昭和46年前半 鉄道ニュース

大井川鐵道大井川本線 電車急行を運転開始 1/1
南海電鉄和歌山軌道線廃止(和歌浦口〜海南駅前間)1/10
東北・上越・成田三新幹線基本計画を鉄道建設審議会が答申 1/13
日本全国を新幹線網で結ぶ,新しい鉄道体系の第一歩として,鉄道建設審議会は東北。上越。成田の3新幹線について、基本 計画に定めると答申した
南海電鉄高野線の複線化を答申 1/14
全国新幹線鉄道整備法に基づき東北・上越・成田三新幹線の基本計画決定 1/18
昭和46年告示第17号により、上越新幹線 東京都 〜 新潟市間の基本計画公示 1/18
日本国有鉄道(国鉄)と日本鉄道建設公団(鉄道公団)に対して成田新幹線の調査を指示 1/19
五日市線(一部)など3線区の営業廃止を申請 1/19
流山電気鉄道【社名改称】総武流山電鉄 1/20
運輸審議会、仙台臨海鉄道に免許答申 1/22
京浜急行空港線 羽田空港駅(初代)〜穴守駅間(0.8km)、正式に廃止 1/22
名鉄蒲郡線【高架(立体交差)】形原〜三河鹿島間の一部 1/24
運輸審議会、山陽電軌・茨城交通茨城線廃止に許可答申 1/29
国鉄と鉄建公団が三新幹線の調査報告書を提出 1/31
国鉄と鉄建公団は運輸省に対し、3新幹線の調査報告書を1月31日に提出。これに基づき、運輸大臣は2月5日に鉄道建設 審議会に諮問、具体的な整備計画をまとめて答申した。4月1日には運輸大自から国鉄。鉄建公団両総裁に建設指示を行なった
青梅・五日市・御殿場・長野原線営業近代化 2/1
青梅・五日市・・・全線をCTC化及びARC化、8駅の停留所化、3駅を業務委託、10駅を貨物集約化、だ応じにダイヤ を改正して、武蔵五日市〜東京駅間の直通電車1往復を新設
御殿場線・・・・・・2駅を業務委託化、6駅の貨物集約化
長野原線・・・・・・渋川〜河原湯間をCTC化、4駅を停留所化、2駅を貨物集約化
駅名変更 2/1
青梅線 氷川→奥多摩・山陰本線 石見大田→大田市・八戸線 八戸→本八戸 
八戸線【駅名改称】八戸→本八戸 2/1
山陰本線 石見大田駅を大田市駅に改称 2/1
青梅線 【駅名改称】 氷川→奥多摩 CTC化全線 2/1
五日市線【廃止】大久野〜武蔵岩井間 2/1
運転本数一日6往復と少なく、並行して走るバスが一日55往復あることから鉄道を残す理由がないことなどが主な理由
  1. 【駅廃止】武蔵岩井
  2. 旅客営業廃止 武蔵五日市〜大久野
  3. 一般駅→貨物駅大久野 
  4. CTC化全線
伊勢管理所廃止 2/1
山陰本線【駅名改称】石見大田→大田市 2/1
名古屋市電一部廃止(栄町線全廃) 2/1
上飯田〜菊井町間6.6km、栄〜笹島間1.7km
山陽電気軌道2/1
山陽電気軌道 下関駅〜唐戸〜東下関〜幡生間廃止
茨城交通茨城線 赤塚〜御前山間全線廃止 2/1
新幹線の雪害対策 2/4
  1. 関ヶ原付近で951形試験電車を使用しての走行試験を実施
  2. 耐寒耐雪車両構造の開発(苗穂工場)
  3. 分岐融雪装置の調査etc
国鉄我孫子電車基地使用開始 2/4
鉄道建設審議会 3新幹線の整備計画を答申 2/5
鉄道建設審議会は、基本計画に続き、運輸省諮問の整備計画について、東北(東京〜盛岡)、上越(東京〜新潟)、成田(東京〜成田)3新幹線は、東海道新幹線方式により建 設、なお建設主体は以下の通りとするよう答申
東北新幹線・・・・国鉄
上越・成田新幹線・・・鉄道公団を建設主体
注:成田新幹線は開通していません。現在の成田空港駅はかっての成田新幹線駅
青函連絡船、檜山丸 船員給食及び居室清掃等作業外注 2/6
山陽電気軌道 下関駅〜唐戸〜東下関〜幡生間廃止 2/7
青函連絡船、大雪丸 シャワー増設営業開始 2/11
青函連絡船、全客貸船 自動記念メタル刻印器設置営業開始 2/11
茨城交通茨城線 赤塚〜大学前間廃止により全線廃止 2/11
山陽新幹線高塚山トンネル貫通 2/12
山陽新幹線 新神戸〜西明石間の同トンネル(3,264m)が貫通。これで岡山までの31箇所のトンネル全てが貫通
国鉄主要幹線にEB装置の急遽取り付け決める 2/17
2月11日の事故に鑑み、当初予定を1年繰り上げ整備することを決定
新幹線列車と貨物列車のすれ違い試験 2/18〜20
新幹線列車が在来線の貨物列車とすれ違うときの列車風が在来線貨物列車に与える影響を確認するため
  1. トンネル内外におけるすれ違い試験として、新幹線トンネル内外で旅客電車編成と新幹線用貨車編成(コンテナを積載できる用に改造)を 行い貨車および積み荷に対する列車風の影響
  2. 定置貨車に対する列車風の影響測定試験として、新幹線軌道に接近させて、在来線貨車(2軸貨車)を配置し、新幹線列車に対する列車風 の影響を調査する。
運輸省、青函トンネル建設に着工準備命令 2/19
運輸審議会北丹鉄道休止に許可 2/19
運輸審議会は同社申請の1年間運輸営業休止について許可するよう答申。
北丹鉄道では、従業員減から列車の運行にも支障をきたしている
久大・日田英彦山線営業近代化 2/20
両線の7駅を停留所化、4駅を業務委託、8駅を貨物集約化
鹿児島本線 熊本〜西鹿児島間CTC全面使用始まる。2/20
熊本〜八代、東市来〜西鹿児島間が完成して全面使用を始めた。制御は熊本・西鹿児島両センターで行われる。複線での CTC化は東海道新幹線に次全国で2番目
東急東横線3駅に自動改札装置 2/20
  • 東横線、祐天寺・学芸大学・桜木町の3駅で自動改札機を設置
  • 祐天寺、学芸大学にオープンカウンターを開設 
山陽新幹線福山駅着工式 2/24
山陽新幹線博多延長工事では初めての駅関係工事
花巻電鉄、岩手中央バスに合併して同社路線となる 2/24
運輸審議会、横浜・神戸軌道線廃止に許可答申 2/26
神戸軌道線 3/14実施
横浜市 3/21実施
岩徳線での蒸気機関車の運転を終了(翌日よりディーゼル機関車および気動車(ディーゼルカー)による無煙化) 2/28
功労章ができて1カ年に全国で約3000名が受章 2/
全国各地で働く職員の努力にむくいるための「功労章」制度ができて1カ年の概要がまとまった。受賞者は全国で2999名で職種は全般にわたっている。
南美唄支線、旅客扱い中止 2/
大分県警が大分交通に電車軌道の撤去を要請 2/
南美唄支線旅客扱い中止 2/
増収“春の陣”に新商品ミニ周遊券が23種に 3/1
45年10月から、東京。京阪神。東北地方を対象に、9種類でスタートしたミ二周遊券が、23種類になった。キャンチフ レーズ“ついでにあちこち見る旅に”のもと、10月までに約100方人が利用、10月1日からは9種類が追加され、32種類となった。
修学旅行にも新幹線利用開始 3/1
常磐線 【複線化】綾瀬〜金町間 3/1
東北本線 貨物支線【廃止】王子〜須賀間 3/1
鶴見線 鶴見駅を除く全駅を無人化 3/1
岩日線【新駅開業】行波 3/1
岩徳・岩日線営業近代化 3/1
広島局は両線の車扱い貨物の廃止。業務委託駅1、停留所化2を内容とする営業近代化を実施
東武東上本線 森林公園電車区使用開始 3/1
輸送力増強計画により川越電車区が手狭となったため、東松山から武蔵嵐山間に新電車区を建設
東武鉄道東上本線 【新駅開業】森林公園 3/1
京福電気鉄道三国芦原線 貨物営業廃止 3/1
北丹鉄道休止 3/1
累積赤字を抱え施設の老朽、現業員不足から列車の安全な運行が困難となっ ており1年間運転休止
西日本鉄道天神大牟田線【新駅開業】桜台 朝倉街道〜筑紫間。【駅名改称】西鉄柳河→西鉄柳川 3/1
長崎電気軌道 バス事業を長崎自動車に譲渡 3/1
国鉄3路線の貨物営業を廃止決定 3/2→3/9答申
世知原線 肥前吉井〜祝橋間(3.9km)→4/1廃止
臼ノ浦線 佐々〜臼ノ浦間(3.8km)→4/1廃止
伊田線 金田〜方城間(1.0km)→3/15廃止
の貨物営業廃止を決定、運輸省に申請
北丹鉄道 福知山〜河守間休止 3/2
秋田運転区発足 3/5
秋田〜四ッ小屋間に秋田運転区が完成
運輸審議会、東京都の軌道線廃止に許可答申 3/5
青函連絡船、空知丸 船員給食作業外注 3/6
南海電鉄【開業】築港町〜水軒間 和歌山港駅(初代)【駅名改称】築港町  3/6
吾妻線(長野原〜大前間 13.3km) 電化・開業 (公 団建設) 3/7
吾妻線渋川〜大前間及び長野原〜太子間(長野原線を改称
(羽根尾〜大前8.9kmは旅客営業のみ。全線電化) 
線名改称長野原線→吾妻線 
区間分離渋川〜大前、長野原〜太子 
新駅開業群馬大津、羽根尾、袋倉、万座・鹿沢口、大前
国鉄、線名の元帳にふりがなをつけ公示しなおす。国電山手線は「やまのて」線とするなど呼称を統一 3/7
長野原線【延伸開業】長野原〜大前(13.3km)(羽根尾〜大前8.9kmは旅客営業のみ。全線電化)3/7
  1. 【線名改称】長野原線→吾妻線 
  2. 【区間分離】渋川〜大前、長野原〜太子
  3. 【新駅開業】群馬大津、羽根尾、袋倉、万座・鹿沢口、大前 
運輸審議会、横浜市高速鉄道1号線延長に免許答申 3/9
名古屋市東山公園にC6217を保存
常磐線 金町〜北柏間複々線化 3/10
国鉄法案見送り、再建頓挫 3/12
政府は国鉄財政再建を促進するため、国鉄再建法案を国会に提出していたが、3月12日、党執行部と橋本運輸相が折衝の結 果、今国会での成立は見送ることとなった。
 国鉄法の改正では、次の2点が問題となった。
  1. 赤字線の経営権を地方自治体へ譲渡する・・・・国鉄線の切捨てを意味し反対
  2. 国鉄事業の多角経営を認める・・・・・・・・・・・・・・国鉄の兼業は既存の民間事業を圧迫する
    以上の理由から反対され、未成立となった。
