昭和49年後半 鉄道ニュース

新宿・渋谷など国電五駅で禁煙タイム実施 午前8時〜9時の1時間 7/1
〈とき〉減速闘争中止 7/1
〈とき〉減速闘争中止 7/1 動労は昨冬〈とき〉の車両故障が続発したため安全運行体制の確立を要求し、春闘中の3月6日から最高時速120km/hを95km/hとする減速運転を続けてきたが、当局側が予備車をふやし車両検査係員を添乗させることなどを約束、老朽車両の改修も終えたとして闘争を中止。
〈とき〉減速闘争中止 7/1
動労は昨冬〈とき〉の車両故障が続発したため安全運行体制の確立を要求し、春闘中の3月6日から最高時速120km/hを95km/hとする減速運転を続けてきたが、当局側が予備車をふやし車両検査係員を添乗させることなどを約束、老朽車両の改修も終えたとして闘争を中止。
東北本線 貨物支線 宮城野駅〜仙台市場駅間廃止 7/1
城端線 福光〜城端間の貨物営業を廃止 7/1
東武鉄道伊勢崎線北千住〜竹ノ塚間複々線化完成(関東私鉄で初めて)7/2
大阪市港区八幡屋交通公園に「大阪市市電保存館」開業 7/2
静岡鉄道清水市内線 港橋〜横砂間4.6kmが集中豪雨で不通(75/3/13廃止許可) 7/7
北陸鉄道浅野川線 灘〜粟ヶ崎海岸間 1.3km この日限りで廃止 7/8
私鉄値上げきまる 7/11
運輸審議会は私鉄太手14社の運賃値上げをほぼ申請どおり認めた。平均値上げ率は普通運
賃26。9%。通勤定期45.3%。通学定期26.2%。上け幅が大きい区間は今年末まで、現行の%増までにおさえる、暫定運賃を採用した。前回の値上げは45年10月
青函連絡船、連絡船空襲による「20年戦没船員祥月法要」函館山慰霊碑前で挙行 7/14
第三宇高丸廃止、高松港内に係船 7/15
中央・四国両新幹線の調査を指示 7/16
徳永運輸相は昨年11月に基本計画のきまった線のうち中央新幹線(東京〜
名吉屋〜犬阪)の〜部を国鉄、四国新幹線(大阪〜松山〜大分)の一部を鉄建公団に対し、地形・地質の調査を指示した
国鉄湖西線 山科〜近江塩津間が開業 7/20
湖西線(山科〜近江塩津間 74.1km)開業(公団建設 7/20
かねてから鉄建公団が工事中であった湖西線74.1kmが開業、複線高架、直流1500V電化、交直セクションは近江塩津駅手前に設けられた。
 この改正では特急の運転は見送られ、線内普通電車及び快速、新快速電車のみ運転された。
 交直セクションを通過する近江塩津方面には、近江今津〜敦賀間に3往復気動車が運転された
新快速電車は京都〜近江今津間延長。
関西線奈良〜天王寺〜大阪間快速電車を毎日運転とする。
宇高航路に讃岐丸(3,088トン)就航 7/20
私鉄値上げ実施 7/20
小田急電鉄 旅客運賃改定。小田原線・江ノ島線は、初乗旅客運賃、大人40円、小児20円
近鉄京都線【駅廃止】木津川 7/20
近鉄南大阪線【駅廃止】応神御陵前 藤井寺〜土師ノ里間 、誉田八幡 道明寺〜古市間 7/20
在来線にも騒音規制の動き 7/23
横浜市公害対策審議会は鉄道公害防止対策を承認。近く飛鳥田市長に建議する。
新幹線はもとより一般鉄道も騒昔は70ホン以下、振動は毎秒0。5ミリ以下とし、5年で達成せよとの主旨
東武伊勢崎線【新駅開業】新越谷 7/23
近鉄八王子線 日永〜伊勢八王子間が集中豪雨で不通(76/3/31まで休止、ただし西日野〜伊勢八王子間は廃止) 7/24
三岐鉄道 直営ガソリンスタンド「あかつき給油所」開業 7/24
連絡船旅客名簿様式が改正、単片制となる 7/25
白糠線【仮乗降場新設】共栄 7/25
近鉄北勢線 藤川橋梁の橋脚1基が増水のため傾斜。七和〜上笠田間において30日間バス代行輸送を行う 7/25
京阪電気鉄道 びわこローズタウンの第一期分譲を開始 7/26
国・動労が‘順法闘争’ 7/27
新幹線博多開業後の運転乗務員の乗組み基準などをめぐる闘争・28日夜に解決、
30日からのストは回避されたが、28・29両日は新幹線の運休続出。

博多開業乗務員乗り組み基準
都営地下鉄 新橋駅で駅冷房化開始(営団は1971年夏の銀座駅が最初) 7/28
青函連絡船、非現業時短、4週2日の土曜日が特非となる 7/29
東北本線 (貨)盛岡貨物ターミナル駅開業 7/

小樽〜釧路間の普通夜行423・424列車を「からまつ」、紀勢線経由名古屋〜天王寺間の普通夜行921・924列車を「南紀」と命名(寝台券発売をコンビューター処理するための借置) 8/1
名古屋市立科学館に市電1401・3003を保存展示 8/3
名古屋市立科学館に市電1401名古屋市立科学館に市電3003
市電1401市電3003
画像 wikipedia
京阪電気鉄道 びわこローズタウンの第一期分譲を開始(向陽地区50区画)8/3
青函連絡船、下り旅客、18、374名、記録更新
青函連絡船にVTR(ビデオコーダ)設置 8/6
東武鉄道東上本線【新駅開業】朝霞台 8/6
国鉄関連事業として、新宿駅南口に駅ビル着工 8/7
川崎重工加古川車両工場で新交通システム「KCV」試運転 8/7
新幹線故障に大臣警告 8/8
7月中旬から8月上旬にかけ新幹線の故障が続発、徳永運輸相は藤井国鉄総裁らを呼ぴ、保安・検査の徹底を図るよう警告、安全対策の報告を求めた
旧盆の帰省客のため東京・上野・新宿駅に指定券の「キャンセル待ちコーナー」を設置(11日まで)8/9
近畿日本鉄道【複線化】伊勢石橋〜高野信号所間8/9
京成が京成千葉(現・千葉中央)駅に自動改礼機を導入 8/10
国鉄の監査報告書。決算発表 8/11
国鉄監査委員会は73年度監査報告書を徳永運輪相に提出。ますます財政状態が悪化したので新財政再建計画を見なおし、運賃料金制度に弾カ性を持たせよと主張。
国会の議決を必要とする現行制度に、あらためて疑問を投げかけたもの.73年度の黒字線は新幹線・山手線・高崎線の3線だけ
日経調のローカル線提言 8/12
財界の調査機関である日本経済調査協議会の進藤委員会(故進藤孝二委員長)は「交通輸送の再編整備」について調査報告書を発表、国鉄ローカル線を地方自治体に譲るよう力説した。国の補助金を愛け、積極経営を行なえというもの
京福電気鉄道越前本線 勝山〜京福大野間が廃止 8.6kmこの日限りで廃止 8/12

