昭和56年後半 鉄道ニュース

国鉄通学定期改定を平均アップ率13.2%実施 7/1
これは通学定期旅客運賃の平均割引率が77.35%から74.3%ヘと3%修正されるため、去る4月20日から実施された運賃改訂では通学定期については据え置き、普通旅客運賃改定分の平均9.5%アップにとどめ、7月1日から割引率を修正することにしていたもの
国鉄は全国一斉に「荷くずれ・過積事故防止運動」実施 7/1
国鉄は全国一斉に「荷くずれ・過積事故防止運動」を7月20日までの期間中公安職員が中心となって実施
国鉄山手線(全線)京浜東北線大宮〜蒲田間でATC設備完成 7/1
運転士1,209人を対象とした訓練運転を開始
夕張線【路線廃止】紅葉山〜登川間(-7.6km)代行バス運転。 7/1
【駅廃止】楓、登川 
安全成績優秀現業機関の総裁表彰 7/1
全国安全週間にちなんで、安全成績の優秀な現業機関に対して、総裁表彰が行なわれた、昭和56年3月31日現在において、300万時間(工場職場は200万時間)以上の労働無災害記録を続けている模範的職場、または、労働大臣、地方労働基準局長の優良賞を受賞するなど安全成績が優秀な49現業機関が各地方機関から推薦された。この中から、職場の安全管理等に努め、安全成績がとくに優秀であった、次の18機関が受賞した
  • ▽青函局五稜郭駅
  • ▽盛岡鉄道管理局八戸保線区
  • ▽秋田鉄道管理局新庄機関区
  • ▽仙台鉄道管理局郡山駅
  • ▽新潟鉄道管理局長岡駅
  • ▽水戸鉄道管理局日立駅
  • ▽東京北鉄道管理局白河車掌区、東京電気試験区
  • ▽長野鉄道管理局上諏訪機関区
  • ▽静岡鉄道管理局富士電車区
  • ▽名鉄管理局神領電車区
  • ▽金沢鉄道管理局福井機関区
  • ▽大阪鉄道管理局京都駅・大阪電力区
  • ▽広島鉄道管理局呉管理駅
  • ▽門司鉄道管理局黒崎駅
  • ▽大分鉄道管理局佐伯保線区
  • ▽長野工場鉄工職場
国鉄全国安全週間 7/1〜7/7
「荷くずれ・過積事故防止運動」展開 7/1〜7/20
脱線事故や人身事故に結びつく恐れがある荷くずれ・過積事故の絶滅をはかろうと、公安職員を中心にして全国いっせいに「荷くずれ・過積事故防止運動」が実施された。
55年度は、荷くずれ事故が470件、過積事故が220件発生したが、それぞれ、190件29%、28件11%の減少にあたるものの、開扉事故については、最近、増加の傾向がみられることから、本社では、次の運動実施項目を定めた。
  1. パワム車の開扉脱落事故防止の徹底
  2. 転動、滑動しやすい貨物の積付け方の見直し
  3. 貨物の基礎重量把握の徹底
  4. 入換え作業の適正
これらの具体策として、各管理局で、それぞれの地方事情を加味した防止運動が実施された。
札幌地下鉄に定期の自動販売機 大通駅に2台 7/1
全国知事会(知事意見についての対策協議) 7/2
青函トンネル陸上部すべて貫通 7/3
陸上部最後の未貫通部だった本州側築用師、予定より1年も遅れての貫通だが、これによって58年度完成へ一歩前進することになった。(実際の完成は昭和63年です。)
総武本線【複複線化】 津田沼駅 〜 新検見川駅間 7/5
運輸政策審議会答申 7/6
第243回運転事故防止対策委員会、同地方部会開催 7/6
本社9階大会議室で,第243回運転事故防止対策委員会と第118回同地方部会が開催され、全国的に線路状態の見直しを行うことを決定した。 とくに今回は、6月上旬に起きた篠ノ井線、長崎本線の列車事故の原因報告と、6月12日〜27日までの総点検の結果、事故防止対策の推進状況を中心に審議が進められた、その結果
  1. 気温上昇にともなうレールの張り出し、災害による事故・阻害の防止に努めること
  2. 取扱い誤りによる事故防止をはかっていくこと、などを確認した
全体的には良好だが一部の管理局で管理作業不十分なところもあり、優等列車が運転されている線区のうち、特に曲線部の軌道強化を図ることにしている
上野駅は夏本番 7/7
七夕の7日、帰省ラッシュを間近に控えた上野駅には、東北四大祭りの山形花笠・弘前ねぶた・仙台七夕・秋田竿灯がことしも勢揃い。四大祭りが飾ウ付けられたのは昨年に続いて2度目。圧巻は仙台七夕。10mもある孟宗竹を使った飾り什けは、不快指数最高の暑さもしばし忘れさせた
呉駅ビルオープン 7/7
国鉄が春のストで処分 7/8