    この問題は結局赤字ローカル線の第 3セクター化などで10数年後には結局成立するわけであるが、このときこの基本法が成立していれば国鉄の姿も変わったものに なっていたかもしれないと思われる。(blackcat談)
神戸市交通局 この日限りで市電全線廃止 3/13
板宿〜大橋9
大橋9〜東尻池2
東尻池2〜楠公前
神戸駅前〜三宮阪神前
4系統 10.6km
運輸審議会、二事案に廃止許可答申 3/14
  1. 井笠鉄道線全線廃止(井原〜笠岡19.4km)
  2. 鹿児島交通貨物営業廃止
    いずれも、4/1付けで廃止
伊田線【貨物支線廃止】金田〜方城 【駅廃止】(貨)方城 3/15
(桃花台新交通桃花台線) 3/15
愛知県は「中京圏陸上交通整備調査会議」を設置し、中京圏の鉄道網計画を審議。
「小牧〜高蔵寺間を結ぶ中量ガイドウェイシステムによる公共輸送路線」を検討
新幹線で修学旅行専用列車の運転開始 3/16
国鉄、新幹線での修学旅行用団体学割を実施
南海電気鉄道【延伸開業】築港町〜水軒間〔所有は、和歌山県、現在和歌山港〜水軒間廃止〕 3/16
東京都電一部廃止に伴い、京都市電が日本最大規模の路線網を持つ路面電車となる 3/18
東京都交通局 第六次都電撤去(大塚駅前〜 本所一丁目他7線区)。この廃止
仙台〜秋田間北上線経由臨時特急気勤車「あおば」1往復運転開始 3/20(練習運転は3/5から)
横浜市電3系統廃止 3/20
横浜市電、3系統の、横浜駅前〜山元町間4.7kmを廃止、代替バスに切替え
営団千代田線【延長開業】 大手町〜霞ケ関間(2.2km) 3/20
横浜市交通局 車掌の乗務を廃止 3/21
運輸審議会、廃止許可答申 3/23
  1. 福島交通軌道線全廃・・・・・・4/11廃止
  2. 名古屋市軌道線部分廃止・・・4/1廃止
  3. 南海軌道線和歌山線全廃・・・4/1廃止
  4. 大井川鉄道井川〜堂平間廃止 4/1廃止
国鉄,長距離電車の1人乗務化など1万人合理化を労組に提 3/23
広島市児童公園にC59161保存
城東貨物線でSL列車お別れ運転 3/25
無煙化が決まった城東線で、877列車をC58+D51+DLの三重連で運転
東京〜両国間の地下トンネルが貫通 3/26
総武本線東京乗入れ用の国鉄初の市街地下トンネル(東京一両国間3.2km)が、3月26日に貫通。46年7月には津田 沼まで複々線化が行なわれ、東京〜千葉間に快速電車が運転される。31日には常磐線の綾瀬〜我孫子間の複々線工事が完成、レール締結式が行な われた。
身延線【複線化】 富士根〜富士宮間2.7km 3/29
名古屋市営地下鉄2号線延長線 3/29
名城線【開業】名古屋港〜金山間
青函連絡船、45年度客輸送人員、15年ぶり前年度実績を下回る 3/31
二俣線(現・天竜浜名湖鉄道) でさよならSL列車運転 3/31
高徳本線【駅廃止】阿波市場 3/31
名古屋鉄道管理局樽見線(現・樽 見鉄道)全駅停留所化、集札は車掌が行うことに 3/31
樽見線〜旅客手荷物輸送廃止
吹田操車場改良工事に伴い岸辺駅地下道新設竣工(万博関連工事)3/31
名古屋市電、3系統廃止 3/31
秩父通〜八熊通間 6.5km
黒川〜東新町間 3.1km
八事〜安田車庫間 3.0kmが廃止
井笠鉄道 本線を廃止 3/31
鉄道から撤退してバス会社となる。北川〜井原間の線路用地は神辺・矢掛線同様に鉄道建設公団に買収され、現在の井原鉄道井原線の建設に供される。
東北・上越・成田三新幹線整備計画決定 4/1
東北・上越・成田三新幹線に工事命令 4/1
上越・東北・成田新幹線について着工命令(成田新幹線は開通していません。)
東北本線【駅名改称】尻内→八戸 4/1
八戸線【駅名改称】尻内→八戸(2代)
仙石線管理所廃止、【貨物線廃止】釜〜石巻港 4/1
陸前原ノ町電車区、陸前原ノ町車掌区発足
世知原線【貨物営業廃止】肥前吉井〜祝橋(-3.9km) 4/1
臼ノ浦線【貨物営業廃止】佐々〜臼ノ浦間全線(-3.8km) 4/1
阿波線 池谷〜勝瑞間【貨物駅廃止】 阿波市場 4/1
常磐線【複々線化】北柏〜我孫子間 4/1
東北本線【駅名改称】尻内→八戸、なお八戸線八戸→本八戸と改称 4/1
高徳本線 【駅廃止】阿波市場 池谷〜勝瑞間 4/1
仙石線管理所廃止、【貨物線廃止】釜〜石巻港 4/1
京王相模原線【延伸開業】京王多摩川駅〜京王よみうりランド駅間 (2.7km) 開業 4/1
豊橋鉄道 【駅名改称・営業再開】谷熊→やぐま台 4/1
名古屋市電押切線【廃止】柳橋〜志摩町間 4/1
大阪市営地下鉄御堂筋線 CTC化 4/1
大阪府都市開発 泉北高速鉄道【開業】中百舌鳥 〜 泉ヶ丘間 4/1
大井川鐵道井川線【廃止】井川〜堂平間 4/1
井笠鉄道廃止 4/1
京都市電、烏丸線での2両連結運転を廃止 4/1
泉北高速鉄道kaigyuou
泉北高速鉄道
開業 4/1
【開業】中百舌鳥〜泉ヶ丘間 南海電気鉄道 泉北高速鉄道と相互直通運転開始
南海高野線、貨物輸送を全廃 4/1
南海電鉄和歌山軌道線 全線廃止 4/1
南海電鉄和歌山軌道線  全線廃止
四国ケーブル【開業】 箸蔵山ロープウェイ 4/1
宇高連絡船 たまも丸就航 4/1
別海村営軌道 全線廃止 4/1
鹿児島交通枕崎線 【貨物営業廃止】 4/1
日本炭礦専用鉄道 臨時株主総会にて会社解散決議 4/3
国鉄昭和46年度の経営計画発表 4/6
4月6日の理事会で、46年度国鉄経営計画を決定
以下、概要
46年度の運輸収入目標を対前年比4%増の1兆1,435億円、旅客収入で対前年比2%増
貨物収入で9%増、ただしこの目標は昨年度の万博輸送を分による増加を除くと8%増となりかなり厳しい数字ではある。
この目標に基づき、減価償却後の赤字を2000億円と見込んでいるが、目標が達成できないと減価償却前赤字という事態も想定される。
なお、これに伴う重点施策として
  1. 300〜400kmの赤字線を廃止
  2. 輸送力増強や輸送の近代化達成
  3. 運賃・料金制度の合理化実現
  4. 販売システムの合理化実現
  5. 旅客ターミナルシステムの開発
  6. パイプラインの建設、等
宇高連絡船、第二鉄栄丸用途廃止 4/6
衣浦臨海鉄道発足 4/7
福島交通 飯坂東線残存区間を全線廃止 4/12
札幌市高速軌道南北線貫通式挙行 4/13
鉄建公団の昭和46年度の建設計画発表 4/15
日本鉄道建設公団は4月15日、本年度の各線別建設計画を発表、予算ベースで昨年の25%増、998億円となっており本 年度完成予定が7線となった、このうち湖西線は予算不足で48年度以降の開業となる一方、白糠線・油須原線など国鉄側が開業を渋っている路線 もあり、政府が検討中の総合交通体系の結論待ちの格好となっている
留萌鉄道【廃止】全線(-17.6km) 4/15
湖西線長等山トンネル(3054m)貫通 4/16
準鉄道記念物に指定 4/17
 C57139号機関車 中部鉄道学園構内(当時)
増収の9鉄道管理局に総裁表彰 4/17
昨年度の運輸取扱い収入目標を突破した9鉄道管理局(盛岡・仙台・新潟・高崎・東京南・東京西・広島。鹿児島)が総裁表 彰された
京浜東北線 旧型電車の運行終了4/19
常磐線 綾瀬〜我孫子間4線化完成 4/20
綾瀬〜北千住間(2.6km)開業。日本国有鉄道(国鉄)常磐緩行線我孫子駅まで相互直通運転開始。これにより綾瀬〜北 千住間は国鉄常磐線から営団千代田線に移行
快速線は中長距離列車およぴ快速電車用、緩行線は地下鉄千代田線と相互乗入れ開始、しかし対策の甘さから「迷惑乗り入れ」と当初呼ばれた
首都圏の国電ダイヤ改正 4/20
新製103系投入による配置転換で常磐・京浜東北線の旧型車を一掃、同時に山手線は10連化
山手線・東北本線 【新駅開業】西日暮里 日暮里〜田端間 4/20
常磐線・天王台、山手線・西日暮里、常磐線・西柏駅(貨物専担)が旅客営業化 4/20
国鉄、東京都区内で1日限り自由乗降できる国電フリー乗車券発売。大人240円、小人120円 4/20
東北本線 【新駅開業】西日暮里 4/20
山手線 日暮里〜田端間【新駅開業】西日暮里
帝都高速度交通営団東西線 国鉄103系1200番台の営業運転を開始 4/20
103系1200番代 国鉄 blackcat
只見線 無煙化完了 4/20
運輸審議会、頸城鉄道廃止に許可答申 4/20→5/1廃止
近鉄鳥羽線の複線化を申請4/21
上野〜長野原間臨時特急電車「白根」運転開始 4/24
新潟交通電車線【経路変更】東関屋 〜 平島間経路変更 (+0.3km)【理由】関屋分水路建設【駅移転】平島 4/24
関西本線、蒸気機関車列車お別れ運転 4/25
名古屋〜亀山間が4/26改正で無煙化されることに伴い、D51 2号機牽引のお別れ列車を稲沢〜四日市間に1往復運転
休止中の札幌市交通局の藻岩山ロープウエイ営業再開 4/25
立山黒部貫光 立山トンネルバス 室堂〜大観峰間営業開始。ディーゼルバスで運行 4/25
時刻改正。4/26
名古屋〜金沢間特急電車「しらさぎ」1往復増発,
新宿〜松本間特急電車「あずさ」1往復を信濃大町へ延長(季節)→47.3/15
名古屋〜長野間及ぴ大阪〜長野間特急気動車「しなの」,
新大阪〜出雲市間伯備線径由特急気勤車「おき」各1往複新設
岡多線【延伸開業】北野桝塚〜新豊田間(10.8km) 4/26
全線で旅客営業開始。【新駅開業】中岡崎
新快速運転区間延長 4/26
新快速電車の京都〜草津間の延長運転を実施、大津・石山に停車
東海道本線【新駅開業】西浜松(貨) 4/26
営団11号、名古屋市4号線に路線免許 4/26
運輸大臣は下記のとおり路線免許付与
営団11号線(現・半蔵門線)、渋谷〜日本橋蛎殻町間10.4km
名古屋市、金山〜新瑞橋間5.7km