新幹線公害反対全国連絡協議会、全国大会開催。環境庁・国鉄と交渉 8/14
新幹線沿線はじめ岩手。福岡県など10都府県13団体の代表270人は、東京の全国町村会館で「新幹線公書全国大会」を開き、騒音。震動をなくせと国鉄・運輸省・環境庁に要望書を提出
名吉屋市交通局協力会モノレール動物園〜植物園間 0.45km休止(同年12/18に廃止許可) 8/14
私鉄総連のまとめで全国31社で賃金の遅配・欠配。運賃値上げで乗客減少・経費増大が原因 8/17
国鉄、7月22日〜8月18日までの国鉄利用の旅行者は3800万人と発表 8/18
札幌市営地下鉄南北線6両編成化完了 8/18
中央本線 十二兼〜中津川間CTC化 8/20
昭和48年度国鉄監査報告書、運輸相に提出 8/21
京成AE特急車にプルーリボン賞 8/22
鉄道友の会はブルーリポン賞に京成AE車〈スカィラィナー〉を選ぴ、授賞式を行なった。
ローレル賞は西鉄2000系と、私鉄が独占
ちなみに,京成がブルーリボン受賞は初めて
運輸省、福岡市地下鉄に免許 8/22
去る2月に同市が申請した1号線(姪浜西新〜天神〜中洲川端〜博多駅)9.7キロと2号線(中洲川端〜貝塚公園)5.0kmの計14.7kmで、54年4月開業の予定。なお、同市は高速鉄道建設局を新設したが、これは同市初の交通事業部門である
新幹線博多開業の概要決まる 8/23
最も速い〈ひかり〉は名吉屋。京都・新人阪・岡山・広島・小倉停車で、東京〜博多間6時問56分。北九州廃坑地帯の徐行による暫定ダィヤで、1年以内に6時間40分をめざす予定
新幹線博多開業(基本)発表 8/24
50年3月3日に予定される同開業に備え、上下あわせて「ひかり」120本(うち直通45本)「こだま」138本の計258本、最高6時間56分、運転ダイヤを発表。
新幹線総合車両所では、CTCパネルを東京〜博多に変更したものに取替作業を実施 8/24
車付トランクの普及で「赤帽」の離職者が増え、東京駅では10年間に20人が離職、と新聞に
注:赤帽 荷物運搬人(ポーター)のこと、欧米に倣い導入された、赤い帽子をかぶっていたことから、「赤帽」と親しまれていた。大駅には、何人かの赤帽が待機しており、当時の時刻表などでも、「赤帽」のいる駅と言う表示が見られたものである。今は見れないもう一つの鉄道の風景である。
新幹線岡山〜福山間に軌道高速試験車来春開業区間で初のテスト 8/26
新幹線の全般検査5000両達成 8/26
国鉄昭和49年度第1次債務負担行為分による車両発注 8/26
国鉄常務会で、総額349億円に上る新製車両計画を決定
東京急行電鉄とうきゅう環境浄化財団を設立 8/28
運輸審議会、都営地下鉄12号線(大江戸線)(高松町〜西新宿〜浜松町〜両国〜上野〜西新宿37.6km)免許認可 8/29
都営地下鉄大江戸線 西新宿〜高松町間の鉄道事業免許を取得 8/
(桃花台新交通桃花台線) 愛知県庁企画部交通対策室に、桃花台線を担当する部署が設置) 愛知県は「桃花台線(仮称)建設計画会議」を設置 8/ 貨物営業廃止 9/1
東海道本線 沼津〜沼津港間3.0km、(明治以来,通称‘沼津港線’俗称‘蛇松線’と親しまれた。漆生線下鴨生〜漆生間3.6kmも廃止
【駅廃止】(貨)沼津港
台風16号により各地でダイヤ混乱 9/1
四国から日本海に抜けた同台風により、中国・四国・九州地区で遅延が続出したほか、首都圏でも奥多摩に500ミリという大豪雨のため、中央線豊田〜八王子間の浅川橋りょうが流失したほか、青梅線・八高線も被害
漆生線【貨物営業廃止】下鴨生〜漆生(-3.6km) 9/1
営団地下鉄「マナー・キャンペーン」のポスター掲示開始 9/1
鹿児島市電上町線【停留所名改称】大学病院前→私学校跡 9/1
京阪電気鉄道 京阪本線 寝屋川市駅 〜 香里園駅間で都市計画道路「池田 〜 秦線」との立体交差化竣工 (800m) 9/1
新幹線岡山〜福山間で16両編成営業用列車試運転 9/2
複線化 羽越本線藤島〜西袋間 9/2
新幹線事故多発対策報告 9/3
徳永運輸相から8月8日「事故防止の応急処置・恒久対策を報告せよ」との異例の警告を受けた国鉄は「車両・施設・電気関係について点検した結果、経年変化によるとみられる問題点もあり、車両の部品、架線などの取替えを急ぐ一方、事故復旧手引書の改正なども行なった」と報告
横浜新貨物線反対同盟連合協議会の約500人、鶴見〜戸塚間の未着工区間の測量を阻止 9/3
羽越本線 【複線化】藤島〜西袋 9/3
新幹線の「ひかり」号一足お先に食堂開業 9/5
〈ひかり〉に食堂車〈ひかり〉全編成の8号車で営業開始。カレー500円が話題
運輸審議会、名古屋市交通協カ会モノレール運輸営業休止認可答申 9/5
同モノレール(懸垂式)動物園〜植物園間0.45kmは39年2月8日開業したが、経営の悪化により、49年8月14日から同12月31日まで営業休止。
新幹線福山〜広島間に軌道高速試験車走る 9/6
西武山口線(現在廃止)の腕木式信号機とタプレット閉塞この日限りで廃止 9/8
東芝の新交通システム「ベルチカ」試運転 9/12
東芝府中工場の実験線で公開試運転が行なわれた
新斡線は全面運休で原因解明 9/13
始発から16時すぎまで東京〜名古屋間の全列車運休、名古屋以西は臨時間引きダイヤで、事故原因追及の現地調査・品川信号機器室の誤配線による異常誘導電流がATCを乱したと発表。国鉄は改良を約束したが、新幹線の安全に対する不信が強まった
始発から16時すぎまで東京〜名古屋間の全列車運休、名古屋以西は臨時間引きダイヤで、事故原因追及の現地調査・品川信号機器室の誤配線による異常誘導電流がATCを乱したと発表。国鉄は改良を約束したが、新幹線の安全に対する不信が強まった。
なにわの食い道楽氏画像提供
国労,当局に対しインフレ阻止のため運賃値上げ再凍結を要求 9/13
西鉄2000系特急電車のローレル賞受賞式 9/14
山手線電車にシルバーシート設置 9/15
老人と身障者の優先席として、48年9月15日から中央線で始めた同試みは、好評により山手線にも登場した
田沢湖線の電化決定 9/17
国鉄は田沢湖線、盛岡〜大曲間(75.6km)を東北新幹線・東京〜盛岡間開業に合わせ電化すると理事会で決定
全交運、国鉄運賃値上げ2年間凍結を運輸大臣に申し入れ 9/18
近鉄四日市駅高架化完成。名古屋・難波〜湯の山温泉間の直通特急が復活 9/20
上越新幹線建設工事で地下水枯渇 9/21
上越トンネル建設現場近くの、群馬県伊香保郡吉田・小野土・子持村他の簡易水道などに使っている水源・や井戸水が枯渇、公団に迷惑料を請求
運審、静岡鉄道清水市内線の運輸事業休止認可答申 9/24
同線港橋〜枝砂問4.6kmは7月7日の台風8号による集中豪雨のため、軌道・車両とも大損害を受けて全線運転不能となり、バス輸送を行なっていた。期間は50年3月31日までだが、年度内には廃止申請の見込み
山陽本線 福山駅2重高架橋完成 9/24
昨年8月の在来線上り高架化につぎ、下り線高架化が完成したため、新幹線3階、在来線2階という2重高架橋が完成した
山陽本線 【高架化】福山駅付近 9/24
新幹線3階、在来線2階という2重高架橋が完成
新幹線岡山〜博多間のレール締結 9/25
博多駅構内で同区間398キロの最後のレール締結式が、藤井総裁らの出席のもとに行なわれた。これで東京〜博多間1.069kmがつながった
羽越本線 【複線化】羽前水沢〜羽前大山 9/25
運審、近鉄八王子線の営業休止認可答申 9/26
同線日永〜八王子間(762ミリ軌間、2.9km)は、7月24日夜半からの集中豪雨により、併行する天白川が決壊、各所で線路が分断して運転不能となり、バス代替輸送を行なっているが、河川改修工事が完成する50年3月31日まで休止する
身延線【複線化】竪堀〜入山瀬間、富士〜富士宮間の複線化完成 9/27
宇和島線 CTC化 9/
運賃改訂(旅客23.2%,貨物24.1%値上げ 10/1
同時に営団・都営地下鉄も平均27%の運賃値上げを実施
新幹線開業10周年の記念行事施行 10/1
国鉄、札幌ターミナルビル建設を決定 10/1
札幌駅南口東側の国鉄用地9、100uに、地上10階地下2階延べ63、000uの同ビルを建設し、バスターミナルおよび百貨店とする。52年春完成予定
武蔵野線 【操車場新設】武蔵野 10/1
当時最新鋭のコンピューターシステムを備えたハンプヤード式の操車場であった
同時に、武蔵野機関区、武蔵野貨車区が開設
当日は午前10時から開業式が行われた。
この操車場は、将来田端、新小岩、土浦の各ヤードを統合、首都圏管内のうち特に総武、常磐地区の貨車配送地域となるほか、東海道と各幹線の地域間急行列車に対する中継基地としての役割を果たすことが期待されていた。
特筆すべきは、冒頭に記したコンピュータ化による自動化を大幅に進めたことで、構内掛の死傷事故減少などが期待されたが、昭和59年の貨物ヤード輸送廃止のあおりを受けたため、実質的には10年にも満たないまま、放置されることとなった
和歌山線 田井ノ瀬〜紀和間4.5km【旅客営業廃止】10/1
ローカル線で貨物営業廃止相次ぐ 10/1
大湊線【貨物営業廃止】下北〜大湊 10/1
魚沼線【貨物営業廃止】来迎寺〜片貝(3.7km) 10/1
木原線【貨物営業廃止】 10/1
久留里線【貨物営業廃止】 久留里〜上総亀山(〜9.6km) 10/1
横須賀線【貨物営業廃止】横須賀〜久里浜間 10/1
樽見線【貨物営業廃止】美濃本巣〜美濃神海(〜7.7km) 10/1
越美南線【貨物営業廃止】 10/1
梅田貨物線 区間統合。吹田〜梅田〜福島(8.5km) 10/1
神戸臨港線 六甲道〜神戸港間の旅客営業廃止 10/1
六甲道〜神戸港間及び神戸港〜湊川間を区間統合し表示を六甲道〜湊川間に変更
鍛冶屋線【貨物営業廃止】 10/1
北条線【貨物営業廃止】 10/1
三木線【貨物営業廃止】 10/1
若桜線【貨物営業廃止】 10/1
倉吉線【貨物営業廃止】西倉吉〜関金(8.4km)10/1 大社線【貨物営業廃止】 10/1
岩徳線【貨物営業廃止】 10/1
岩日線【貨物営業廃止】川西〜河山間 10/1
宇和島線【貨物営業廃止】 10/1
香月線【貨物営業廃止】全線(-3.5km)
湯前線【貨物営業廃止】多良木〜湯前 10/1
矢部線【貨物営業廃止】筑後福島〜黒木(-12.9km) 10/1
運賃改正 
  1. 青函間運賃500円が600円に変更
  2. 連絡船グリーン自由400円、指定500円に変更
  3. 寝台料金上段1000円、下段1100円が共に1100円に変更
  4. 自動車航送料金 3メートルまで4200円が5100円、4メートルまでが5800円が6800円、5メートルまで7000円が9400円、5メートル〜5.6メートル、8700円が13000円に変更
荷物・貨物一元化(従来の小口扱い貨物を小荷物に統合) 10/1
流山電気鉄道【駅名改称】赤城台→平和台 10/1
都電、27・32系統を統一し全線1系統の「荒川線」に変更 10/1
大阪府都市開発 北大阪流通倉庫営業開始 10/1
運審、沖縄海洋博会場内に「KRT」導入を承認 10/1
50年7月20日から沖繩県国頭郡本部町で開かれる同博覧会の会場の北ゲートー南ゲート間1.4キロに、神戸製鋼・日商岩井が製作した新交通システム「KRT」が走る
【複線化】東海道(貨物)線浜川崎〜塩浜操間 10/6
横浜新貨物線反対同盟連絡協議会、国鉄の測量強行に対してバリケードで阻止 10/16
京王相模原線 京王よみうりランド〜京王多摩センター間 9.8km廷長間業 10/18
京王相模原線【開業】京王よみうりランド〜京王多摩センター間 (9.8km) 10/18
国鉄、レールの老朽化で東北本線上野〜白河間の22ヶ所(延べ約3km)で、全列車の徐行運転を開始 10/19
北海道の国鉄愛国駅で、四月からの幸福駅行き乗車券発売数が300万枚突破 10/20→幸福駅 wiki
休止中の東濃鉄道駄知線(土岐市〜東駄知間10.4km)に廃止 10/21
外房線【複線化】誉田〜土気間 10/25
鹿島線【直流電化】香取〜北鹿島間 10/26
総武線東京〜銚子間、成田線成田〜松岸間,鹿島線香取〜鹿島神宮間各全線電化完成 10/26
新幹線電車、九州初乗り入れ 10/26
総武本線他房総3線電化開業 10/27
総武本線 佐倉〜銚子間【電化開業】
成田線 成田〜松岸間【電化開業】
鹿島線 香取〜北鹿島間【電化開業】
南海難波駅第1期改良工事完成 10/27
愛知県幡豆町に愛知こどもの国」開園。一周約1kmの762mm軌間の“こども汽車コースに新製造SL2両(B11・B12)運転開始 10/28
愛知こどもの国開園に伴い、最寄り駅として洲崎→再び移設
営団地下鉄有楽町線・池袋〜銀座一丁目間10.2km開業 10/30
新幹線電気軌道総合試験車が登場(通称:ドクターイエロー)10/31
函館本線【複線化】石谷〜本石倉 10/31
総武流山電鉄 不動産業を開始 10/
青函連絡船、低気圧の大シケで全面運休 旅客便、上り5本、下り4本、貨物便上り15本、下り16本 11/1
北総電化完成 11/1
総武・成田、鹿島線の直流電化が完成、佐倉駅などで祝賀電車の出発式・千葉鉄道管理局管内は木原・久留里線を除く477.9kmが電化され、電化率87.3%と全国一となる。
ダイヤ改正は’75年3月の予定
青函連絡船、函館3岸で可動橋の遠隔自動操作テスト開始 11/4
近鉄名古屋〜宇治山田間に12200系6両編成の特別列車運転(伊勢神宮ご参拝のため、御料車は12353。翌日も宇治山田〜近鉄名古屋間に運転)11/7
動労72時間ストを中止 11/12
10日から‘順法闘争にはいり、13日から72時間ストを計画していた動労は、12日夜の国鉄当局との交渉で、‘安全対策’について大筋合意、ストを中止。夜行の大半運休でダイヤは乱れる。
山形交通三山線・高畠線営業廃止 11/15
山形交通高畠線糠ノ目〜高畠間 5.2km、三山線羽前高松〜間沢間11.4kmこの日限りで全線廃止
(両線ともとも16日にさよなら列車、17日に高畠駅で終業式)
小田急電鉄「小田急御殿場ファミリーランド」開設 11/15
山形交通 凸型電気機関車によるお別れ列車運行 11/17
山形交通 全線廃止 11/18
山形交通三山線 羽前高松駅〜間沢駅間(11.4km)の全線を廃止
秋闘統一スト 11/19
春闘共闘委員会の国、動労、犬手私鉄労組などは始発からストに突入、新幹線。国電を中心に、優等列車223本が運休など全国的にダイヤが乱れたが、14時半、私鉄は解決金で収拾、国鉄も新幹線博多開業関連問題などで合意して、ストは中止。
国鉄・郵政反合共闘委結成 11/21
国鉄と郵政事業の合理化に反対する国労・動労・全逓の3労組は〈反合理化共闘委〉を発足、国鉄・郵政の赤字は独立採算制そのものの矛盾から生じるものと主張,国鉄財政再建計画ならびに、郵政事業合理化計画の即時中止を政府および当局に提出→11/27
新幹線岡山〜博多間訓練運転 11/22
開始初日から送電事故が起き、残念なスタート
国鉄函館本線「銭函」駅のキップが人気。一日平均800枚、1週間で10年分売れると、・・・11/23
新幹線点検運休繰上げを決定 11/25
国鉄は国・動労との協議をもとに、半日運休点検の第1回を、12月11日に繰り上げた
SL切手第1集発売 11/26
D51形とC57形の走り写真の20円切手連刷で、人気は上々
名鉄小牧線明治村口〜犬山間の単独立体交差事業(高架)が完成。国道41号との平面交差が解消 11/26
国・動労またスト 11/27
0時から合理化反対。労働条件改善を要求し、新幹線を除く全線区で48時間ストに突入。28日未明、九州を除き解決したが、ダイヤは大混乱。(日本航空も24時間ストで国内全便が欠航)
同時期、全逓も拠点スト突入,こちらは72時間ストを予定
名古屋ターミナルビル竣工 11/27
国鉄法施行令改正による国鉄出資の駅ビルとして5番目のもので、地上20階、地下3階延べ85000uで百貨店(松阪屋)・ホテル・バスターミナルなどの同居する多目的ビル.総工費は100億円
合理化反対スト、未明に中止指令 11/28
運輸省(現・国土交通省)、能勢電気鉄道の新線に免許 11/28
兵庫県西宮市と猪名川町にまたがる阪急日生タウンの足を確保するため、日本生命との折半で、山下〜日生中央間2.5kmの複線の新線建設と、平野〜山下間3.0kmの複線化を行うもの。昭和50年着工、52年春開業予定。総工費80億円
京都市地下鉄烏丸線起工 11/29
京都市を南北に貫く、北山〜竹田間11.2kmで、途中に北大路・鞍馬口・今出川・丸太町・御池・四条・五条・京都・九条・十条の10駅を設置。竹田で近鉄京都線と相互乗入れの予定。
 53年春の完成予定だが、遺跡発掘に影響され遅延の可能性もある。
本州最後のSLが消える。 11/30
本州からSL消える本州内で蒸気機関車の残っていた山陰本線と三江北線も11月30日を最後に完全DL.、DC化完了・あとは北海道と九州の一部だけとなった
阪神西大阪線特急(西九条〜三宮間)この日限りで廃止 11/30
青函連絡船、船舶乗務手当定額160円支給、また夜間乗務手当支給実施 12/1
京阪交野線【複線化】 宮之阪駅付近 12/1
阪神西大阪線 西大阪特急を廃止 12/1
山陽電気鉄道本線 特急の最高速度を85km/hから90km/hに向上 12/1
北陸鉄道浅野川線【駅名改称】吊橋→三ツ屋 12/1
京浜急行電鉄金沢文庫〜横浜間12両連結運転開始 12/2
朝の上り特急4本を12両編成化(私鉄初
運輸白書発表昭和49年版 12/3
(クリックで、運輸白書をご覧になれます。)
国鉄今年度第一次車両発注 12/4
国鉄は456両にのぼる49年度第一次債務負担行為による、車両発注を決め、50年早々契約することになった。
内訳は電気機関車が9両、デイゼル機関車55両、新幹線を含む電車392両の内訳となる。
青函トンネル竜飛工区で、本工事開始以来の大出水(毎分4tの出水) 12/5