解雇1人(動労)を含む、国労・動労・全動労・全施労の本部役員クラス11人に停職・減給
石勝線で乗務員の訓練運転を開始 7/9 第二臨調(会長・土光敏夫経団連名誉会長)から、第一次答申が提出 7/10
答申は
「行政改革の理念と課題」
「緊急に取り組むべき改革の方策」
「今後の検討方針」
の三部から成っておいて、答申では、財政支出の削減、行政の効率化をテコに「国の歩み」、行政のあり方の転換をはかるという行政改革の位置づけを定義。
本社屋上に通信衛星地球局完成 7/10
東海地震など大規模地震災害が発生した際、必要な情報を確保するため、衛星通信の実験が進められており、本社屋上に直径5メートルのパラボラアンテナを持つ地球局が完成
昨年10月に先行して設置された、鉄道技術研究所本館屋上の地球局との間で午前に、両局間で通話式が行なわれた、電話音声、静止画像とも予想以上に良好であることが確認された。7月31日には、技研のアンテナを解体し、静鉄局庁舎屋上へ移設完了、9月1日から大規模な試験を行う予定
第二臨調第一次答申 7/10
神領電車区は55年度安全管理で総裁表彰を受ける 7/11
本四連絡橋・青函トンネル接続ルート決まる 7/12
国鉄 鉄道地震対策研究委員会開催 7/13
小田急新宿駅地下駅新ホーム使用開始 7/13
11時からテープカットが行なわれ、運輸省大井民鉄部長、広田小田急会長、和光社長が鋏を入れた
動労定期全国大会開催 7/14〜18
国鉄本社 理事に岡村総吾氏(日本学術振興会常務理事)就任 7/15
東北・上越新幹線一人運転で合意 7/15
国鉄は国労・動労など5組合と東北・上越新幹線の労働条件について合意し、運転士は全区間が一人乗務となる
足尾線でエキストラ作戦始まる。7/15
第二次廃止対象候補線区終点の足尾町が毎日25人づつ老人クラブ員らを町費で桐生へ一往復させて乗客を増やすことを実施
千葉労働の組合員6人逮捕 7/15
6月12日、津田沼電車区で対立する動労本部の組合員らに暴行しケガをさせた疑いで、船橋署が逮捕
東北・裏日本一帯に豪禍 7/16 豪雨のため、仙鉄管内の磐越西線塩川会津若松間の阿賀野川橋梁が桁下一メートル増水で危険となり不通になったのをはじめ、秋田、仙台、新潟、金沢、米子、福知山各鉄道管理局管内で築堤決壊、土砂崩壊、道床流失、通信線故障など八89ヵ所の被害が発生したが、総損害額は五億円に達するものとみられる。 常磐線で大捕り物 7/19
9:55頃、常磐線の植田駅に停車中の221レ車内で、女性の手提げかばんから現金をスリとった男を公安職員が逮捕。
男は「常磐グループ」に属する大物スリ師と判明
新幹線総合試験線の結果まとまる 7/20
去る53年6月から満2年間にわたり東北新幹線鷲宮〜石橋間42.8キロに設置した小山総合試験線で、騒音・振動対策をはじめ保安度向上など約200項目にのぼる試験を実施してきたが、このほど試験結果がまとまり、発表された。最重点対策では逆L防音壁や改良型パンタグラフ、架線・軌道・防振工法などの組合せにより、騒音で80ホン、振動で70デシベルの成果を得た。
天鉄局 お座敷列車完成(現・いきいきサロンきのくに)、全国で11番目 7/21
56年度試験研究補助金約1億7千万円を交付 7/22
運輸省はこのほど56年度試験研究補助金の交付を決定した。補助金総額は1億6、819万円(55年度は1億8、686万円)で、対象企業団体は、海外鉄道技術協力協会・鉄道電化協会・明電舎等25団体(55年度28社)
全国知事会から運輸大臣に「照会」 7/23→7/27 塩川運輸相が勝田線を視察 7/23
塩川運輸相はローカル線廃止問題で地元の協力要請のため福岡県を訪れ、第一次廃止対象線区の一つである勝田線を視察、29日は北海道に転じ、万字線に
大糸線新性能化 7/24
大糸線では、115系三連を基本とする新性能電車に置換え、詳細は別紙
特急「つばめ」号運転 7/25〜26
栄光の特急つばめ号が朝、760人を乗せて東京駅を出発、東京南管理局が夏休みに企画した特急で、8時48分から東京駅9番ホームで出発式が行われ、EF5861号の引く同号は「つばめガール」による花束贈呈やテープカットで賑わった。
福岡市営地下鉄部分開業 7/26
全国で8番目、神戸以西で初めての地下鉄が福岡市に誕生した。同市地下鉄4号線姪浜〜博多間9.8キロ中の室見〜天神間5.8キロ。部分開業とはいえ、50年11月着工以来、難工事を続け工期を延長すること2回、5