小田急高架工事完成 4/27

小田急電鉄 千歳船橋〜祖師ヶ谷大蔵間下り線、感情8号線など7踏切の立体化を図るため44年11月から着工していた が、下り線の使用を始めた。上り線の完成は昭和46年9月の予定
帝都高速度交通営団 渋谷〜蛎殻町(現・水天宮前)間の地方鉄道敷設免許を取得 4/28
D50形第一線から引退 4/30
九州、若松区に残る大正時代の名機、D50 140号によるお別れ列車が運転(現在D50140は梅小路機関車間に保存 されている。)
高松琴平電気鉄道 高松グランドホテル(株)設立 4/
釧路地区〜東京地区間に冷蔵コンテナの急行貨物列車運転 5/1
吾妻線【廃止】長野原〜太子間 5/1
45年11月1日から旅客線営業を休止していた同区間5.8kmは地元の 合意を得て、廃止に、この区間は昭和41年9月に群馬鉱山の閉山で貨物営業も廃止していた。
国鉄のキャツチフレーズ入賞きまる 5/1
国鉄の新しいイメージを利用者の皆さんに印象づけ、また.国鉄の社会的使命。信頼感を喚起させるためのキャンチフレーズの入賞作が決定した。
入賞作品は次のとおり。
「住みよい日本 ささえる国鉄」
「四つの島に豊かな未来を運ぶ国鉄」
「四季がある 旅がある 国鉄がある」
「日本を短かくします」
「日本が大きくなるのです 国鉄です」
「未来をひらく日本の動脈 国鉄」
「世界にひかり 未来にこだまする国鉄」
「国鉄はみんなの未来を運ぶ足」
仙台市電 機構改革、電車北二番丁営業所と長町営業所を統合して電車営業所とする 5/1
駅名変更 5/1
広島電鉄宇品皆実町3丁目〜皆実町6丁目
青函連絡船、ゴールデンウイークによる旅客輸送人員記録更新 上り13083人、下り12369人、合計25452人 5/2
頸城鉄道【全線廃止】百間町〜飯室間(5.9km) 5/2
宇高連絡船、第二鉄栄丸を売却 5/7
宗谷本線 旭川〜新旭川高架複線化着工 5/20
3.7kmを複線化予定、48年10月完成予定
国鉄・私鉄ストほぼ終息 5/23
運輸審議会、東濃鉄道笠原線休止に許可答申 5/28
運輸審議会は、同社申請の笠原線休止(46年6月10日〜48年3月31日間)に許可するよう答申
青函連絡船、羊蹄丸 第26便に沖縄デー参加の全学連約50名乗船し、遊歩甲板舷門で労働歌、シュプレヒコール等を行ない気勢を挙げたで、保安の ため73分遅発 5/29
歌登町営軌道 幌別線 廃線 5/29
幌延町営軌道最終運行日 5/31
営団日比谷線8連化 5/31
北千住〜茅場町間10駅のホーム延伸、車両増備等一連の準備が終わり、同線は8両運転を実施、東急・東武の直通車も8両 化
幌延町営軌道最終運転日 5/31
(桃花台新交通桃花台線) 5/
桃花台ニュータウンの都市計画が策定。計画人口は、5万4000人
青函連絡船、業務委託関係契約確定・青函連絡船、連絡船清掃及び函館・青森さん橋駅舎清掃作業・連絡船係離,車両緊縮作業・自動車航送積卸作業・ 船員給食及船員居室清掃作業 6/1
国鉄・公団、3新幹線建設の体制作り整う 6/1
東北、上越、成田(現・成田高速鉄道・新幹線としては開業せず)の3新幹線建設を推進する体制として国鉄は仙台新幹線工 事局を鉄道建設公団は、東京・新潟新幹線建設局をそれぞれ本社直轄の機構で開局
立山・黒部アルペンルート(TKA)全通 6/1
立山連峰の主峰雄山を貫くバスルートの完成で、鉄道・バス等を利用しての山岳観光ルート完成
野上電気鉄道 車扱い貨物廃止 6/1
水島臨海鉄道 倉敷市〜水島間CTC化 6/1
大阪駅改良工事完了 6/5
43年3月から行われていた改良工事(環状線ホーム新設(昭和45年3月)など)を行ってきたが東地下街完成で全線計画 を完了
京阪電鉄交野線【複線化】中宮信号所〜村野間1.3km 中宮信号所廃止 6/6
東名高速線東京〜神戸間夜行便「ドリーム号」運転開始
道内最大のトンネル開通 6/8
石勝線の紅葉山線の新登川トンネル貫通
振子式電車の試験結果とガスタービン車の試作を決定 6/9
在来線の高速用車両として開発した591系振子電車の試験結果と、ガスタービン動車の試作が決定した。使用線区は全国新幹線網との関連を考慮して検討。ガスタービン動車は 大宮工場で試作中で、47年初めに完成の予定
東濃鉄道笠原線、旅客輸送休止 6/12
東濃鉄道 乗客数の減少により、笠原線の旅客鉄道営業休止。以降同線は貨物鉄道営業のみ
青函連絡船、昭和45年度取扱収入、目標突破により大雪丸、摩周丸が表彰 6/15
阿佐線 甲浦〜野根間、室戸〜奈半利間国鉄協議済み 6/17
48650号機を保存展示 6/17
広島鉄道管理局は三次市の要請で同機を貸与、市は建設中の文化会館に保存展示
黒部鉄道の譲渡に軽微認定 6/18
関西電力が申請した、宇奈月〜欅平間20.2kmの地方鉄道事業と付随する資産を子会社の黒部峡谷鉄道に譲渡する事案に 対し、軽微認定
C58304号機を保存展示 6/19
秋田鉄道管理局は、新庄市の要請で、同機を貸与し、市内の若葉町交通公園に保存展示
京阪電気鉄道【駅名改称】中宮→宮之阪 6/20
京阪電気鉄道【複々線化】守口市〜新門真 6/20
  1. 【新駅開業】 新門真
  2. 【駅名改称】守口→守口市
  3. 樟葉駅付近経路変更・高架化。
  4. 新門真に区間急行、樟葉に急行を停車 
江ノ島電鉄 従来行っていた続行運転を廃止、4両編成での運転を開始 6/21
国鉄パイプライン工事認可申請 6/23
国鉄のパイプライン事業認可が運輸大臣の権限とする運輸省令の改正が公示され、国鉄初のパイプライン建設(京浜〜南埼玉 間110km)の工事計画を認可申請
日立ポンパ号帰る。 6/25(23)
日立家電が当時の最新家電製品宣伝のため、全国をめぐる巡回宣伝列車「ポンパ」号が予定より4ヶ月早く2万キロに及ぶ日 本一周を終えて帰ってきた。到着後は4日間ほど品川駅で展示された後幕を閉じた。同列車は昨年10月14日の鉄道記念日に品川を出発していた もの →45/10/14
青函連絡船、「海の記念日」の記念急行券を連絡船で発売 6/26
山陽電気軌道、社名をサンデン交通に改称 6/
関西電力から分社化され、黒部峡谷鉄道となる 6/
仙山線 熊ヶ根駅無人化、交換設備撤去 小鶴線、国鉄路線バス廃止
別海村営軌道廃線
標茶町営軌道廃止
箱根登山鉄道鋼索線 3代目車両運行開始
小坂森林鉄道濁河線が廃止。これにより小坂森林鉄道は全線廃止
北海道炭礦汽船真谷地炭鉱専用鉄道 9600形22号機(旧9682号機)を夕張鉄道より譲受。4110形5055号機用途廃止