運輸大臣に木村睦勇氏 自民党参院議員,岡山地方区.61歳 12/9

紀勢本線新宮〜和歌山間(200.7km)電化起工式 12/9
宮前駅で森垣大阪駐在理事らの出席のもと行われた。紀勢本線新宮〜和歌山間(200.7km)電化起工式  12/9
京成が列車種別を整理(通勤特急・通勤急行を廃止) 12/9
日田彦山線の貨物支線廃止福岡県の豊前川崎〜第一大任問0.9km廃止 12/10
【駅廃止】(貨)第一大任
東海道新幹線一斉総点検 12/11
故障続きの新幹線は東京〜大阪間の午前中の列車を全面的に運転休止ッして初の総点検を実施
関東地方自動車部から、「白棚線(鉄道代行バス)開業30周年記念乗車券」を発売 12/11
外房線【複線化】鎌取〜誉田間 12/12
日豊本線【新駅開業】西小倉 12/14
北九州市小倉北区室町3丁目の小倉〜南小倉間の鹿児島本線との分岐点に開業・小倉駅から0.8km。営業範囲は旅客だけで,鹿児島本線の列車は止まらない
宮之城線 蒸気機関車運転廃止 12/16
片町線 旧型車の修理交換のピンチヒッターとして101系5連を導入 12/18
名古屋市交通局協力会東山公園モノレール廃止 12/18
北総鉄道の起工式 12/20
千葉県印旛郡に造成中の千葉ニュータウンと都心を結ぶ北総鉄道第1期工事の新京成電鉄北初富駅〜小室問(7.9km)の起工式が鎌ケ谷市の市制記念公園で。77年春完成の予定・千葉ニュータウンは首都圏最大の34方都市をめざす。レールは国鉄常磐線松戸駅〜新京成〜北総鉄道〜建設予定の県営鉄道の順でつながる
門司鉄道管理局の粋な計らい 12/22
山陽新幹線小倉駅〜博多駅間と筑豊本線筑前垣生駅〜筑前植木駅間にある交差地点で、博多開業の訓練運転列車と重連の蒸気機関車による「100周年記念号」が交差する、来るものと去りゆくものの交差を門司鉄道管理局が演出
宇高連絡船、第三宇高丸を株式会社久三商店に売却 12/23
仙石線、改造72系導入 12/24

