を結ぶセント・ローレンス水路が完成 4/25
赤十字国際委員会北朝鮮帰還問題に介入同意 4/25
王貞治が、後楽園球場でプロ入り初ホームラン 4/26
中国全国人民代表大会が、国家主席に劉少奇を選出 4/27
(財)動員学徒援護会設立許可(厚生省所管) 4/28
ブルガリアで、農産物の義務供出制が廃止 4/29
韓国で、野党系の京郷新聞が廃刊処分 4/30
死の前日まで1日も日記を欠かさなかった。奔放な人生に憧れ続けた文豪 永井荷風、没 4/30
入場税法の一部を改正する法律(昭和34年法律第157号)4/30
社会教育法等の一部を改正する法律(昭和34年法律第158号)4/30
政令第158号 図書館法施行令 4/30
東京都の人口、2900万人突破、ニューヨークに次いで世界第2位 5/1
防衛庁設置法と自衛隊法(防衛二法)各改正案、参院本会議で自民党が強行採決し成立 5/1→12日施行
公営住宅法の一部を改正する法律(昭和34年法律第159号)5/1
「朝鮮半島周辺海域における漁船の安全操業の確保ならびに抑留漁船乗組員等に対する救援措置について」の一部改正について、閣議決定 5/1
東京都の人口、900万人突破、ニューヨークに次いで世界第2位 5/1
沢村栄治ら9人、初の野球殿堂入り 5/1→財団法人野球体育博物館
文部省、高校でのコース別教育強化を提言 5/2
日航、東京〜サンフランシスコ間の定期貨物便の運行を開始 5/3
ソ連、日本政府に外国軍事基地の一掃を要望 5/4
政令第163号 最低賃金審議会令 5/4
全日本柔道選手権で猪熊功が学生初の優勝 5/5
原子力調査委員会放射能調査専門部会「放射能白書」を同委員会に提出し国内作物等の汚染度の高さを警告 5/6(1961年版しか見つけられませんでした。)
厚生省令第13号 国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑管理規則 5/6
ルバング島の未帰還者現地調査のため、政府職員及び家族・友人等をもって編成した第一次調査団出発(5.7〜12.2に及ぶ約半年間の長期間を三次に区分して実施) 5/7
東京で初の全国市町村教育長研修協議会開催 5/7
最高裁、松川事件の3被告を保釈 5/8
大津市で、MRA(道徳再武装運動)アジア会議、24カ国参加して開催 5/8
5年ぶりに伊豆大島〜熱海間の定期航路再開 5/9
中小企業退職金共済法(昭和34年法律第160号)5/9
作曲家 梁田貞、没 5/9
日赤、赤十字思想誕生百年記念全国大会開催 5/10
ジネーブで、米英仏ソの外相会議が始まる。ベルリン、ドイツ問題が話し合われるが成果が得られず 5/11
浦和地裁、西武電車発砲事件(33年9月7日)の被告米兵に禁錮10ヶ月の判決 5/11
防衛庁設置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第161号)5/12
自衛隊法の一部を改正する法律(昭和34年法律第162号)5/12
トヨタ自動車、在日米軍の武器輸送車を受注 5/12
南ベトナムとの賠償協定、借款協定が調印 5/13
アメリカのアルトサックス奏者 シドニー・ベシェ(Bechet,Sidney)没 5/14
米軍、追浜兵器廠閉鎖で1,335人に解雇通告 5/14
ラオスで、愛国戦線の指導者が自宅に拘禁 5/15
茨城県那珂湊沖で、漁船200隻が米艦を包囲し、爆撃訓練を阻止 5/15
海上標的設置でもめる那珂湊市の漁船200余隻、米艦の行動阻止 5/15
国家公務員共済組合法等の一部を改正する法律(昭和34年法律第163号)5/15
国家公務員等退職手当暫定措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第164号)5/15
連合国財産の返還等に伴う損失の処理等に関する法律(昭和34年法律第165号)5/15
特定物資輸入臨時措置法の一部を改正する法律(昭和34年法律第166号)5/15
凍霜害対策実施要綱、閣議決定 5/15
駐日英特命全権大使 クレーギー(Craigie,Sir Robert Leslie)没 5/16
日本・スウェーデン間貿易協定調印 5/16
松島水族館が開館 5/16
大阪府教組委員長ら18人勤評闘争で免職 5/16→参考 勤評闘争
カストロ政権によりキューバ土地改革法が公布 5/17
大卒者の30%は職場に不満と文部省調査 5/17
警視庁、ダンプカーの積載超過取締を開始 5/18
東大、東京女子大生の学生が「男女交際のルール」につき討論会を開催 5/19
全学連、東京日比谷で安保条約改正阻止・岸内閣打倒学生中央集会を開催。参加者約4,000人
米軍芦屋基地で輸送機が墜落、6人死亡 5/20
道路交通量、6年間で2倍にと建設省調査 5/21
カナダとアメリカが、原子力協定に調印 5/22
東京での捕鯨4ヶ国会議、国別割当てで決裂 5/22
医師で東京女子医科大学創立者 吉岡弥生、没 5/22
岡山県福渡町で観光バス川に転落、5人死亡 5/23
政令第183号 北海道寒冷地畑作営農改善資金融通臨時措置法施行令 5/23
農林省令第22号 北海道寒冷地畑作営農改善資金融通臨時措置法施行規則 5/23
アメリカ国務長官を勤めた ダレス(Dulles,John Foster)没 5/24
八戸市で、農作物被害のため天然記念物のウミネコ駆除開始 5/24
戦後初の国産潜水艦「おやしお」進水 5/25
政令第184号 国民年金法施行令 5/25
政令第188号 接収貴金属等の処理に関する法律施行令 5/25
ミュンヘンでのIOC総会で1964年度オリンピックの開催地が東京と決定 5/26
仙台高等裁判所が、松山事件の被告斎藤幸夫の控訴を棄却し死刑の判決 5/26
在日韓国代表部、在日朝鮮人の北朝鮮帰還は武力に訴えてでも阻止と表明 5/28
長野県上郷村で花火工場爆発、7人死亡、194人が重軽傷 5/29
「訴願制度の改正について」の一部改正について、閣議決定 5/29
シンガポール総選挙で、人民行動党が圧勝 5/30
大学新卒者の就職率78.6%で、戦後最高と文部省調査 5/30
政令第199号 消防審議会令 5/30
政令第201号 市町村の消防長及び消防署長の任命資格を定める政令 5/30
大蔵省令第44号 日本銀行保管貴金属等取扱規則 5/30
世界人口28億人と国連の推計 5/31