前年度のページ       top      次年度のページ

昭和46年前半 鉄道に関する事件・事故

近鉄名古屋線で踏切事故 1/1
伊勢若松町駅付近の北堀江踏切で、車と特急電車が衝突、脱線。車は大破し乗っていた六人のうち5人が死亡、1人ケガ
城端線で踏切事故 1/16
城端線、福野〜東石黒駅間の踏切で直前横断のダンプカーと衝突、23人ケガ
東武、館林〜城島間で小型トラックに電車が衝突。3名死亡、7人ケガ、原因は地トラックの直前横断 1/17
東北本線機関士の酔っぱらい運転で急行が衝突 2/11
2時52分、東北本線野崎〜西那須野間下り線で、仙台・会津若松行き、急行1103レ(あづま2号・ばんだい6号 13両編 成)列車の機関士が酒に酔って居眠りしたため6.1‰の下り勾配を約2キロバックして、最後尾の郵便車が後続の貨物列車(1167レ)と衝突、急 行の最後部と貨物列車の機関車、貨車計6両が脱線。重軽傷32(46名という記述もあり)。(*注 当該事件については、酒ではなく居眠り、(風 邪薬の服用も原因)と記述した資料もあり詳細は今後の調査に待つこととしたい。この事故により、機関車の緊急自動停止装置(EB装置)取り付け計 画を前倒し設置することとなった。→緊急懲罰委員会を開催し、乗務員の懲戒免職を含む処分を決定 2/12
名鉄各務ヶ原〜鵜沼間の踏切で、バスと気動車が衝突。3人死亡、19人ケガ
富士急踏切でトラツクと衝突 3/4
午前八時二十五分に、山梨県富士吉田市暮地駅と三ツ峠駅との間、緑ケ丘第2踏切で富士急上り電車が小型トラックと衝突。電車 は制動管がが破れてブレーキが故障,4駅(約4km(を突っ走り三ッ峠駅手前のカープで脱線。(推定速度70km/h)2両目からは転覆した。死 者17,重軽傷68→関連 衆 議院会議議事録
富士急行列車脱線転覆事故 3/4
午前8時25分ごろ富士急行大月線月江寺駅の富士吉田駅(現:富士山駅)方踏切(緑ケ丘第二踏切。大月駅起点21.990km。第1種自動)で、河口湖発大月行き電車 (3100形3103+3104)が、踏切内に進入した小型トラック(積み荷の落下に気を取られブレーキ処置をしないまま運転者が下車したため、 転動し遮断機を突破したもの)と衝突。車両の下に引きずり込まれたトラックが空気溜めを破損したためブレーキが全く使えなくなり、電車は逸走し約 4kmを暴走。月江寺 - 暮地(現在の寿)間の4駅を通過した後、暮地 - 三つ峠間(最急40‰の下り勾配)のカーブに猛スピードで進入し、進行方向左側の沢に転落し、後部車両が大破した。乗客約120名のうち17名が死亡、69名が負傷した。 トラック側2名が負傷した。 この事故後、空気ブレーキの系統を多重化するなどの対策が採られるようになった。
神戸電鉄で無人電車暴走 3/4
10時10分小野駅構内作業中438列車が通過したところ、犬釘が抜かれていたので軌間がが拡大し全車両が脱線、15時25 分頃復旧車を回438列車として試運転中、小野駅で逆転機ハンドルを装置したまま運転士・車掌とも車外作業におりたため電車が転動、5‰
勾配を電鉄粟生駅まで逸走、ホーム待機中の460列車に激突、ホームに乗り上げ待合室を破壊、母子2人が重軽傷
 原因は、運転士の転動防止措置を怠ったため
急行「ざおう2号」ブレーキ不能で退行 3/7
18:38奥羽本線峠駅構内へ進入した6404列車(455系6連)が場内信号機停止現示で停車したところ退行をはじめ。運 転士・車掌のブレーキ扱いにもかかわらず33‰勾配を約1.4km後退して停止
原因は車輪と制輪子の間に雪が付着し摩擦係数が激減したもの。23:19救援機により大沢へ回送、乗客にけがはなく後続の普通列車に振替
猛吹雪で北海道・新潟地区マヒ 3/7〜3/9
近鉄名古屋線列車衝突 3/14
名古屋市中川区伏屋〜八田駅間の踏切で警報無視したダンプが線路内に進入し、電車と衝突、乗員1名死亡
加越能鉄道でダンプと衝突 4/24
四日市〜藪波間の踏切で、直前を無理に横断しようとしたダンプと衝突。乗客・乗員22名が重軽傷
京福電鉄踏切でダンプと衝突 5/3
福井県三国町の京福電鉄水居駅構内の踏切で福井発東尋坊行き急行電車に無免許運転のダンプが衝突、電車は前1両が脱線横転。 重軽傷72。原因はダンプの運転手が電車は駅で停止すると思い込み、一旦停止の後再発進したため。
土佐電鉄で正面衝突 5/5
高知市鴨部高町の士佐電鉄伊野線鏡川橋〜鴨部間の旧国道カープで,伊野発知寄町行き電車(200形203号)がタプレツト交 換ををずに進行し、知寄町発伊野行き電車(同205号)と正面衝突,、衝撃でブレーキが損壊し、下り坂を逆行、後方のダンプトラックとも衝突。重 軽傷63

函館本線で土砂崩れ 5/16
複線化作業中の函館本線で、土砂崩れがおこり16名が生き埋め、16時間後に全員無事救出
神戸電鉄、電車急停車 5/24
粟生線電車が走行中に急停車、原因はパンタグラフの故障
米坂線で踏切障害により列車脱線転覆 6/7
8時45分、花立〜坂町行き121Dにコンクリートミキサー車が衝突。1・2両目が脱線転覆。17名(21名の記述あり)が 重軽傷。21時頃復旧
入換え列車と急行列車が衝突 6/14
函館本線で急行列車に入換中の普通妹背行き気動車が衝突、14名負傷
西鉄、クレーン車と衝突 6/14
門司病院前〜大里東口間を走行中の電車に大型クレーン車に乗せた杭撃ち機がが自動車併用軌道内で接触、乗客14名が負傷
沖縄デモで東京国電止まる 6/17
沖縄返還協定調印阻止を叫ぶデモ隊が、山手・中央線国電線路敷きに立ち入ったため、15本が運休。62本が最高45分の遅れ