北陸トンネル事故の乗務員起訴 12/27
72年11月6日、北陸本線の下り急行<きたぐに>の列車大災で死者30人負傷者714人を出した北陸トンネル事故で、福井地検は〈きたぐに〉の機関士と専務車掌の2人を業務上過失致死傷罪て福井地検に起訴。もと金沢管理局長の防災管理責任については不起訴
特急とき 183系1000番代で運転開始 12/27
新幹線博多開業のダイヤ改正発表
74年3月10日がら西日本を中心に72年3月15日以来の大改正新幹線博多開業と大都市周辺の快速,地方の通勤通学列車増発,東海道・山陽本線・に昼間の保線作業時間帯設定がボィント。山陽本線から昼行の特急・急行が消え,なつかしい特急の愛称〈つばめ〉〈かもめ〉〈はと〉なども姿を消す
北海道炭礦汽船夕張鉄道線 野幌 〜 鹿ノ谷間運輸営業廃止許可申請 12/28
三江北線 明塚〜浜原間が復旧 12/29

昭和49年後半 鉄道に関する事件・事故

台風8号惨禍 7/6〜18
朝鮮海峡から日本海に抜けた台風8号の影響で6日関西地方を中心に局地的な集中豪雨となり、山陽本線上郡〜有年間は6日昼頃から不通、このため九州特急は運休となった。
翌7日夕刻には、静岡〜浜松間で不通個所続出、新幹線は静岡〜名古屋間を終日運休。
山陽線は8日夜に開通したが、今度は首都圏で不通個所が発生夜行列車も一部が運休。
9日は何とか正常どおり運転されたが、10日早朝には梅雨前線の影響で山陰。北陸線などで土砂崩れや、線路冠水の被害が続出。羽越線では羽後本庄〜西目間で貨物列車が土砂崩壊に乗り上げて不通となり、下りが4時間後に復旧単線運転で運転開始
 新幹線は11日早朝から三島〜浜松間が再度不通となり15時に復旧
 一方7日から不通となっていた東海道線は13日に開通
 しかし、今度は新幹線で土砂崩れと大阪地区での送電故障が発生し代位屋は混乱した。
羽越本線。特急貨物脱線 7/10
西月〜羽後本荘駅間の船岡トンネル入口で八戸発百済行き特急貨物列車(14両)が土砂崩れの現場に乗上、機関車2両、貨車4両が脱線。機関士が機関車とトンネルの間に挟まれ殉職 ED75-736は廃車となる
しらさぎ受難 7/22
16:44頃、上り特急「しらさぎ3号」が大土呂〜北鯖江間の踏切で警報を無視して侵入してきた砂利積ダンプカーと衝突、旅客9名、踏切監視人1名、電車運転士2名、ダンプの運転手1名の計13名が負傷
またまた集中豪雨で混乱 7/25
東海地方の集中豪雨のため新幹線・東梅道本線は岐阜県下で運転を見合わせ、新幹線は一時全線ストッブ。紀勢・関西本線など不通
無人駅便所に女高生を監禁 8/26
7時20分ごろ、新潟県下の越後線桐原駅(無人)の便所で、女子高校2年生がナイフを持った30歳の男
に監禁された。犯人は身代金や逃走用の車を要求、おびき出されて11時間後につかまったが、被害者と警官1人が重傷
ひかり停車駅を素通り 8/26
15時42分ごろ、80Aが停車駅の相生を通過、驚いた運転士が非常ブレーキで1.6km行き過ぎてから止まってバック、台風の影響でダイヤが乱れ、CTCの指令員が、相生通過の6Aと感達いしてコムトラッグにデータを入れたため
特急「とき」一部を485系で運転 9/4
181系耐寒耐雪整備のため車両が不足するための措置。同時に183系の入線がすすめられ年末から13往復中3往復が置き換えられた。
画像は、直接関係ございません
特急「とき」一部を485系で運転 9/4
富山港線でダンプと衝突 9/6
岩瀬浜〜東岩瀬駅間の踏切で、警報無視のダンプと衝突。28人が重軽傷
新幹線のATC故障 9/12
13時58分、新大阪発東京行き〈こだま120号〉が、東京運転所からの出庫線と上り線のポイント手前で非常ブレーキがかかり、急停車・運転席のATC(自動列車制御装置)信号に乱れがあったため、19時30分まで全線の運転を休止した.ダイヤは大混乱、国鉄本社は「新幹線束京運転所事故調査本部(本部長・山田秀三副技師長)」を設置
注:13:48分という記事もある。詳細調査中
原因は、信号回路の電源回路から雑音電流がATC機器室に入ったためとされ、この対策として信号回路しゃ断を二重系とすることになった
新幹線故障ばかり・・・9/12〜17
東海道新幹線で新横浜から小田原間の停電事故に続いて、夕刻には東京〜新横浜間でATCが故障 9/12
新横浜付近で停電事故 9/15
東京駅構内で停電事故 9/16
静岡〜浜松間でATC事故回路が故障
吉都線でダンプと衝突 9/17
西小林〜飯野駅間の踏切で直前横断のダンプと気動車が衝突。この事故で16人が重軽傷
花輪線でダンプと衝突 9/20
花輪線横間〜田山間の踏切で、気動車と警報無視のダンプカーが衝突 56人怪我
東北本線で脱線貨車に急行列車突っ込む 9/24
19時27分、茨城県の東北本線。古河〜野本間で大宮操車場発郡山操車場行き貨物列車(30両編成)の23両目のワム90000形貨車が脱線、上り線に飛び出して停車、約3分後、仙台・喜多方発上野行き電車急行〈まつしま5号・ばんだい4号〉(13両編成)が突っ込み、前部3両が脱線152人が重軽傷を負った。
 東北本線は25日8時20分まで不通。第1事故の原因は競合脱線とみられ、乗務員が第2事故防止の手を打たなかった点にも非難集中。
 このようなケースでの対向車に対する衝突防止システムの開発が望まれる
営団地下鉄日比谷線で脱線 9/24
10時22分ごろ、同線恵比寿駅構内で、日吉発南千住行き電車(営団3000系8両)の前から2両目が脱線。原因は車体上部を支えるサイドフレームの異常とみられるが、けが人はなかった
岩見沢駅で急行が脱線 9/28
10時20分、函館本線。岩見沢構内の札幌寄りポイントで、帯広発札幌行きDC急行〈狩勝1号〉(5両編成)先頭車両側面に、入換え中のD51(単機)が衝突、DC4両が脱線、乗客およそ50人が重軽傷を負った。
ポイント操作の誤りか?
新幹線開業10周年 10/1
事故続発の昨今、記念すべきこの日も、豊橋駅で「こだま」が「ひかり」の通過線に進入するという事故
国鉄静岡駅で、汐留駅宛ての6000万円相当の、株券・債券が鉄道袋ごと紛失 10/9関連→s57/5/25 レールが風呂に?・・・ 10/11
京浜急行電鉄の上大岡〜屏風ヶ浦間電車通過の際レールが割れて飛び、線路端の公衆浴場に飛び込んだ
特急火を噴く 10/19
上野発金沢行き特急白山(12両編成)が東富山付近の第一岩瀬踏切付近を通過の際、9両目床下から発火、先頭車両及び最後尾で煙が上がっているのを発見、直後に消し止めれれたが、列車は富山駅で打切り
鹿児島交通局路面電車衝突 10/9
鍛冶屋町〜高田馬場交差点で路面電車同士が衝突。1人死亡23人重軽傷
新幹線またまたトラブル 10/23〜25
新幹線は岐阜羽島〜名古屋間の線路故障(ひびわれ)に続き名古屋〜豊橋間でも3件発生、また新大阪駅では信号故障によりダイヤは25日まで混乱
札幌地下鉄建設中に土砂崩れ、17人重軽傷 10/29
連結器はずし妨害 11/5
13時03分ごろ、西鹿児島発東京行き急行〈桜島・高千穂〉(14両編成)の1両目に乗っていた40歳の男が、機関車との間の連結器をはずした。電気機関車は異常に気づいて急停車したが、客車は100mうしろに置き去り。バックして連結、13分の遅れを出した。男は1両目に居合せた国鉄職員につかまり、静岡鉄道公安室に逮捕された
新大阪駅でATC故障 11/12
14時30分ごろから19時30分ごろにかけて、新大阪駅に発着した新幹線電車4本のATC(自動列車制御装置)車内信号に四度も乱れがあり、70信号(70km/hで進行)のはずが210信号(210km/hで進行)が出た。国鉄は同駅に出入りする列車を半自動の通告運転扱いにして調べ、15日未明信号電流のAVR(電圧調整装置)の不良と断定。この間、12〜14日に198本が運休した
京福電鉄でミキサー車と衝突 11/2>
御室〜高雄口駅間の踏切で電車とミキサー車が衝突、13人重軽傷
連結器はずし妨害 11/5
3時03分ごろ、西鹿児島発東京行き急行〈桜島・高千穂〉(14両編成)の1両目に乗っていた40歳の男が、機関車との間の連結器をはずした。電気機関車は異常に気づいて急停車したが、客車は100mうしろに置き去り。バックして連結、13分の遅れを出した。男は1両目に居合せた国鉄職員につかまり、静岡鉄道公安室に逮捕された
大船渡線でダンプと衝突 11/30
仙沼〜鹿折駅間の踏切で、盛発普通列車4両編成とダンプカーが衝突。先頭車が脱線し、民家へ突入。居住者1名死亡
東武鉄道鬼怒川線で、保線作業中に電車突っ込む 11/12
栃木県塩谷郡藤原町の東武線鬼怒川公園〜新藤原駅間で、下市発新藤原行き下り電車が枕木の交換作業中の現場に突っ込み、作業員7人の内6人をはねとばし、5人死亡1人重体〈見張りを怠ったことが原因)
以下別のニュースソースから
東武鉄道で保線作業員5人死亡
8時43分ごろ、栃木県藤原町の東武鬼怒川線鬼怒川公園〜新藤原間で枕木交換中の下請け、東武建設日雇い作業員6人が下り普通電車にはねられ、うち5人が即死。見張りを怠ったため。この事故では、農閑期の農家の出稼ぎ労働者が多かった。
上越新幹線榛名トンネル工事で落盤事故 12/3
14時過ぎ、群馬県渋川市川島の同トンネル(全長14.5km)御陰工区の坑口から約700m奥の切羽で落盤事故があり、作業員5名が生き埋めとなり、2名が死亡した。現場は湧き水などで掘削作業を中止している最中だった
東北本線で転覆事故 12/5
15時17分ころ,岩手県の東北本線久幅駅構内で、長町発青森ゆき貨物列車(39両編成)2両目の回送DLと貨車17両が脱線、ほとんどが転覆した。回送DL機の床下にある推進軸が垂れさがり,道床につかえたのが原因、上下線とも6日12時過ぎまでに復旧
山手線内で塩酸が漏れ、7人火傷 12/6
9:10頃、同線池袋〜大塚間を走行中の満員の外回り電車内で、乗客の持っていた濃塩酸(5.4リットル)の容器が倒れ、ヒビが入って飛び散り、乗客7人が火傷をした。
 国鉄の旅客営業規則では0.5リットル以内(破損の恐れのない容器に入っていること。)となっている。
東西で脱線事故 12/22
18.46頃、東京都の中央本線国分寺駅構内で、岡谷・身廷発新宿ゆきEC急行〈たてしな1号・みのぷ〉(12両編成)が下り本線から上り本線へ進入中の国分発東金井ゆき貨物列車(8両編成)の6両目左側面に衝突,電車の一部がこわれ1両が脱線・運転士がATS(自動列車停止装置)の確認ボタンを押したあと漫然運転したのが原因とみられる上下線とも23時30分までに復旧.また20:20ごろ,尾道市の山陽本線尾道仁〜松永間の上り線で,南延岡発吹田操車場行き貨物列車(32両編成)の5両目タング車前輪が脱線、復旧は23日2時30分過ぎ
広島駅で4,000万円の株券盗難 12/24
18時すき,上り〈あさかぜ1号〉の荷物車に積むため,野村証券広島支店から広島駅に運はれた布袋(株券など時価4,000万円相当人り)が紛失。広島駅で盗まれたらしく、27日夕、一部が東京都内で売られた。静岡駅でも10月9日、6、000万円相当の株券が盗まれ、容疑者2人が静岡中央署から指名手配中
鹿児島本線で衝突 12/29
7時50分ころ、福岡県の鹿児島本線原田駅構内で、通過中の竹本発博多ゆき上りDC(2両編成)に、引込線がら上り本線に出ようとした回送EC(12画編成)が衝突、DCの先頭車とECの前から2両目が脱線、乗客5人が重軽傷。上下線とも不通になり23時55分復旧したが、帰省輸送に大きな影響が出た。
回送ECの運転士と車掌が発車時刻を1時間まちがえたうえ信号を見誤まり、ATSも役に立たなかった。