チュニジアで共和国憲法が公布 6/1
専売公社(現・JT)設立10周年記念日。合理化に伴う労使対立で全職員への見本タバコ配給中止 6/1
朝日新聞社が札幌でファクシミリ電送受信による紙面印刷の発行を開始 6/1
第5回参議院議員通常選挙投票 6/2
自民党 71 社会党 38 創価学会(現・公明党) 6
シンガポール独立宣言 6/3
フルシチョフがアルバニアを訪問 6/3
キューバのカストロ首相が「農業改革法」を公布してアメリカ資本のさとうきび農園の国有化を図る 6/4
広島市の僧侶、「再軍備反対に抗議する」との公開状を持ち首相官邸前で割腹自殺 6/3
北海道真狩村で農家の雇人が一家6人を殺害 6/4
警視庁、飛び出しナイフ販売規制強化を決定 6/5
インドネシアのスカルノ大統領、再来日 6/6
警視庁、新風営法で深夜営業店を一斉取り締まり 6/7
アメリカ最高裁が、連邦議会と州の共産主義調査権に支持判決 6/8
飯能市のメッキ工場から青酸カリ20kgが荒川支流に流出 鮎10万尾など中毒死 6/8
化学者 ヴィンダウス(Windaus,Adolf)没 6/9
大阪と奈良を結ぶ阪奈有料道路が開通 6/9
阪奈有料道路
阪奈有料道路 料金所付近(画像wikipedia)
日朝両赤十字代表は第17回会よって北朝談に鮮帰還問題事実上妥結(ジュネーブ) 6/10
東京・上野の国立西洋美術館、開館式 6/10
松方コレクションを集めた国立西洋美術館が開館 6/10
BOACスチュワーデス殺害事件の重要参考人のベルメルシュ・ルイズがベルギーに帰国し、事件が迷宮入り
ブント全学連(共産主義者同盟)の唐牛委員長と清水書記長逮捕 6/11
共産主義者同盟 警視庁、捜査三課に全国初の女性刑事を配属 6/12
野球殿堂が誕生 6/12
国立大学に厚生指導専門の「学生部教授」新設と新聞に 6/13
国防会議が、次期主力戦闘機種のグラマンを白紙に戻すと決定 6/15
韓国対日貿易関係断絶 6/15
厚生省、小児麻痺を指定伝染病に指定し告示 6/15
大日本紡績社長 小寺源吾、没 6/15
厚生省令第17号 老齢福祉年金支給規則 6/15
京都市で白タク運転手の共済組合が営業開始 6/16
デ・ヴァレラがアイルランド大統領に選出 6/17
川崎市煤煙防止対策協議会、煤煙抗議の市民集会と公害防止立法化の運動の予定、と新聞に 6/18
明治大学法学部、学生大会を開催し「全学連が政治運動に深入りしすぎる」として、脱退を決意 6/19
ソ連が、中ソ間の国防用新技術に関する協定を破棄 6/20
政治家 芦田均、没 6/20
川口元陸軍少将、戦時期シンガポール華僑虐殺の責任者として辻政信参議院議員へ辞職勧告のため国会訪問 6/22
第32臨時国会召集(7月3日閉会) 6/22
新潟地盤沈下特別委員会、同地方沈下の主原因は地下水の急激な汲み上げとの結論を科学技術庁に報告 6/24
天皇・皇后、後楽園球場で初のプロ野球観戦、巨人〜阪神戦ナイター。 6/25