年8カ月の歳月と工費も予定の2倍、2,935億円(キロ当り約300億円)で完成したもの。
大糸線でゲタ電サヨナラ運転 7/26
昭和40年代から大系線ローカル列車として運転されていたゲタ電の生き残り37両がすべて新車の115系に交替するため、6連のクハ68011ほかがお別れ行事を開催。 大糸線
画像 なにわの食道楽様
(福岡市地下鉄空港線) 【開業】1号線 室見 〜 天神間 7/26
全国知事会からの照会に対して運輸大臣から文書回答 7/27←7/23
国労定期全国大会開催 7/27〜7/31
白新線【複線化】上沼垂信号場〜新潟 7/28
野岩鉄道株式会社、設立発起人会 7/28
運輸省、55年度国内輸送実績を発表。国鉄旅客輸送は民間に抜かれ、貨物も終戦直後並に低迷 7/29
運輸省は、55年度の各輸送幾関の国内総輸送量を発表
55年度輸送量は全体として伸び悩んだ結果、旅客輸送は、国鉄の総輸送人員は517億2100万人、総輸送人キロは7,822億2200万人キロと、双方とも対前年0.6%の増加にとどまった
貨物輸送は、総輸送トンは59億9100万トンと対前年0.6%増加したものの、総輸送トンキロは4,396億9200万トンで同0.5%の減少
国鉄旅客輸送量は68億2500万人、1,931億4300万人キロと、それぞれ対前年1.5%、0.8%の減少。
私鉄との比較では、定期旅客人キロで、国鉄779億9100万人キロに対し、私鉄798億9800万人キロで、初めて私鉄の輸送量を下回った
国鉄の貨物輸送量は1億2200万トンで、対前年10.8%減、トンキロベースでも369億6100万トンキロと同12.6%減少
全動労定期全国大会開催 7/29〜8/1
レールファン向けの窃盗男捕まる 7/29
ブルー・トレイン等の写真を撮影していた小中学生などからカメラ40台を騙し取っていた40歳の男が、上野駅構内で上野署員が逮捕。
 ファンを装い、東京・上野・大宮駅などで「ちょっと貸して」と言っては持ち逃げしていたもの。
東京急行電鉄 マウナ ラニ リゾートにゴルフ場が完成 7/29
国鉄 第36回運賃問題懇談会開催 7/30
勝田線【貨物営業廃止】志免〜宇美(-3.7km) 7/30
香椎線【貨物営業廃止】酒殿〜宇美 7/30
京阪京津線 浜大津駅の移設・統合化工事が完成 7/31
宗谷本線【仮乗降場名改称】南咲来→天塩川温泉 7/


身延線に新製115系デビュー 8/1
身延線にツートンカラーの新製115系電車が登場、富士・身延・下部の3駅で、関係市町長等も出席して地域ぐるみの祝賀出発式を実施
新幹線の荷物保管室を利用した荷物輸送、「レールゴー・サーピス」開始 8/1
小山運転所(現・小山新幹線車両センター)発足 8/1
大井川鐵道【仮乗降場開業】大加島仮乗降場 8/1
東北本線、盛岡〜青森間203.9kmCTC化 8/2
富内線振内〜日高町間水害のため不通。(11月10日復旧) 8/3
北海道に記録的な大雨 8/3
午後から降り始め、5日6時までの雨量は札幌226ミリ、江別260ミリ、岩見沢282ミリ、芦別244ミリ、豊沼361ミリ、千歳282ミリ、票沢316ミリ、登別167ミリで、道央地方では軒並み200ミリを越す大雨となり、このため4日朝から5日正午までに特急30本、急行46本、普通146本の含計222本の旅客列車と235本の貨物列車が運休、雨による列車の運休は戦後最大の規模となった
全国知事会 8/4
北海道の豪雨不通は25線区32区間に広がる 8/5
5日夜までに道央で400ミリを超える雨量となり、不通線区は25線、32区間となった
運輸審議会、地下鉄2路線に免許答申 8/5
営団地下鉄13号線、和光市〜成増間2.2km
大阪市営地下鉄2号線(現・地下鉄谷町線)守口〜大日間
青函連絡船に檜山丸就航 8/5
7月5日に引退した、旧檜山丸に替えて就航した貨物船(後客貨船に改造)
国鉄本社 第244回運転事故防止対策委員会開催 8/10
盛岡新幹線第一運転所開所、【運転所発足】仙台試験線管理所→仙台新幹線第一運転所 8/10
伊予鉄道横河原線【新駅開業】愛大医学部南口 8/10
国鉄張出し事故防止策協議 8/11
レールの張出しのつ通り狂いなどによる列車事故が相次いでいるため、国鉄施設局は、緊急保線課長会議を開き、張出し事散防止対策について協議するとともに、酷暑期における道床作業の注意点について指示。
筑波鉄道 貨物営業廃止 8/12
全国知事会、国鉄特定地方交通線対策を運輸相に再度申入れ 8/13→8/18〜9/3