昭和49年後半 世相

アルゼンチン大統領 ファン・ドミンゴ・ペロン(Peron,Juan Domingo)没 7/1
アルゼンチン大統領。副大統領で夫人のイザベル・ペロン(43)が大統領に昇格

国連、1972年国連年次統計を発表。世界の総人口は37億8200万人 7/1
政令第258号 船舶安全法第32条の漁船の範囲を定める政令 7/1
槙枝元文日教組委員長、甲府市で「君が代」反対、「日の丸」は自主判断との正式見解を発表 7/2
エチオピアで、国軍調整委員会が、改革案を皇帝に提出して承認を得る 7/3
松戸市馬橋の路上で、信用組合の女性事務員(19)が乱暴されて締め殺され、近くの造成地に埋められる事件が起こる。9月に、小野悦男が別件で逮捕され、12月に殺人容疑で逮捕 7/3
イラク政府が、ソ連人顧問80人を追放 7/4
自民党、「企業ぐるみの選挙」を批判した堀米正道中央選管委員長を東京地検に告発 7/4
第10回参議院議員選挙が行われ、自民が敗北し、保革の差が7議席 7/7
保革伯仲、市川房枝当選
台風8号と梅雨前線により日本各地で集中豪雨 104人が死亡 7/7
少年マガジンで手塚治虫の「三つ目がとおる」連載 7/7
ブリュッセルで、石油消費国会議が開かれる。フランスは不参加 7/8
小牧基地の自衛隊機が離陸直後民家に墜落 7/8
ポルトガルのカルロス首相が、大統領権限強化の提案を拒否されて辞任 7/9
台風8号が九州から関東を襲う。豪雨で104人が死亡 7/9
大蔵省令第42号 財政融資資金の管理及び運用の手続に関する規則 7/9
米下院・司法委、ウォーターゲート事件の証拠資料公表(27日大統領弾劾訴追条項を可決) 7/11
ソ連のポドゴルヌイ最高会議幹部会議長が、ソマリアを訪問し、友好協力条約に調印 7/11
詩人、劇作家で作家 ラーゲルクヴィスト(Lagerkvist,Par Fabian)没 7/11
ポルトガルで、ゴンサルヴェス大佐を首班とする軍民連合内閣が成立 7/12
自治省が住民基本台帳に基づく人口を発表。総人口は1億957万人(3.31現在) 7/12
三木・福田両相、田中批判で辞任 7/12
韓国で、金芝河ら7人に死刑判決 7/13
物理学者 ブラケット(Blackett,Patrick Maynard Sttuart)没 7/13
総理府・厚生省・通商産業省令第 1号 新規化学物質に係る試験並びに第1種監視化学物質及び第2種監視化学物質に係る有害性の調査の項目等を定める省令 7/13
キプロスで、ギリシア系の地下組織がクーデターを起こし、政権を剥奪する。マカリオス大統領はイギリスに亡命 7/15
日航機名古屋上空で乗っ取り 7/15
福田赳夫蔵相と保利茂行管庁長官が、田中首相の政治姿勢を批判して辞任 7/16
東京地裁、家永教科書裁判第一次訴訟(40年6月)で、検定制度は憲法・教育基本法に反しないと判決 7/16
イギリスのウィルソン首相がマカリオス大統領と会見し、支持を約束 7/17
大阪湾泉州沖に関西新空港建設と答申決定 7/17
大阪市南区の派出所で拳銃が盗まれる。この拳銃が8月15日の朴正煕韓国大統領狙撃に使われることになる 7/18
最高裁が、家事労働も金銭評価可能との判断を示す 7/19
国連安保理事会が、キプロス停戦決議案を採択 7/20
笹川良一の船の科学館が開館 7/20
政令第273号 水源地域対策特別措置法第2条第2項のダム、同条第3項の湖沼水位調節施設及び同法第9条第1項の指定ダムを指定する政令 7/20
生産者米価大幅値上げ。 7/22
キプロス侵入の失敗によりギリシアの軍事政権が崩壊 7/23
閣議、国民年金法施行令改正案を決定 7/23(9/1施行)
併給制限を10万円から16万円に引上げ
ギリシアで、コンスタンティノス・カラマンリス元首相が亡命先のパリから帰国して文民政権を復活 7/24
アメリカ、ニクソン大統領を弾劾する下院司法委員会が開かれ、弾劾派が弾劾決議案を読み上げる(ウォーターゲート事件)。最高裁が、テープを提出する命令 7/24
北の湖、21歳2ヶ月の史上最年少横綱に 7/24
原子物理学者 チャドウィック(Chadwick,Sir James)没 7/25
森下洋子が、ブルガリアの第7回バレエ・コンクールで女性部門第1位 7/25
喜劇俳優 花菱アチャコ、没 7/25
アメリカ下院司法委員会が、ニクソン大統領の弾劾を27対11で可決 7/27
手作りヨット「信天翁二世号」世界一周達成 7/28
ドイツの作家 ケストナー(Kaestner,Erich)没 7/29
日本ペンクラブ理事が金芝河事件は弾圧ではないと発表(司馬遼太郎ら脱会者が相次ぐ) 7/29
ジュネーブのキプロス和平会議が、停戦の共同宣言に調印 7/30
カナダのケベック州でフランス語公用語化が決定 7/31