天覧試合の巨人−阪神戦で巨人の長嶋茂雄選手が阪神のルーキー・村山実投手からサヨナラ2ラン

カナダで、セントローレンス水路の開通式 6/26
プロボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチで、挑戦者のスウェーデンのインゲマール・ヨハンソンが、チャンピオンのフロイド・パターソンを破る 6/26
スイス社会民主党ヴィンタートゥール大会で、国民政党に路線の変更を決定 6/27
日本アマチュア無線連盟、任意団体から社団法人へ移行 6/28
ソニー研究員、江崎玲於奈氏による。エサキダイオードの研究成果が新聞で紹介 6/28
沖縄石川市で米軍機が宮森小学校に墜落、エンジンの一部が給食中の6年生の教室に落下、死亡27人・重軽傷121人 6/30


前年度のページ       top      次年度のページ

昭和34年 生活関連

昭和34年 流行語

岩戸景気/消費は美徳/私の選んだ人を見て下さい/ファニーフェース/アフターサービス/トランジスタ・グラマー/春一番/カミナリ族/三当四落/乗車拒否/優マーク/タフガイ

昭和34年 こんなものが発売

バービー人形発売

前年度のページ       top      次年度のページ

日本国有鉄道史

年代別

その他コンテンツ

blackcat写真館

blackcat写真館

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatのアメーバーブログです。随時更新

blackcatブログ

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの元祖gooブログです。内容はかなり硬派です。随時更新

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの思索帳

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳Hatena blogです。主に労働運動を中心に社会学的視点から検討するblog、6日に1回の更新を目標としています。

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話Yahoo blogです。鉄道とは一切関係なし、少しみんなが元気になってくれればと毎日更新にチャレンジ中

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話

blackcat(kato.y)のブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの新しい挑戦、blackcatの文庫箱です。鉄道とは一切関係なし、時々、小説風のライトな読み物などをアップしています

blackcatの文庫箱