前年度のページ       top      次年度のページ

昭和46年前半 世相

ウイスキー等が輸入自由化 1/1
グラスゴーでのサッカー試合で、観客が将棋倒しになって66人が死亡 1/2
和歌山市の旅館「寿司由楼」が全焼し、16人が焼死 1/2
アメリカで犯罪規制法が成立 1/2
NHK大河ドラマ「春の坂道」(原作山岡荘八、脚本杉山義法、主演萬屋錦之介)の放送が始まる 1/3
金沢地・家裁の平沢啓吉判事補(35)が、「東大裁判を契機として平賀書簡問題など最高裁の動きが信頼できなくなった」として退官届を提出 1/4
富士通の米国販売会社、FACOM230-25を日本製電算機で初めて米企業から受注 1/4
チリと中国が国交を回復 1/5
イギリスの3学者が、試験官ベビーが体内移植段階まで育ったことを発表 1/7
新潟県公害課、新潟港運河の通船川のヘドロから水銀などの重金属を検出。東京湾並みの汚染と判明 1/7
船成金で政治家 内田信也、没 1/7
アメリカの多角弾道ミサイル50発の実戦配備が完了 1/8
ヨルダン政府軍がパレスチナ・ゲリラを攻撃 1/8
ウルグアイ駐在のジャクソン英大使がゲリラに誘拐 1/8
俳人 上林白草居(はくそうきょ)没 1/9
シャネル(Chanel,Gabrielle)没。87歳(誕生:1883/08 /19)。フランスの香水で有名 1/10
東京都の飲料水の約20%を給水する利根川で、悪臭の原因となる劇物フェノールが検出される 1/10
アメリカの公害追放運動家のラルフ・ネーダーが来日 1/12
反公害運動家の弁護士ラルフ・ネーダー来日 1/12
作曲家で指揮者 トマジ(Tomasi,Henri)没 1/13
フランスが環境省を設置 1/13
沖縄米軍が、沖縄本島から中部太平洋ジョンストン島へ毒ガスを移送する(第1次撤去)1/13
成田闘争、反対同盟の小川明治副委員長が、心筋梗塞で死去 1/13
ポーランド政府が前年12月の物価値上げを撤回 1/14
農林省、野菜高騰に対処するため生鮮食料品価格安定対策本部を設置 1/14
農薬取締法の一部を改正する法律(昭和46年法律第1号)1/14
エジプトのアスワン・ハイ・ダムが完工式 1/15
国際電信電話株式会社がニューヨークとのダイヤル即時通話を開始 1/17
ニッポン放送が、糸居五郎の50時間のマラソン・ジョッキーを放送 1/17
慶大で四谷大塚進学教室が正会員選抜試験を行う。7000人の小学生が受験 1/17
文部省が、小・中学校学習指導要領を改正し、環境・公害教育を重視 1/20
茨城県鹿島臨海工業地帯の、東部石油化学コンビナート13社の合同完工式が行われる 1/20
34代横綱 男女ノ川登三、没 1/20
第25回自民党定期大会開催。総裁任期を3年に延長し、立候補制にするための総裁公選規定改正案を可決 1/21
自民党25回大会が開かれ、総裁任期を2年から3年に延長 1/21
厚生省令第 2号 建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行規則 1/21
カンボジア共産勢力がプノンペン空港を初めて砲撃 1/22
成田闘争、友納知事と反対同盟第1回会談 1/23
三島由紀夫の本葬が東京の築地本願寺で行われる。(葬儀委員長は川端康成)1/24
横井庄一軍曹、28年ぶりにグアム島で保護 1/24
横綱大鵬が初場所千秋楽で32回目(最後)の優勝1/24
ヒマチャル・プラデシュ州、インドの第15番目の州となる 1/25
インドで、ヒマーチャル・プラデー州が設置 1/25
NASAが、通信衛星インテルサット4号を打ち上げ 1/25
ウガンダで軍部のクーデターが起こり、アミンが実権を握る 1/25
硫黄島第四次戦没者遺骨収集団出発(3.2帰国) 1/25
東京オリオンズは、親会社の経営不振のため、ロッテに売却、【現・千葉ロッテマリーンズ】1/25
ソ連の金星7号が金星軟着陸に成功 1/26
理化学研究所の 里見朝正主任研究員ら、アミノ酸を応用した無公害農薬を開発 いもち病に効果 1/26(理化学研究所のHPと リンクしています。)
ソ連の金星7号軟着陸成功 1/26
元大関 名寄岩静男、没 1/26
葉山御用邸の本邸約3800平方メートルが全焼 1/27
アメリカが日本製電子部品のフェライト・コアにダンピング税を決定 1/28
警視庁、婦人警官の新制服を発表 1/28
独身勤労者調査でレジャー一位は男性がパチンコ、女性はボウリングと経企庁発表 1/28
アメリカが、シェパード船長ら3人の乗ったアポロ14号を打ち上げ 1/31
千葉市で反戦青年委員会、全国全共闘・千葉反戦のデモ 1/31
沖縄米軍が毒ガスを撤去 1月→7月
世界経済フォーラム設立。総会をスイス・ダボスで開催 1/

東邦亜鉛安中工場の女子従業員の遺体からカドミウム検出 2/1
新東京国際空港公団副総裁、「47年初め開港」と表明 2/1
郵政省令第 2号 有線電気通信設備令施行規則 2/1
首都圏整備委員会規則第 1号 筑波研究学園都市建設法施行規則 2/1
横井軍曹、日航特別機で帰国 2/2
イギリスのロールスロイス社が、経営破綻で国有化 2/4
アメリカのアポロ14号が月面軟着陸に成功する。初のカラーテレビ中継 2/5
ウルグアイ共産党・社会党・キリスト教民主党により拡大戦線が結成 2/5
南ベトナム政府軍がラオス聖域に侵攻 2/5
昭和45.12.14以来、モスクワにおいて日朝両赤十字代表が交渉の結果、在日朝鮮人帰還協定合意成立 2/5
閣議、46年産米からの政府の米買い入れ予約限度制を実施 2/5
国会の裁判官訴追委員会で、全国の裁判官210人余が訴追請求を受けている問題について、「青法協会員」だけを理由に裁判官訴追はできないと結論 を下す 2/5
滋賀県の雄琴に「トルコ風呂」の第1号店がオープン 2/6
スイスで、男性だけの国民投票で、女性参政権が承認 2/7
南ベトナム政府軍がラオスに侵撃し、ホー・チ・ミン・ルートを攻撃 2/8
アポロ14号が、南太平洋上に着陸 2/9
サンフェルナンド地震。カリフォルニア州サンフェルナンドで、マグニチュード6.5の地震 発生 死者65人。この地震をきっかけにライフライン工学の研究が進められるようになる 2/9
全沖縄軍労が解雇反対で48時間ストを行う 2/10
モスクワ、ワシントン、ロンドンで、海底軍事利用禁止条約に調印 2/11
藤山愛一郎ら自民・経済界訪中団が出発 2/11
ブルガリアと西ドイツが長期経済協力協定を締結 2/12
地方交付税法等の一部を改正する法律(昭和46年法律第2号)2/13
成田闘争、反対同盟 代執行予定地の保証金支払い拒否闘争開始 2/14
イギリスの通貨が、10進法に移行 2/15
成田闘争、少年行動隊が中学校長と団交 2/15
昭和四十五年度の米生産調整奨励補助金についての所得税及び法人税の臨時特例に関する法律 (昭和46年法律第3号)2/15
社会党・総評系の日中国交回復国民会議が発足 2/16
社会党総評系の日中国交回復国民会議結成総会開催 2/16
成田闘争 友納知事 代執行令書を発送 2/16
京 浜安保共闘(日本共産党革命左派神奈川県委員会)が真岡市の銃砲店から散弾銃10丁など強奪(27日捜索で押収) 2/17
サリドマイド裁判、提訴から5年3ヶ月ぶりに第1回口頭弁論 2/18
反対同盟 千葉地裁に代執行通知処分取消の申立 2/18
サハロフらのソ連人権委員会の活動に停止命令が出る 2/19
ラオスに侵撃した南ベトナム政府軍が壊滅的な打撃を受ける 2/19
ウガンダでアミン将軍が大統領に就任する。非常事態宣言が解除 2/20
行政代執行作業を知事が公団委託 2/20
成田空港公団、第一次強制代執行開始(〜3月6日) 2/22
インドネシアで、プルタミナが原油30%値上げを発表 2/24
ナイジェリアがサハラの石油と天然ガスの国有化を宣言 2/24
ブリュッセルで、ユダヤ人団体の代表の大会が開かれ、ソ連国内のユダヤ人がイスラエルに移 住できるようソ連政府に要求することが決議される 2/25
ラオスに侵入してホー・チ・ミン・ルートを攻撃しようとした南ベトナム政府軍が敗れて撤退 する 2/25
化学者 スヴェードベリ(Svedberg,Theodor)没 2/26
閣議に戦没者叙位叙勲事務の現況と今後の処理について報告 2/26
新潟県南部地震。マグニチュード5.5、負傷者13、雪崩や小規模な地割れや崖崩れがある 2/26
赤軍派の重信房子がベイルートへ出国と判明 2/26