政令第285号 生産緑地法施行令 8/1
大蔵省・農林省令第 1号 中小漁業融資保証法施行規則 8/1
運輸省令第35号 港湾計画の基本的な事項に関する基準を定める省令 8/3
PLOのアラファト議長が、ソ連代表と共同声明を発表する。ソ連はPLOをパレスチナ代表と認め、モスクワに代表部を設置するという内容 8/4
ニクソンの忠実な議員だったC.ウィギンスが記者会見を開き、大統領の弾劾を進めるべきと表明 8/5
シリアと西ドイツが9年ぶりに国交を回復 8/7
ニクソン米大統領、ウオーターゲート事件で辞任、翌日フォードが大統領に就任 8/8
ジュネーブで、キプロス問題でイギリス、ギリシア、トルコの3国の外相会議が開かれ、停戦ライン画定協定に調印 8/8
ウォーターゲート事件で、ニクソン大統領が辞任を発表 8/8
純粋な子供の絵を描き続けた いわさきちひろ、没 8/8→ちひろ美術館
ニクソン(61)が辞任の演説を行い、フォード副大統領(61)が第38代大統領になる
沖縄県が、米軍の日本人従業員1062人の解雇通告書を返上し、解雇手続きを拒否 8/9
ポルトガルがアンゴラの2年以内の独立を公表 8/10
経済団体連合会、国民協会による自民党の政治資金集めへの一切の事務処理返上を正式決定 8/12
航空審議会、大阪国際空港(伊丹空港)廃止を前提とした関西新空港の大阪湾泉州沖海上建設を運輸相に答申 8/13
キプロス紛争の平和的解決をめざしたジュネーブ交渉が決裂 8/14
韓国大統領朴正熙、在日韓国人・交世光に狙撃され、夫人の陸英修が被弾して死亡 8/15
全国戦没者追悼式(天皇皇后両陛下御臨席、日本武道館) 8/15
エチオピアで、国軍が皇帝の全権を奪う 8/16
日本・イラク経済技術協力協定(日本が円借款10億ドル供与、イラクが長期原油安定供給)東京で調印、初の政府間原油協定 8/16
リビアのカダフィ大佐がエジプトを訪問 8/17
通産省、ベンチャー・ビジネス育成のため、財団を設立して資金面で保障することを決定 8/17
ブカレストで国連世界人口会議が開かれる 8/19
キプロス駐在ロジャー米大使が、ギリシア系デモ隊に射殺 8/19
政令第293号 発電用施設周辺地域整備法施行令 8/19
建設省令第11号 生産緑地法施行規則 8/19
政令第295号 公害健康被害の補償等に関する法律施行令 8/20
厚生省が、発癌性の疑いのある合成洗剤AF2の禁止を決定 8/22
中国民航特別機にて中国から98名帰国(永住帰国2名・一時帰国80名・その他16名) 8/22
韓国が緊急措置第1、4号を解除 8/23
アメリカの飛行家 リンドバーグ(Lindbergh,Charles Augustus)がハワイのマウイ島で没。 8/26
東証ダウが4000円割 8/26
運輸省令第36号 小型船舶安全規則 8/27
平塚市で、ピアノ騒音に怒った男が母子3人を殺害 8/28
ピアノ騒音・殺人事件 事件史探求
日中航空技術協定調印、日航と中国民航双方が当面2便ずつ定期便就航 8/28
北海道留萌沖で遭難した泰東丸の沈没位置の調査について(厚生省発援第69号、厚生事務次官→防衛事務次官)=昭和49.9.25〜49.10.4の間、沈没位置の調査を実施したが位置未確認 8/29
宝塚歌劇団、長谷川一夫演出の「ベルサイユのバラ」を宝塚大劇場で初演 8/29
三菱重工ビル爆破事件通行人ら8人死亡376人負傷 8/30 参考(三菱重工ビル爆破事件(「事件史探求」)HPもご覧ください
農林省・運輸省令第 1号 小型漁船安全規則 8/30
石油緊急事態宣言が解除 8/31
生産緑地法施行。市街化区域内の農地を対象に生産緑地を指定し、宅地並み課税を免除 8/31
政令第308号 昭和44年度以後における私立学校教職員共済組合からの年金の額の改定に関する法律施行令 8/31
総理府令第60号 公害健康被害の補償等に関する法律施行規則 8/31
総理府・通商産業省令第 4号 公害健康被害の補償等に関する法律施行規程 8/31
原子力船むつ、放射能漏れ事故、帰港反対運動のため10/15まで漂流 9/1→日本の水害 【毎日.jp】 豪雨による小河内ダム放水のため狛江市で多摩川決壊。18戸流出(6日仮堤防完成) 9/1
アメリカと東ドイツが国交を樹立 9/4
原子力船「むつ」の放射能漏れで陸奥湾漁民らが帰港反対を決議して洋上に立ち往生 9/5
「ワシントン・ポスト」紙、CIAがチリのタマジェンデ・クーデターを支援援と暴露 9/7
ポルトガルとモザンビーク解放勢力がルサカで停戦協定に調印 9/7
フォード大統領が、ニクソン前大統領に特赦 9/8
全国の消費者70人、ヤミカルテルによる不当利益の返上を求め、石油元売り6社を東京高裁に提訴 9/9
アメリカのラロック退役海軍少将が、米議会で「米艦は日本寄港の際も核を外さない」と証言 9/10
ギニアビサウの独立が正式に承認 9/10
ラロック米退役海軍少将、米議会で日本の核持ちこみを証言 9/10
在京民法五社、深夜放送の自粛の撤廃を決定 9/11
エチオピア、ハイレ・セラシエ皇帝が国軍によって廃位させられ、3000年のエチオピア王室終わる 9/12
日本赤軍がオランダ・ハーグにあるフランス大使館を占拠。(ハーグ事件)、30万ドルで人質解放 9/13
産業構造審議会、「わが国産業構造の方向」を通産相に答申。地域集約型産業への構造転換などを提唱 9/13
労働運動家 高野実、没 9/13
日本赤軍のゲリラ3人が、オランダのハーグにあるフランス大使館を占拠し、パリで拘留中の日本人ゲリラの釈放を要求する(ハーグ事件) 9/14
フォード大統領が、ベトナム戦争中の脱走兵と徴兵忌避者への恩赦を発表 9/16
青森家県の陸奥湾沿岸漁民ら、「むつ」の帰港を阻止するため、港口で改造封鎖開始 9/16→9/18(入港中止決定)
エチオピア臨時軍事評議会は、軍事政権に反対する者すべてを罰する旨の声明 9/17
チェロ奏者・指揮者・音楽教育家 斎藤秀雄、没 9/18
西ドイツとフィンランドが、国交正常化と武力不行使宣言に調印 9/19
フィリピンのイメルダ・マルコス大統領夫人が、大統領特使として中国を訪問 9/20
郵政省が、全国2万1000の郵便局のオンライン化に翌年度から着工すると発表 9/20
映画監督 山本嘉次郎没 9/21
政令第334号 有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律第2条第2項の物質を定める政令 9/26
総理府令第64号 公害医療機関の診療報酬の請求に関する省令 9/26
厚生省令第34号 有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律施行規則 9/26
政令第339号 電源開発促進税法施行令 9/27
中国と東京を結ぶ定期航空路開設、一番機が飛ぶ 9/29
日中定期航空路開設。東京〜北京で相互運行 9/29
ポルトガルのスピノラ大統領が辞任する。コスタ・ゴメス将軍が後任 9/30