全国知事会の地域交通問題研究会委員長戸谷松司兵庫県副知事は、運輸省に国鉄監査局長を訪ね、国鉄地方交通線対策について、全国知事会の意見として度塩川運輸相に申入書を提出、5項目の要求を掲げ「特定地方交通線対策を当分の間、凍結することも考慮すべきである」と強い姿勢を明らかにした。
国鉄電気設備関連の運転事故・阻害大幅減 8/14
電化やCTC化によって年々増加を続ける電気設備の故障防止対策を重点的に進めているが、電気局の調べによると、55年度の両事故は54年度より103件も少ない1,158件にとどまるとともに、部内原因による事故・阻害は563件と過去10年間で最小
地震、架線事故で新幹線のお盆輸送混乱 8/15
11時54分、東海地方で地震が起き、新幹線は静岡〜豊橋間の一部約63キロの区間の送電を一時中止
送電はすぐに開始されたが、静岡〜浜松間で徒歩点検をしたため、運転再開は14時36分になった。このため、新幹線25本が運休、190本が最高3時間16分遅れた
さらに同日、20時32分、新幹線の米原〜京都間で吊架線が切れるという架線事故が発生。調査したところ、五個荘町内で下り吊架線が約100メートルにわたって断線し、上り架線にもからんでいたため、上下線とも不通に。復旧作業の結果、16日3時49分に送電を開始し、同日6時44分開通
東北・上越新幹線総合指令本部始動 8/18
同本部は今年4月1日に発足以来、CTC、コムトラックなど各種機器の調整と取扱訓練等を行なっているが、このたび仙台〜盛岡間の一部指令業務が開始となった
 同日、9時40分から、総合指令本部9階の指令室で、高木総裁、若元情報システム部長、須田旅客・小椋運転・伊能施設・坪内電気(現、常務理事)の各局長と同本部の芹沢本部長、同本部職員らが出席して発進式が行なわれた。この後、訓練運転の925形電気軌道総合試験車(7両編成)の乗務員と総裁の間で、列車無線による通話がなされた
各道県知事から意見書提出 8/18〜9/3
東北・上越新幹線総合指令本部 指令本部と現地の指令とによって本格的な訓練運転開始 8/19
東北・上越新幹線開業準備会発足 8/20
同線の開業準備に関する基本的事項について総合的に調査審議し、その強力な推進をはかるため、馬渡副総裁を委員長とする20名の局部課長で組織
夏季輸送総決算まとまる 8/19
7月21日から8月18日まで29日間の夏季輸送の旅客営業概況が発表された
これによると、主要30区間の下り特急・急行列車旅客人員・「」l,579万人、対前年97%と前年を下回った
また、旅客収入は、指定券の1ヵ月前発売のため、6月21日がら8月18日まででみると、3,990億円、対前年107%と増加した。  内訳をみると、新幹線はポートピア’81の人気にのって623万人、対前年103%と前年を上回ったのに対して、在来線は956万ふ対前年93%と前年以下の成績に終わった。在来線で注目されるのは、外房線(千葉一大網),内房線(干葉一木更津)、総武線(千葉一佐倉)がそれぞれ対前年105%、106%、102%と房総3線が好調であったのに対し、月初、集中豪雨の影響を受けた函館本線 (札幌―岩見沢)と千歳線(千歳一札幌)が、それぞれ対前年67%、85%と落込みが大きかった。
 海、山の人出について、主要駅の降車人員をみると、海は、弁天島駅140%、逗子駅134%と好調であったのに対し、山は、軽井沢駅96%、信濃大町駅87%と不調であった。
タ張線 不眠不休で複旧 8/20
豪雨のため川瑞〜溝ノ上間で築堤が決壊5日から不通となっていたタ張線は、不眠不体で続けられた復旧工亭によって20日開通という見事な成果
チョッパ制御式201系量産車動き出す 8/20
省エネ電車の工ースとして55年度車両計画で、200両を量産した201系が、中央線で運転を始めた。
試作車1編成によって車内アコモデーションや台車に改良が加えられた。
これによって来春には中央線快速、特快用電車の30%がこのチョッバ制御電車に置換わる。
東北・上越新幹線開業準備委員会設置 8/21
国鉄初の全国一周列車(四国を除く)「ブルートレイン・駅」号が東京駅を出発 8/21→8/30
ブルトレ「駅」号出発日本1周6000キロの旅ブルートレイン「駅」号が東京駅を出発した。同日は12時から竹内東京南局長、水島東京駅長、明石近畿日本ツーリスト社長、俳優高倉健さんなどが出席して華やかな出発式が行なわれた。