パキスタン大統領ヤヒヤー・ハーン、1970年12月の総選挙による新国会の開会を無期限延期し、東パキスタンで大規模な不服従運動 3/1
インドで第5回総選挙が行われる 3/1
日中覚書貿易交渉代表団、北京で日台条約破棄などを含む会談コミュニケと貿易取決めに調印 3/1
東京で初の家賃三万円台の公団住宅募集開始 3/1
パキスタンで内乱が発生 3/2
マリアナ諸島戦没者遺骨収集団出発(3.11帰国) 3/2
専売事業審、タバコ「有害」表示見送りを決定 3/2
トルコで、アメリカ軍人が左翼ゲリラに誘拐 3/3
イギリス議会が、南アフリカへの武器輸出規制緩和を承認 3/3
海上自衛隊護衛艦4隻、房総沖で初めての日米合同演習を実施 3/3
証券取引法の一部を改正する法律(昭和46年法律第4号)3/3
外国証券業者に関する法律(昭和46年法律第5号)3/3
米韓軍事演習が行われる 3/4
パレスチナ民族評議会で、ゲリラ組織をPLOの傘下に統一する計画が承認 3/4
周恩来が北ベトナムを訪問 3/5
大阪刑務所で印刷した大阪大と大阪市大の入試問題が服役者に抜き取られ、受験生の父母に売られていたことが判明 3/5
農業機械メーカー佐藤造機、減反政策などの影響で松江地裁に会社更生法適用を申請 3/5
大阪刑務所内で印刷されている大阪大学、大阪市立大学の入試問題売買の事実が発覚 3/5
アメリカの記号論理学者 モンターギュ(Montague,Richard)没 3/7
漫画家 西川辰美、没 3/7
ニューヨークでモハメド・アリがジョー・フレージャーに挑戦するが判定負け 3/8
北ベトナムを訪問している周恩来が、北ベトナム全面支援を強調 3/8
政府が、対米繊維輸出規制についての政府間交渉打ち切りをアメリカに申し入れ 3/8
日本繊維産業連盟、対米輸出自主規制を宣言 3/8
公団と同盟 工事中止の協定締結 3/9
赤軍派、相模原市で銀行襲い150万円強奪(資金調達のM作戦の一環)3/9
アメリカ合衆国上院が、満18歳以上に選挙権を与える憲法修正案を可決 3/10
インドで第10回国勢調査が行われる 3/10
第1銀行と、勧業銀行が合併の調印 3/11
トルコで、軍部の「書翰によるクーデター」が起こり、デミレル内閣が総辞職 3/12
シリア大統領にアサド前首相が選出 3/12
ハーフェズ・アル=アサド、シリア大統領に就任 3/12
パキスタン軍東パキスタンを占領 3/12
政令第24号 下請中小企業振興法施行令 3/12
埼玉県志木市議会が、全国で初めて68歳以上の医療費完全無料化の条例案を可決 3/13
ルーマニアで外貨導入を認める貿易・経済協定法が制定 3/14
シリアでハーフィズ・アルアサドが大統領に就任 3/14
森永乳業、森永ヒ素ミルク中毒の子供を守る会に対し、継続的な治療などを被害者への恒久的救済を行うと発表 3/14
アワミ連盟のラーマンが東パキスタンの行政権を掌握 3/15
ルーマニアで、外資導入を認める貿易経済協力法が制定 3/17
千葉県収容委 同盟員の土地建物の現地調査を開始 3/17
汚染母乳で赤ちゃん死ぬ 3/17
メキシコで反政府の陰謀が摘発 3/18
作家 深田久弥、没 3/21
花菱アチャコとコンビを組んだ漫才師 横山エンタツが脳軟化症のため大阪市住吉区の自宅で没 3/21
赤軍派の資金獲得のため、幹部の坂東国男らが宮城県泉市の相互銀行支店から現金115万円を奪う 3/22
アルゼンチンでクーデターが起こり、ラヌーセ将軍が全権を掌握 3/23
植物学者で日本初の女性博士、お茶の水女子大教授 保井コノ、没 3/24
東パキスタンでパキスタン軍による組織的な住民の殺害が始まる 3/25
シンガポールで政府批判政党の人民戦線が結成 3/25
ベトナム政府軍がラオスから撤退 3/25
第一銀行と日本勧業銀行の合併が発表される(発足は10月1日)3/25
新東京国際空港公団 機動隊3300名に守られ、地下壕撤去作業開始 この日で代執行作業はほぼ終了 3/25
地下ラジオにより東パキスタンの分離とバングラデシュ建国が宣言 3/26
トルコで、第1次エリム超党派内閣が成立 3/26
東パキスタンがパキスタンから独立を宣言 3/26
硫黄島天山において「硫黄島戦没者の碑」竣工並びに追悼式実施(高松宮殿下御臨席) 3/26
福島原子力発電所1号機(出力47万KW)が運転を開始 3/26
東京の多摩ニュータウンで第一次入居開始 3/26
国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第6号)3/26
裁判所職員定員法の一部を改正する法律(昭和46年法律第7号)3/26
在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第8号)3/27
総理府令第10号 使用済燃料の再処理の事業に関する規則 3/27
法務省令第13号 公証人手数料令第25条の横書の証書の様式及び証書の枚数の計算方法を定 める省令 3/27
名古屋で、第31回世界卓球選手権大会が開催される。中国チームがアメリカチームの中国招待を提案 3/28
名古屋で世界卓球選手権大会開幕 3/28
ユーゴのチトー大統領が、共産国元首として初めてローマ法王と会見 3/29
ソンミ村虐殺事件で、カリー中将に終身重労働刑が言い渡される 3/29
青 島幸男、首相は「財界の男めかけ」と批判 3/29
道路運送車両法及び自動車検査登録特別会計法の一部を改正する法律(昭和46年法律第9号)3/29
ソ連共産党大会が開かれ、コスイギン首相が新5ヵ年計画を報告 3/30
産炭地域振興臨時措置法等の一部を改正する法律(昭和46年法律第10号)3/30
地方税法の一部を改正する法律(昭和46年法律第11号)3/30
原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第12号)3/30
国民年金法等の一部を改正する法律(昭和46年法律第13号)3/30
政令第56号 農薬取締法施行令 3/30
ベトナムのソンミ村虐殺事件の軍法会議被告のウィリアム・カリーに終身重労働の刑が課せら れる 3/31
最高裁、青法協の判事再任拒否(司法の反動化) 3/31
踏切道改良促進法の一部を改正する法律(昭和46年法律第14号)3/31
国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第15号)3/31
総理府設置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第16号)3/31
特定電子工業及び特定機械工業振興臨時措置法(昭和46年法律第17号)3/31
所得税法の一部を改正する法律(昭和46年法律第18号)3/31
法人税法の一部を改正する法律(昭和46年法律第19号)3/31
相続税法の一部を改正する法律(昭和46年法律第20号)3/31
入場税法の一部を改正する法律(昭和46年法律第21号)3/31
租税特別措置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第22号)3/31
国立学校設置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第23号)3/31
地方交付税法の一部を改正する法律(昭和46年法律第24号)3/31
引揚者等に対する特別交付金の支給に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第25号)3/31
関税定率法等の一部を改正する法律(昭和46年法律第26号)3/31
交通安全施設等整備事業に関する緊急措置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第27号)3/31
建設省令第 7号 道路構造令施行規則 3/31

建設省住総発51「心身障害者世帯向け公営住宅の建設等について」(知事宛て、厚生省社会局・児童家庭局・援護局・建設省住宅局各長連名通知)=公営住宅の優先入居について、戦傷病者(第一款症以上)が世帯主である場合に限らず、同一世帯に戦傷病者(第一款症以上)がある場合も認められ、又第一種公営住宅にも優先入居の取扱いが認められた 4/1
香港南了島より戦没者の遺骨送還(在香港総領事館委託) 4/1
理学療法士及び作業療法士法の一部を改正する法律(昭和46年法律第28号)4/1
農林漁業金融公庫法の一部を改正する法律(昭和46年法律第29号)4/1
漁業協同組合合併助成法の一部を改正する法律(昭和46年法律第30号)4/1
建設業法の一部を改正する法律(昭和46年法律第31号)4/1
農地所有者等賃貸住宅建設融資利子補給臨時措置法(昭和46年法律第32号)4/1
貸付信託法の一部を改正する法律(昭和46年法律第33号)4/1
預金保険法(昭和46年法律第34号)4/1
政令第111号 預金保険法施行令 4/1
通商産業省令第27号 ガス用品の技術上の基準等に関する省令 4/1
国家公安委員会規則第 3号 高速道路における交通警察の運営に関する規則 4/1
箕面市にミスタードーナツの一号店開始 4/2
「仮面ライダー」放映開始。初代ライダーは藤岡弘 4/3
卸売市場法(昭和46年法律第35号)4/3
国際通貨基金(IMF)が、2月末現在の外貨準備高は西ドイツが1位と発表 4/5
西ドイツが、ドル売りに対抗して為替市場を閉鎖 4/5
チリと東ドイツ、外交関係を樹立 4/5
宮本判事補再任拒否問題で、司法修習生修了式が混乱 4/5
上野動物園が、ゴリラ舎にノイローゼ解消のためのテレビを設置 4/5
近代作曲家 ストラヴィンスキー(Stravinsky,Igor Feodorov)が心臓麻痺のためニューヨークの自宅で没 4/6
中国卓球代表団、米を正式招待(10日、米チーム、北京に到着。ピンポン外交始まる) 4/7
選挙制度審議会設置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第36号)4/5
下水道整備緊急措置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第37号)4/5
中小企業特恵対策臨時措置法(昭和46年法律第38号)4/5
旧執達吏規則に基づく恩給の年額の改定に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第39号)4/6
民事訴訟費用等に関する法律(昭和46年法律第40号)4/6
刑事訴訟費用等に関する法律(昭和46年法律第41号)4/6
民事訴訟費用等に関する法律及び刑事訴訟費用等に関する法律施行法(昭和46年法律第42号)4/6
名古屋で開催された世界卓球選手権大会で、中国がアメリカ・チームを正式招待する(ピンポン外交の始まり)4/7
日本原子力産業会議、原子力船建造の長期見通しを発表。2000年までに280隻に達すると発表 4/8
EC閣僚会議が、西ドイツ・マルクの変動相場制移行を承認4/9
名古屋で中国に招待されたアメリカの卓球チームが北京に到着
国 際開発協会への加盟に伴う措置に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第43号)4/10
中 小企業信用保険法の一部を改正する法律(昭和46年法律第44号)4/10
東パキスタンを軍が完全制圧 4/11
都知事に美濃部亮吉が再選 4/11
大阪府知事選挙で社会党・共産党推薦の黒田了一が現職を破り当選 4/11
統一地方選挙、東京・大阪で革新が勝利、共産党は全国で3倍強 4/12
アメリカが、対中貿易制限などを緩和する(ピンポン外交)4/14
週休二日制広がり大企業で三分の一に導入 4/14
日 本輸出入銀行法による貸付金の利息の特例等に関する法律(昭和46年法律第45号)4/15
道 路法等の一部を改正する法律(昭和46年法律第46号)4/15
天皇・皇后が、広島原爆碑に初めて参拝 4/16
警視庁が赤軍・京浜安保共闘・共産同RGの統一を確認 4/16
昭和天皇・香淳皇后、広島原爆慰霊碑に初めて参拝 4/16
塩 業の整備及び近代化の促進に関する臨時措置法(昭和46年法律第47号)4/16
アラブ連合、シリア、リビアの首脳が「アラブ共和国連邦」の結成協定に調印 4/17
東パキスタンでアワミ連盟が臨時政府を樹立し、バングラデシュ人民共和国の独立を宣言 4/17
カニ漁規制など日ソ漁業交渉に全国抗議大会 4/17
韓国で、在日の徐兄弟がスパイ容疑で逮捕 4/20
アメリカ最高裁が、人種統合のためのバス通学に合憲の判決 4/20
ブルガリアで共産党第10回党大会が開かれ、新綱領が採択 4/20
銃 砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律(昭和46年法律第48号)4/20
特 殊土じよう地帯災害防除及び振興臨時措置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第49号)4/20
ハイチの政治家 デュヴァリエ(Duvalier,Francois)没 4/21
田子ノ浦港のヘドロ、富士川への投棄作業始まる。 4/21
ワシントンのベトナム反戦集会に20万人が参加 4/23
千鳥ヶ淵戦没者墓苑拝礼式(常陸宮殿下・同妃殿下御臨席) 4/24
ワシントンで20万人がベトナム反戦集会 4/25
「ニューヨーク・タイムズ紙、日本への核持ち込みを許す日米秘密協定を暴露 4/25
ソ連の3人乗り宇宙船「ソユーズ10号」と無人軌道科学ステーション「サリュート」の ドッキング実験が成功 4/25
沖縄米軍基地の毒ガス移転作業が問題化したおりから、毒ガス禁止市民集会が東京で開催される 4/25
テニスのデビスカップ杯で日本が50年ぶり豪を破る 4/26