米、国鉄運賃、医療費、都市交通料金など公共料金の大幅値上げがこの日から実施される 10/1
国鉄,地下鉄(40→60円)、消費者米価(標準価格米10kg1600→2100円)等
フィリピン(巡洋艦「那智」)戦没者遺骨調査団出発(11.16帰国) 10/1
仙台市の瑞鳳殿地価で伊達正宗の遺体確認 10/2
通商産業省令第67号 特定サービス産業実態調査規則 10/5
アメリカ議会が、ラロック退役海軍少将の「米艦は日本寄港の際にも核武装は解かない」との証言を公表する(ラロック証言)10/6
日本電気、約22万人の4〜12日間の一時帰休実施を決定 10/7(日立・東芝が既に実施)
佐藤栄作首相にノーベル平和賞授与を決定 10/8
富山県衛生研究所長、光化学スモッグは病気に対する抵抗力を弱める、と北陸公衆衛生学会で発表 10/9
立花隆「田中角栄研究-その金脈と人脈」 10/9
「俳句生活」主宰 橋本夢道没 10/9
タイで新憲法が発布 10/10
イギリスで総選挙があり、労働党が過半数を獲得 10/11
中日が巨人のV10を阻止し20年ぶりセ・リーグ優勝 10/12
指揮者 クリップス(Krips,Josef)没 10/13
全国サリドマイド訴訟統一原告団と、厚生省(現・国土交通省)・大日本製薬と和解確認書に調印を行う 10/13
画家 宮本三郎、没 10/13
原子力船むつの放射能漏れ事故で、2年以内に母港撤去で関係者の合意が成立 10/14
三井物産本社で爆発、社員ら18名が重軽傷 10/14
午後1時頃、三井物産本社で時限爆弾爆発 10/14
長島茂雄引退、「巨人軍は永久に不滅です」の名言を残す 10/14
巨人軍王貞治が史上初の2年連続三冠王 10/15
マリアナ諸島戦没者遺骨収集団出発(11.12帰国) 10/17
フランスで、所得政策に反対して郵便、電信、電話労組がストライキに突入 10/18
自民党総務会、「文芸春秋」の立花隆論文等が問題となる 10/18→10/22
北海道で愛国駅と幸福駅行きの切符が発売され、大人気 10/20
長嶋茂雄が巨人軍の監督に就任 10/21
厚生省令第40号 年金手帳の様式を定める省令 10/21
社会党の寺田熊雄、参議院大蔵委員会で、首相の「金脈」問題を追及 10/22
プロ野球、金田監督のロッテが日本一 10/23
日本医大の丸山千里がフィレンツェの国際癌学会で、「丸山ワクチン」の治療成績などを発表 10/23
ソ連の名ヴァイオリニスト ダヴィッド・オイストラフ(Oistrakh,David)没 10/24
法務省、49年版「犯罪白書」を閣議に提出。 10/25
モロッコの首都ラバトで、第7回アラブ首脳会議が開かれる 10/26
モロッコで開かれているアラブ首脳会議で、PLOのヨルダン川西岸の統治権と国家設立の権利が認められる 10/28
東芝、中間管理職250人を系列出向と発表 10/28
ザイールで行われたプロボクシング世界ヘビー級タイトルマッチで、モハメド・アリ、ジョージ・フォアマンを破り七年振りに世界ヘビー級王座を奪還 10/30
東京高裁、狭山事件で1審の死刑を破棄、石川被告に無期懲役の判決。部落解放同盟など約2万人が抗議集会 10/31
東京の消費者物価前年比25.8%の上昇、繊維不況の深刻化 10月

国連総会が、キプロスからの外国軍隊撤退決議案を採択 11/1
地価が戦後初の下落。全国平均で0.9%下落 11/1
気象庁のアメダスが運用開始 11/1
カシオ、初の液晶デジタル時計を発売 11/1
王貞治とH・アーロンが「ホームラン競争」 11/2
ローマで世界食糧会議が開催 11/5
アメリカの中間選挙で、民主党が勝利 11/5
日経連、1975年の賃上げは抑止の方針 11/5
中国が、ソ連に国境交渉を提案 11/6
ハワイで米国初の日系知事G・アリヨシ当選 11/6
最高裁、全逓猿払郵便局事件など国家公務員法違反事件に、公務員の政治活動禁止は合憲とし、逆転有罪判決 11/6
政府が、地震予知研究推進連絡会議を設置 11/7
音楽学者で作曲家 ヴェレス(Wellesz,Egon)没 11/9
浦賀水道でLPGタンカーと貨物船が衝突し、25人が死亡 11/9
田中内閣内閣改造を強行、竹下官房長官 11/11
米州機構が、キューバ制裁決議案を否決 11/12
PLOのアラファト議長が国連総会で演説し、パレスチナ人民の祖国復帰とPLOの自決闘争に言及 11/13
東京都、杉並清掃工場用地問題で地主側と和解調書に調印。11/14→11/25
千葉県浦安町で東京ディズニーランド起工式 11/15
インドネシア戦没者遺骨収集団出発。同収集団は11.24に同島元日本兵残留の情報を入手、インドネシア政府に調査救出について依頼(12.12帰国) 11/15
東海銀行の調査で、「ボーナスは貯蓄」が44%であることが判明 11/16
アレシボ・メッセージがプエルトリコのアレシボ天文台から球状星団M13に発信される 11/16
ギリシアの総選挙で、カラマンリス派が過半数を獲得 11/17
フォード大統領がアメリカ現職大統領として初めて来日 11/18
秋闘で空前の規模の統一ストが決行される。私鉄208組合参加、国電も半日ストップ 11/19
名古屋高裁、飛騨川バス転落事故(昭和43年8月)は人災と判断、4億円余りの国家賠償を命じる 11/20→昭和43年後半43/8
フィリピン戦没者遺骨収集団出発(12.20帰国) 11/20
長嶋茂雄が巨人軍の監督に就任 11/20
米最大の自動車メーカーGM、9工場を閉鎖し3万人を一時解雇(米の自動車不況深刻) 11/21
作曲家 マルタン(Martin,Frank)没 11/21
巨人の川上哲治監督が勇退し、後任に長嶋選手が就任 11/21
八鹿高校事件の発端。兵庫県北部の養父郡八鹿町の八鹿高校で、八鹿高校部落解放研究会の生徒21人が校内でハンストに突入 11/21
11/13のアラファト議長の演説を受け、国連は国連パレスチナ決議3236でパレスチナ自決権を承認 11/22
八鹿高校事件。兵庫県養父郡八鹿町の八鹿高校で、部落解放研究会の設置を認めなかった教員47人が、同盟員らに暴行・監禁され自己批判書を書かされる 11/22
エチオピア、皇帝時代の首相、将軍、知事、ハイレ・セラシエ皇帝の皇孫などを処刑し、メンギストゥ第1副議長派の勝利に終わる 11/23
フォード大統領がソ連を訪問し、ブレジネフ書記長と会談 11/23
フォード米大統領、訪ソ(SALTU促進で合意)11/23
米ソ首脳会談の最終日、第2次戦略兵器制限交渉(SALTII)が大筋で合意 11/24
環境庁、国立公園特別地域内での観光道路や大規模な分譲別荘建設を認めない新審査指針を決定 11/24
ウ・タント前国連事務総長が死去 11/25
東京杉並清掃工場建設問題が8年ぶりに決着。東京地裁で都と反対期成同盟が和解書に調印 11/25
金脈問題を追及されていた田中角栄首相が辞意を表明する。田中は椎名悦三郎副総裁に後継を一任 11/26
三省堂が東京地方裁判所に会社更生手続開始の申立て 11/26
国鉄と郵政事業の合理化に反対し、全逓が3日間の拠点スト、同時期国鉄も2日間の合理化反対闘争を実施 11/27中止
国連総会本会議が、カンボジア代表権問題で表決を行い、和解斡旋案を可決 11/28
「中国からの一時帰国者が永住帰国に意思を変更した場合の取扱いについて」(援発第1737号、援護局長発各都道府県知事宛て通知) 11/28
9月9日に衝突したLPGタンカーを海上自衛隊がミサイルで撃沈 11/28
アメリカンファミリー保険会社(Aflac)、日本初の癌保険を発売 11/29
aflack wikipedia