房総半島に上陸、東北を縦断し、北海道に再上陸後、日本海に抜けた大型台風15号は、東日本および北海道の各地に大雨による被害をもたらした 8/23
山田線区界〜川内間水害で不通。(10月中句復旧) 8/23
リニアモーターカー、MLU001、内部公開 8/24
中村岩手県知事、国鉄廃止対象路線、久慈・宮古・盛の3線と未開業区間を第3セクターで運営すると言明 8/24
8月15日の架線事故原因が判明 8/25
架線事故の原因が新幹線総局により発表され、「基本的な設計ミスによる誤配線」であることが明らかにされた
全国市長会(第一次廃止対象関係市町村の合同会議) 8/25
お盆の新幹線事故は85万人が迷惑を受ける 8/25
お盆の8月15日の架線事故の原因は2万5千ボルトの高圧をつり下げるちょう架線を固定する可動ブラケットは設計図通りに工事をした結果の事故で、国鉄では設計した職員を近く処分すると発表
監査委員会、「55年度監査報告書」を運輸相に提出 国鉄55年度赤字1兆円突破 8/27
国鉄と国鉄監査委員会は,55年度決算と監査報告書を塩川運輸相に提出した。
55年度赤字は1兆84億円と、54年度より1,866億円ふえて1兆円を突破。「国鉄離れ」は止まらず、旅客輸送量対前年比1%減(収入4%増)、貨物13%激減(同7%減)
野岩線事業免許申請 8/28
第三セクター方式で赤字建設線を引き継ぐ第1号の事業免許申請で、野岩線(会津滝ノ原〜新藤原30.9km)について、野岩線鉄道会社発起人代表の松平福島・船田栃木両県知事名で塩川運輸相に提出した。60年度開業、6年目から黒字経営を見込む
運輸省、57年度国鉄関係概算要求案を提出 8/31
4組合、国鉄の民主的再建で共同要求 8/31
身延線、戦前形旧型国電の営業運転を終了 8/31
62系(2代)を除いて115系2000番台に置換えられる
国鉄出資関連会社の55年度決算まとまる 8/
関連事業収入拡大が大きな役割を担っているが、このほど55年度決算がまとめられた
これによると、55年度末現在、出資会社は97社、出資額は223億8000万円に達している。この中で配当を行なったのは、昨年より7社増えて22社、国鉄の配当収入は2億4600万円、対前年145.8%と、初めて2億円を超える大きな伸びとなった。 配当会社の内訳は、駅ビル関係が14社、広告媒体管理関係が2社、業務委託事業関係が3社、物資別ターミナル施設が3社となっている。
静岡鉄道 静鉄電車教室を長沼工場で開催 8/


「防災の日」国私鉄各地で記念行事 9/1
国鉄本社では下記の通り訓練が行われた、「防災の日」の、本社、新幹線総局、首都圏本部、千葉・東京北・東京南・東京西・静岡・名古屋の各管理局関係者、合わせて約5,000人が政府(中央防災会議)の実施した地震総合防災訓練に参加し、各種馴練を実施
とくに非常時の電話回線の確保では、通信衛星「さくら」を利用して本社と静鉄局両対策本部関で情報連絡が行なわれ、、音声通信、静止画像とも良好であった
国鉄 運転事故防止強化運動 9/1〜9/20
京王帝都通勤快速10連化 9/1
朝ラッシュ時の相模原線系統の通勤快速を10連に増強
交通営団開業満40周年 9/1
東葉高速鉄道 会社設立 9/1
五稜郭駅改駅70周年記念 9/1
大糸線、新性能化 9/1
7月22日から置換えが進められた身延線の新性能化完了 詳細は別紙(準備中)
江ノ島鎌倉観光【社名変更】江ノ島電鉄 9/1
江ノ島鎌倉観光株式会社は、昭和24年に社名改正を行ったが、旧社名の「江ノ島電気鉄道株式会社」が地元では浸透しているため、改めて社名を変更することとしたもので、新社名は「江ノ島電鉄株式会社」に変更する。(江ノ電公式サイト)
長崎電気軌道 運賃改定。大人80円に値上げ(+10円)、子供はそのまま40円 9/1
国鉄当局、「経営改善計画」の概要と八四年までに実施する「要員合理化計画」を組合側に提示 9/2
廃止線に知事の意見書そろう 9/3
運輸省が第1次廃止対象の40線沿線の20道県知事に提出を求めていた意見書が出そろったが、岩手県が「三陸縦貫鉄道」の第三セクター化をめざし、新潟県が赤谷・魚沼線廃止に案件つき同意したほかは強く反対。
MLU001、乗員3人を乗せて初の有人浮上運転を実施 9/3
北海道南部集中豪雨で、函館・江差・瀬棚線が土砂崩壊・線路冠水で不通 9/4
国鉄本社 第245回運転事故防止対策委員会開催 9/7
第2臨調で、国鉄問題が議論 9/7