国 有農地等の売払いに関する特別措置法(昭和46年法律第50号)4/26
昭和45年の国勢調査の結果、総人口1億372万60人で、沖縄の94万111人を加えると総数は1億466万5171人となる 4/27
政治家 西村栄一没 4/27
防衛庁、第四次防衛力整備計画原案を発表 4/27
沖縄デー、返還協定に反対する26大学がスト、警戒に機動隊員9500人を動員。外苑前で全共闘派学生と激突 4/28
広島県呉市で山火事が発生し、消防士ら18人が死亡 4/28
朴 大統領が金大中に辛勝し三選 4/28
三菱化成黒崎工場が、がんの集団発生を13年間隠匿していたことが判明 4/29
戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律(法51)公布=障害年金・遺族年金等の増額、拡大公務に係る障害年金を第五款症まで拡大、大東亜戦争中の勤務関連発病の軍属・準軍属等に対し、特例障害金又は特例遺族年金等の支給、日華事変中の内地発病の軍人等の遺族に特例遺族年金の支給、遺族年金等の支給の特例(戦地であった地域における大赦令非該当行為に関連しない死亡等)措置。同法により留守援法改正→留守家族手当等の増額。同法により特援法改正→大東亜戦争中の内地発病の軍属軍属等を戦傷病者として処遇、療養手当の増額等。同法により戦没妻特給法、戦傷妻特給法及び戦没父母特給法改正→それぞれ支給範囲を拡大 4/30
戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律(昭和46年法律第51号)4/30

運 輸省設置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第52号)5/1
原 子力損害の賠償に関する法律及び原子力損害賠償補償契約に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第53号)5/1
日 本原子力船開発事業団法の一部を改正する法律(昭和46年法律第54号)5/1
大蔵省令第28号 預金保険法施行規則 5/1
東ドイツの第1書記にホーネッカーが就任 5/3
ワシントンでの第2次ベトナム反戦デモで、1万2600人が逮捕 5/3
全米でベトナム即時停戦要求デモ 5/3
沖 縄における免許試験及び免許資格の特例に関する暫定措置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第55号)5/4
西ドイツで、マルク投機をめざす短期資本の流入と物価の異常な高騰を理由に、外国為替市場が閉鎖 5/5
西ドイツが変動相場制に移行 5/6
アルバニアがギリシアと国交を樹立 5/6
文 化功労者年金法の一部を改正する法律(昭和46年法律第56号)5/6
港 湾整備緊急措置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第57号)5/6
政令第146号 公害防止事業費事業者負担法施行令 5/8
西独変動為替相場制移行 5/10
建 設省設置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第58号)5/10
旅 行あつ旋業法の一部を改正する法律(昭和46年法律第59号)5/10
地域婦人連合会、会員販売だった100 円化粧品「ちふれ」の一般販売を開始 5/10
米クライスラー社が三菱自工に資本参加契約 5/12
アラブ連合のサダト大統領が、クーデター計画があったとして親ソ派の政治家約100人を投 獄 5/14
名古屋地裁が、津市の市立体育館の公費による神式地鎮祭を違憲と判断 5/14
連続婦女暴行殺人事件の犯人大久保清(36)が逮捕 5/14
優勝32回の第48代横綱大鵬が引退 5/14
橘バレエ学校を創設 橘秋子、没 5/14
エジプトのサダト大統領が政権内から左派を追放 5/15
福岡空港が米軍から全面返還 5/15
ゴザ市で、米兵と住民が反戦交流集会を開催 5/16
連続女性誘拐殺人事の大久保清逮捕 5/16
大宅壮一の蔵書18万冊を母体とする雑誌図書館、大宅文庫が開館 5/17
東京に雑誌の図書館「大宅(壮一)文庫」開始 5/17
海 洋水産資源開発促進法(昭和46年法律第60号)5/17
漁 港法の一部を改正する法律(昭和46年法律第61号)5/17
水 産業協同組合法の一部を改正する法律(昭和46年法律第62号)5/17
ブルガリアで新憲法が発布され、国家評議会が新設 5/18
空前の交通スト 5/18.20.21
全沖縄軍労ら54単組が、沖縄返還協定反対で初の24時間ゼネストを行う 5/19
海 洋科学技術センター法(昭和46年法律第63号)5/18
アメリカとソ連が、SALTでABM制限を年内交渉することで合意 5/20
視 能訓練士法(昭和46年法律第64号)5/20
総理府令第28号 昭和45年国富調査のための個人企業資産調査規則 抄 5/20
国家公安委員会規則第 5号 猟銃の口径の長さの特例に関する規則 5/20
国家公安委員会規則第 6号 銃砲刀剣類所持等取締法第4条第1項第4号に規定する政令で定める者が行なう推薦の数を定める規則 5/20
コ ンテナーに関する通関条約及び国際道路運送手帳による担保の下で行なう貨物の国際運送に関する通関条約(TIR条約)の実施に伴う関税法等の 特例に関する法律(昭和46年法律第65号)5/22
労働省令第14号 勤労青少年福祉推進者に関する省令 5/22
婦人解放運動 平塚らいてう没 5/24
公 衆電気通信法の一部を改正する法律(昭和46年法律第66号)5/24
チェコスロヴァキア共産党第14回大会でフサーク第1書記が「危機は終わった」と演説 5/25
韓国総選挙で、野党新民党が89議席を確保 5/25
ソ連のボドゴルヌイ最高幹部会議長がカイロを訪問 5/25
女性誌「non・no(集英社)創刊 5/25
労働組合法の一部を改正する法律(昭和46年法律第67号)5/25
中高年齢者等の雇用の促進に関する特別措置法(昭和46年法律第68号)5/25
高等学校の定時制教育及び通信教育振興法の一部を改正する法律(昭和46年法律第69号)5/25
俳優 左卜全、没 5/26
公害の防止に関する事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律(昭和46年法律第70号)5/26
オーストリアと中華人民共和国、外交関係を樹立 5/26
児童手当法が公布 5/27
ソ連・アラブ連合が期限15年の友好協力条約に調印 5/27
文部省設置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第71号)5/27
厚生年金保険法等の一部を改正する法律(昭和46年法律第72号)5/27
児童手当法(昭和46年法律第73号)5/27
厚生保険特別会計法の一部を改正する法律(昭和46年法律第74号)5/27
食糧管理特別会計法の一部を改正する法律(昭和46年法律第75号)5/27
郵便法の一部を改正する法律(昭和46年法律第76号)5/27
スモン患者、国、製薬会社に慰謝料提訴 5/28
国立及び公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法(昭和46年法律第77号)5/28
沖縄地域における産業の振興開発等のための琉球政府に対する資金の貸付けに関する特別措置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第78号)5/28
農業災害補償法及び農業共済基金法の一部を改正する法律(昭和46年法律第79号)5/28
郵便貯金法の一部を改正する法律(昭和46年法律第80号)5/28
恩給法等の一部を改正する法律(法81)公布=大東亜戦争中の勤務関連発病の旧軍人・準軍人に対して昭和42法律第一号により一時金(10万円)が支給されたが、これとの均衡上、一時金受給者に対し内閣総理大臣から銀杯が贈られることとなった 5/29
恩給法等の一部を改正する法律(昭和46年法律第81号)5/29
昭和四十二年度以後における国家公務員共済組合等からの年金の額の改定に関する法律等の一部を改正する法律(昭和46年法律第82号)5/29
昭和四十二年度以後における地方公務員等共済組合法の年金の額の改定等に関する法律等の一部を改正する法律(昭和46年法律第83号)5/29
昭和四十四年度及び昭和四十五年度における私立学校教職員共済組合法の規定による年金の額の改定に関する法律等の一部を改正する法律(昭和46年法律第84号)5/29
昭 和四十四年度及び昭和四十五年度における農林漁業団体職員共済組合法の規定による年金の額の改定に関する法律等の一部を改正する法律(昭和46年法律第85号)5/29
昭 和四十二年度以後における公共企業体職員等共済組合法に規定する共済組合が支給する年金の額の改定に関する法律等の一部を改正する法律(昭和46年法律第86号)5/29
簡 易生命保険法の一部を改正する法律(昭和46年法律第87号)5/29
オルガン奏者で作曲家 デュプレ(Dupre,Marcel)没 5/30
パリで、キッシンジャー補佐官と北ベトナム代表が秘密会議を行う 5/31
環 境庁設置法(昭和46年法律第88号)5/31
自動車重量税法(昭和46年法律第89号)5/31
自動車重量譲与税法(昭和46年法律第90号)5/31
毎日新聞連載の横山隆一作「フクちゃん」が終了 5/31