国連大学本部が東京帝國ホテルの仮事務所で発足 12/2
日本生命などが、個人用掛け捨て(定期)保険の発売を決定 12/3
自民党両院議員総会が、椎名副総裁裁定により総裁に三木武夫を選出 12/4
統一促進懇が、統一労組懇に発展 12/5
中央対策審議会、自動車排ガス51年度規制について、実施二年延期など大幅後退の報告書を作成 12/5
パリで、仏ソ経済協力5ヵ年協定が締結 12/6
専売公社(現・日本たばこ産業)、50年5月1日からタバコの小売価格を平均55%値上げする方針を発表 12/6
キプロスのマカリオス大主教が帰国 12/7
厚生省(現・厚生労働省)、サリドマイド児の福祉事業を行う財団法人「いしずえ」の設立を認可。被害児に年金支給など 12/7
山口大学教育学部が身障者不合格規定を撤廃 12/7
ギリシアの国民投票で共和政が再確認 12/8
岐阜県穂積町の全国唯一の女性町長が8選 12/8
田中内閣総辞職、椎名裁定により、三木武雄氏が首相に選任、福田副総理、大平蔵相(この後時期首相の座を巡って大福戦争始まる 12/9
ストックホルムでノーベル平和賞の授賞式が行われ、佐藤栄作前首相が受賞 12/10
東京銀座の大成建設ビルで時限爆弾爆発、9人重軽傷 12/10
新幹線が初の総点検 12/11
伝統的工芸品産業審議会、大島紬等12品目を伝統的工芸品産業に指定するよう河本通産相に答申 12/12
南ベトナムの解放戦線中央幹部拡大会議が、グェン・ヴァン・チュー打倒と解放区拡大を決定 12/13
マルタがイギリス連邦内の共和国となる 12/13
閣議、49年度の経済見通しを改定。GNPは実質マイナス1〜2%、消費者物価は22%上昇 12/13
国連総会が、「侵略の定義」を採択 12/14
全国脊髄損傷者連合会会員約20人、年末一時金を要求。東京日比谷から国労会館まで車椅子でデモ 12/15
ハイセイコーが引退 12/15
3億円生命保険金目当てで家族4人を乗用車に乗せて別府湾に転落させ自分だけ助かった荒木虎美が逮捕 12/17→荒木虎美・別府保険殺人事件(事件史探求) 加山雄三が、1月のスキー場事故で3000万円の損害賠償を求めて提訴する。容姿は俳優の財産であるという理由 12/17
インドネシア政府はモロタイ島において元日本兵1名を発見保護 12/18
午後9時頃、倉敷市の三菱石油水島精油所のタンクから重油が流出、瀬戸内海沿岸漁業が大打撃 12/18
北海道上砂川町の三井石炭鉱業砂川鉱業所地下660mの採炭現場で、ガス爆発事故発生。15人死亡 12/19
作曲家 ジョリヴェ(Jolivet,Andre)没 12/20
朝鮮出身軍人軍属等の遺骨送還(911柱) 12/20
都衛生局が、市販洋菓子の半数以上が細菌汚染されていると発表 12/20
政令第387号 国土利用計画法施行令 12/20
厚生省、全国の病院対象の「48年患者調査」を発表。70歳以上老人の受療率が45年比53%の増加 12/21
総理府令第72号 国土利用計画法施行規則 12/21
東京の荒川で浅瀬にイルカ3頭が入って死亡 12/22
フランスのシラク首相がイラクを訪問する。経済協力に調印 12/23
スペインで、政治結社自由法が制定 12/23
周恩来が毛沢東を長沙に訪ねて後継者問題について協議し、ケ小平の復帰で合意 12/23
国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部を改正する法律(昭和49年法律第104号)12/23
一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律(昭和49年法律第105号)12/23
特別職の職員の給与に関する法律及び沖縄国際海洋博覧会政府代表の設置に関する臨時措置法の一部を改正する法律(昭和49年法律第106号)12/23
防衛庁職員給与法の一部を改正する法律(昭和49年法律第107号)12/23
裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律(昭和49年法律第108号)12/23
昭和四十九年度分の地方交付税の特例に関する法律(昭和49年法律第110号)12/23
人事院規則9-54 人事院規則9-54(住居手当) 12/23
国土利用計画法施行、大規模土地取引は届け出制に、地価凍結の「規制区域」指定は年内見送りとする 12/24
台湾出身の元日本兵 李光輝(中村輝夫)(55)モロタイ等のジャングルでインドネシア空軍関係者が発見・収容 12/25→参考 台湾人日本兵 wiki 参考 最後の日本兵「中村輝夫」千葉日台と一緒に時々台湾を勉強するブログとリンクしています。
政394 公職選挙法施行令の一部を改正する政令 公布=重度戦傷病者(下肢・体幹障害第二項症以上、心臓疾患等第三項症以上)の郵便による住宅投票制度新設 12/25
三木首相が資産を公開 12/26
ストリッパーの一条さゆりに、公然猥せつ罪で実刑判決 12/26
警視庁、赤軍派の重信房子を国際指名手配 12/27
税制調査会、次年度税制改正案で医師優遇税制の是正を答申 12/27
地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律(昭和49年法律第111号)12/27
国立及び公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法の一部を改正する法律(昭和49年法律第112号)12/27
文化功労者年金法の一部を改正する法律(昭和49年法律第113号)12/27
地方税法の一部を改正する法律(昭和49年法律第114号)12/27
パキスタン北部でマグニチュード6.2の地震が起こり、5000人が死亡 12/28
政府は職員1名をインドネシア、モロタイ島に派遣し、台湾出身元陸軍兵長中村輝夫を確認 12/28
共産党と創価学会が、相互不干渉・共存など、10年の期限の合意協定 12/28
松本清張の仲介で共産党と創価学会が相互不干渉などの秘密協定を締結(創共協定
労働者災害補償保険法等の一部を改正する法律(昭和49年法律第115号)12/28
雇用保険法(昭和49年法律第116号)12/28
雇用保険法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(昭和49年法律第117号)12/28
日雇労働者健康保険法の一部を改正する法律(昭和49年法律第118号)12/28
労働省令第30号 労働者災害補償保険特別支給金支給規則 12/28
厚生省(現・厚生労働省)の調査によると、輸入食品は約2倍増加、検査体制の不備で有害品も多いと、新聞に 12/30
森進一の「襟裳岬」が第16回レコード大賞 12/31

引揚関係年表・昭和49年

昭和49年 ラジオ番組

昭和49年 テレビ番組

寺内貫太郎一家/ニュースセンター9時/鳩子の海/パンチDEデート/赤い迷路/座頭市物語/愛と誠/傷だらけの天使(萩原健一・水谷豊)
アニメ アルプスの少女ハイジ/柔道賛歌/魔女っ子メグちゃん/ダメおやじ/ゲッターロボ/昆虫物語みなしごハッチ/となりのたまげ太くん/星の子チョビン/小さなバイキングビッケ/グレートマジンガー/ジムボタン/破裏拳ポリマー/はじめ人間ギャートルズ/てんとう虫の歌/宇宙戦艦ヤマト/ウリクペン救助隊/カリメロ

電力制限でNHKは昼間1時間と夜11時以降の放映を中止

昭和49年 CM&雑誌

あんた外人だろ、英語でやってごらんよ(坊屋三郎・クイントリックス)
○○と日記には書いておこう(龍角散トローチ)
クミコ、君を乗せるんだから(日産チェリー)
海岸通のぶどう色

昭和49年  漫画

野球狂の歌(水島新司・里中満知子合作)/浮浪雲(ジョージ秋山)/アサッテ君(東海林さだお)/がきデカ(山上たつひこ)/三丁目の夕日(西岸良平)/宇宙戦艦ヤマト(松本零士)

昭和49年 流行歌

森進一「襟裳岬」「さらば友よ」
殿さまキングス「なみだの操」「夫婦鏡」
かぐや姫「赤ちょうちん」「妹」
山口百恵「ひと夏の経験」「ちっぽけな感傷」「春風のいたずら」
グレープ「精精霊流し」「追伸」
海援隊「母に捧げるバラード」
中村雅俊「ふれあい」
西城秀樹「激しい恋」「愛の十字架」「傷だらけのローラ」「薔薇の鎖」
中条きよし「うそ」「うすなさけ」
梓みちよ「二人でお酒を」「淋しがりや」
フィンガー5「恋のダイヤル6700」「学園天国」「恋のアメリカン・フットボール」「恋の大予言」
小坂明子「あなた」
渡哲也「くちなしの花」「あじさいの雨」
布施明「積木の部屋」
ペトロ&カプリシャス「五番街のマリーへ」
山本コータローとウィークエンド「岬めぐり」
井上陽水「闇夜の国から」「夕立」
チューリップ「銀の指環」
アグネス・チャン「星に願いを」「ポケットいっぱいの秘密」「美しい朝がきます」
いずみたくシンガーズ「帰らざる日のために」
郷ひろみ「よろしく哀愁」「花とみつばち」「モナリザの秘密」「君は特別」
りりィ「私は泣いています」
ダ・カーポ「結婚するって本当ですか」
西川峰子「あなたにあげる」
NSP「夕暮れ時はさびしそう」
西崎みどり「旅愁」
ふきのとう「白い冬」
野口五郎「甘い生活」「愛ふたたび」「告白」
八代亜紀「しのび恋」「愛ひとすじ」「愛の執念」
敏いとうとハッピー&ブルー「わたし祈ってます」
沢田研二「追憶」「恋は邪魔もの」「愛の逃亡者」
桜田淳子「三色すみれ」「花占い」「黄色いリボン」
森昌子「おかあさん」「若草の季節」「下町の青い空」
南沙織「バラのかげり」「夏の感情」
小柳ルミ子「冬の駅」「花のようにひそやかに」
夏木マリ「お手やわらかに」
加藤登紀子・長谷川きよし「灰色の瞳」
天地真理「想い出のセレナーデ」「恋人たちの港」
あいざき進也「気になる17才」
城みちる「イルカに乗った少年」
麻生よう子「逃避行」
アン・ルイス「グッドバイ・マイ・ラブ」
由紀さおり「挽歌」
五木ひろし「みれん」「浜昼顔」

ハート・ブレイカー/バンド・オン・ザ・ラン/天使のささやき/プリーズ・ミスター・ポストマン/愛の告白/アイ・ショット・ザ・シェリフ/ユア・シックスティーン

昭和49年 映画

砂の器/華麗なる一族/青春の蹉跌/仁義なき戦い・頂上作戦/赤ちょうちん/妹/女囚サソリ・701号怨み節/
エクソシスト/エマニエル夫人/燃えよドラゴン/追憶/パピヨン/最後の晩餐/アラビアンナイト/エアポート75

日本国有鉄道史

年代別

blackcat写真館

blackcat写真館

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatのアメーバーブログです。随時更新

blackcatブログ

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの元祖gooブログです。内容はかなり硬派です。随時更新

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの思索帳

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳Hatena blogです。主に労働運動を中心に社会学的視点から検討するblog、6日に1回の更新を目標としています。

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話Yahoo blogです。鉄道とは一切関係なし、少しみんなが元気になってくれればと毎日更新にチャレンジ中

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話

blackcat(kato.y)のブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの新しい挑戦、blackcatの文庫箱です。鉄道とは一切関係なし、時々、小説風のライトな読み物などをアップしています

blackcatの文庫箱