臨調において四つの部会が設置され、三公社五現業、特殊法人等のあり方を検討する第四部会において国鉄問題が審議された。第四部会長には加藤寛、部会長代理二名、専門委員七名、参与九名の構成でスタート
鉄労年次全国大会開催 9/8〜9/10
武蔵野線高架下で火事 9/8
浦和市の武蔵野線高架下で古タイヤが燃え、同線が1ヶ月にわたり普通になった火災で、国鉄は高架下の土地を貸していた倉庫会社を相手取り3億円あまりの補償を求める調停を東京地裁に申請
東北新幹線試験電車出発式 9/9
東北・上越新幹線の愛称公募 〈ひかり〉〈こだま〉を除き4種類を募集9/11
奥羽本線【複線化】大曲〜神宮寺間 9/11
角館線 廃止承認 (第1次特定地方交通線) 9/11
丸森線 廃止承認(第1次特定地方交通線) 9/11
木原線 廃止承認 (第1次廃止対象特定地方交通線) 9/11
矢島線廃止承認 (第1次廃止対象特定地方交通線) 9/11
青函・本四接続ルート決定 9/12
青函トンネルの本州側は津軽線中小田、北海道側は江差線木古内
本四架橋の本州側は宇野線茶屋町、四国側は予讃本線宇多津
東武日光線【信号所廃止】新古河信号所 栗橋〜新古河間 9/16
全国総局長・鉄道管理局長会議開催 9/16
本社9階大会議室で全国総局長・鉄道管理局長会議開催
8月27日、決算および監査報告書が連輸大臣に提出されたのを受けて行なわれたもので、高木総裁は、大都市部における通勤・通学客が初めて減少したことや、貨物輸送が予想以上に減少している事を深刻に受け止めなければならないとし、1万2000人の要員縮減へ各管理局長の陣頭指揮をお願いしたいと、あいさつ。
営団地下鉄工事で訴訟 9/16
東京・千代田区九段南二丁目地区の住民103人は、「工事中や開通後に、,騒音、地盤沈下などで生活権が破壊される」と帝都高速度交通営団を相手どり、半蔵門線(11号線)延長工事差止め請求を東京地裁に起こした
釜石線復旧 9/17
8月23日から台風15号被害で不通になっていた足ケ瀬〜上古住問は25日ぶりに運転を再開
塩川運輸相、国鉄が申請中の赤字ローカル線40線廃止を承認(別掲)9/18
知事意見に対しては、運輸省鉄道監督局長から文書回答
相生線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
美幸線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
興浜南線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
興浜北線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
幸袋線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
岩内線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
渚滑線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
白糠線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
万字線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
黒石線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
赤谷線廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
魚沼線 廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
宮古線 廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
久慈線 廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
日中線 廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
矢島線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線)
樽見線 廃止承認(特定地方交通線第1次廃止対象)
明知線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線)