ブラジル経済海域200カイリ法令が発効 6/1
ケニアが、イギリス系2銀行の合併とケニア政府による50%の株式を取得を発表 6/1
ルーマニアのチャウシェスク党書記長が訪中する。米中接近の橋渡しをすることになる 6/1
勤労者財形促進法公布。6/1
悪臭防止法(昭和46年法律第91号)6/1
勤労者財産形成促進法(昭和46年法律第92号)6/1
財形貯蓄制度を新設
外航船舶建造融資利子補給臨時措置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第93号)6/1
日本万国博覧会記念協会法(昭和46年法律第94号)6/1
船舶職員法の一部を改正する法律(昭和46年法律第95号)6/1
許可、認可等の整理に関する法律(昭和46年法律第96号)6/1
消防法の一部を改正する法律(昭和46年法律第97号)6/1
国民年金の老齢年金(10年年金)の支給開始 6/2
道路交通法の一部を改正する法律(昭和46年法律第98号)6/2
スイスの数学者 ホップ(Hopf,Heinz)没 6/3
民法の一部を改正する法律(昭和46年法律第99号)6/3
民事訴訟法等の一部を改正する法律(昭和46年法律第100号)6/3
行政書士法の一部を改正する法律(昭和46年法律第101号)6/4
後 進地域の開発に関する公共事業に係る国の負担割合の特例に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第102号)6/4
東京、新宿に超高層の京王プラザホテル開業 6/5
画 像wikipedia
国税庁、ネズミ講の第一相互経済研究所(会長・内村健一)を脱税容疑で強制調査 6/5
参考 wikipedia 家畜伝染病予防法の一部を改正する法律(昭和46年法律第103号)6/5
農林省令第38号 牛乳乳製品統計調査規則 6/5
農林省令第40号 作物統計調査規則 6/5
アサヒビール、初のアルミ缶ビールを発売 6/5
ソ連が3人乗り宇宙船「ソユーズ11号」を打ち上げ 6/6
豪雪地帯対策特別措置法の一部を改正する法律(昭和46年法律第104号)6/7
野菜生産出荷安定法の一部を改正する法律(昭和46年法律第105号)6/7
採石法の一部を改正する法律(昭和46年法律第106号)6/7
特定工場における公害防止組織の整備に関する法律(昭和46年法律第107号)6/10
国有林野の活用に関する法律(昭和46年法律第108号)6/10
下 級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の一部を改正する法律(昭和46年法律第109号)6/10
フランスで社会党統一大会 6/11
アメリカで、アルカトラス島を占拠していたインディアンが排除 6/11
リビアが中国を承認する。中国承認63、台湾承認が62となる 6/11
中教審が第3次教育改革案を文相に答申 6/11
リビアの単一政党が、アラブ社会主義連合を結成 6/12
「ニューヨーク・タイムズ」紙、国防総省のベトナム戦争秘密報告書を入手し連載開始 6/13
三菱重工初代会長 斯波孝四郎、没 6/13
「みかんの花咲く丘」など数多くの童謡を作曲した 海沼実が、心筋梗塞のため東京の病院で没 6/13
イタリア地方選挙で、ナオ・ファシスト党の「イタリア社会運動」が躍進 6/14
ノルウェー、北海で石油採掘を開始 6/14
ベルリンで東ドイツ大会が開かれ、ホーネッカーが集団指導制を打ち出す 6/15
生化学者 スタンリー(Stanley,Wendell Meredith)没 6/15
静岡県清水港周辺で数十万匹の魚が大量死 6/15
部落解放同盟が中央選管に参院全国区選挙広報の差別用語の是正を申し入れる。東京、大阪、京都など26都道府県で刷り直されることになる 6/15
電力王、実業家 松永安左衛門没 6/16
宅 地建物取引業法の一部を改正する法律(昭和46年法律第110号)6/16
積 立式宅地建物販売業法(昭和46年法律第111号)6/16
イラン総選挙が行われ、与党の新イラン党が圧勝 6/17
琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定調印 6/17
沖縄返還調停調印式、各地で反対闘争、中核派が手製爆弾 6/17
沖縄返還協定が締結される。沖縄の屋良主席は欠席
政令第188号 水質汚濁防止法施行令 6/17
ビルマ社会主義計画党の第1回大会が開かれ、民主集中制が採用 6/18
化学者。ビタミンEの研究でノーベル化学賞を受賞 カラー(Karrer,Paul)没 6/19
総理府・通商産業省令第 2号 水質汚濁防止法施行規則 6/19
那珂湊市市長、薄井与兵衛が右翼ガードマンを採用して組合を弾圧、一般市民の反発を買い、リコール投票が成立 6/20
日本繊維産業連盟が、対米繊維輸出自主規制の実施要綱を決定する(7月1日実施)6/21
農 村地域工業導入促進法(昭和46年法律第112号)6/21
総理府令第33号 恩給法等の一部を改正する法律附則第13条の規定により給すべき特例傷病 恩給の請求手続に関する省令 6/21
総理府令第35号 排水基準を定める省令 6/21
アメリカ上院が、9ヵ月以内のベトナム撤退案を可決 6/22
政令第201号 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律施行令 6/22
総理府令第36号 昭和45年国富調査のための法人資産調査規則 抄 6/22
「旧金鵄勲章叙賜一時金受給者に対する措置について」(閣議口頭了解)=旧金鵄勲章年金受給者対して昭和42法律第一号により一時金(10万円)が支給されたが、これとの均衡上、一時賜金受給者に対し内閣総理大臣から銀杯が贈られることとなった 6/22
厚生省・通商産業省令第 1号 大気汚染防止法施行規則 6/22
厚生省・農林省・通商産業省・運輸省・建設省令第 1号 騒音規制法施行規則 6/22
イギリス、アイルランドなどのEC加盟が合意 6/23
アフリカ統一機構(OAU)首脳会議で、南アフリカとの話し合い拒否が決議 6/23
共産党の宮本委員長が、「プロレタリアート独裁」の用語を改め「プロレタリアート・ディクタツーラ」を使用すると発表 6/23
厚生省令第20号 戦傷病者戦没者遺族等援護法等の一部を改正する法律附則第8条第2項の規 定による届出に関する省令 6/25
参議院議員選挙、タレント議員続出 6/27
朝鮮出身軍人軍属等の遺骨を裕天寺に預託 6/29
イタイイタイ病裁判、原告が勝訴 6/30

総理府・厚生省令第 1号 交通公害に係る大気の汚染、騒音及び振動を定める命令 7/1
総理府・厚生省令第 2号 大気汚染防止法第21条第1項の規定に基づく自動車排出ガスによる大気の汚染の限度を定める省令 6/23
運輸省令第37号 騒音規制法第2条第4項の自動車を定める省令 6/23
運輸省令第38号 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律施行規則 6/23
東京都中野区議会が、区長候補者を住民投票で決める初の区長準公選制を可決 6/24
政令第204号 農用地の土壌の汚染防止等に関する法律施行令 6/24
政令第205号 海洋水産資源開発促進法施行令 6/24
農林省令第47号 農用地土壌汚染対策地域の指定要件に係るカドミウムの量の検定の方法を定 める省令 6/24
農林省令第48号 海洋水産資源開発促進法施行規則 6/24
第9回参議院議員選挙が行われ、自民63、社会39、公明10、民社6、無所属2が当選する。田英夫がトップ当選し、市川房枝が落選 6/27
ユーゴで憲法が改正 6/30
世界初の有人宇宙ステーション「サリュート4号」から宇宙船「ソユーズ11号」で帰還中の ソ連のドブロボルスキー船長、ウォルコフ、バツェエフの3飛行士がソ連領内での軟着陸に成功したが、座席に座ったまま絶命しているのが確認さ れる。大気圏再突入の際の密閉装置の故障が原因 6/30
アメリカ憲法修正第26条が成立し、選挙権資格年齢が18歳となる 6/30
富山地裁がイタイイタイ病慰謝料請求訴訟で、カドミウムが原因と認定し、三井金属鉱業に慰謝料支払を命令 6/30
グレープフルーツなどの輸入自由化実施 6/30
神戸市と明石市(市外局番078地域)で電話番号9桁地域を10桁化 6/30
富山地裁、イタイイタイ病第一次訴訟で、カドミウムを発病の主因とし原告側勝訴の判決 6/30
政令第221号 卸売市場法施行令 6/30
農林省令第52号 卸売市場法施行規則 6/30


前年度のページ       top      次年度のページ

昭和46年 生活関連

ウイスキー輸入自由化 1/1
アサヒビール、初のアルミ缶ビールを発売 6/5
カラーテレビ値下げ
グレープフルーツ等輸入自由化
財形貯蓄制度発足

昭和46年 流行語

脱○○/がんばらなくっちゃ/フィーリング/ドルショック/○○もあるでよう/ディスカバージャパン/アンノン族/古いやつ だとお思いでしょうが

昭和46年 こんなものが発売

日本マクドナルド1号店 7/20
カップヌードル発売 9月
地域婦人連合会、会員販売だった100円化粧品「ちふれ」の一般販売を開始
アサヒビール、初のアルミ缶ビール

前年度のページ       top      次年度のページ

日本国有鉄道史

年代別

blackcat写真館

blackcat写真館

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatのアメーバーブログです。随時更新

blackcatブログ

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの元祖gooブログです。内容はかなり硬派です。随時更新

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの思索帳

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳Hatena blogです。主に労働運動を中心に社会学的視点から検討するblog、6日に1回の更新を目標としています。

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話Yahoo blogです。鉄道とは一切関係なし、少しみんなが元気になってくれればと毎日更新にチャレンジ中

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話