神岡線廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線)
信楽線廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
高砂線廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
北条線廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
三木線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
若桜線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
倉吉線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
小松島線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
勝田線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
甘木線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
高森線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
矢部線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
室木線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
添田線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
大畑線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
妻線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
宮原線 廃止承認(第1次廃止対象特定地方交通線
倉吉線が特定地方交通線第1次廃止対象になったことに伴い、南勝線建設放棄が確定 9/18
小田急電鉄 ロマンスカー7000形「LSE」車が鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞 9/18
小田急電鉄 ロマンスカー7000形「LSE」車
画像 wikipedia
国鉄当局、組合に経営改善計画の一環として、「線路保守の改善について」という合理化案を発表 9/20
鉄道建設審議会、青函。本四架橋の計画変更答申 9/21
運輸省10階特別会議室で、鉄道建設審議会(運輸大臣の諮問機関)を約3年ぶりに開催された
運輸相から諮問された津軽海峡線と本四備讃線の基本計画変更を審議し、原案を承認した
  • 津軽海峡線は、津軽線中小国〜青函卜ンネル〜江差線木古内間87.2km
  • 本四備讃線は、茶屋町〜木見〜宇多津間32.4km

のルートとが承認された。(国有鉄道1981-11から引用)
国鉄、59年度までに5万8500人を削減する「35万人体制」の合理化案を国労など各組合に提示 9/21
国鉄 第79回諮問委員会開催 9/21
5組合に「35万人体制」合理化施策の概要を説明 9/21〜9/29
営団が15.3%の運賃値上げを申請 9/21
ゾーン制を維持し、区間の刻みを大きくして、10区間制から6区間制に変更
第95回臨時国会召集 9/24
第37回運賃問題懇談会開催 9/24
経営改善計画(廃止予定時期など)承認申請、特定地方交通線の公告(40線)、協議会組織、野岩線(今市〜会津滝ノ原)、運輸省告示 9/25
38線を58年廃止の方針 9/25
運輸省(現・国土交通省)トンネル開業後青函航路廃止の方針 9/26
列車風圧が原因と阪神電鉄に賠償命令 9/29
昭和45年9月(現在調査中)阪神電鉄本線青木駅のホームで通過中の特急電車の風圧でホームに倒れて死亡した3歳児の両親が約5400万円の損害賠償を求めた裁判で、大阪地裁民事十五部で、「電鉄側が特急電車の接近を放送するなどの措置をとれば事故は防げた」と提訴を認めた
上越新幹線で本格的な走行試験開始 9/30
第二臨調、検討課題ごとに新たに4つの部会を設置
  • 第一部会 「行政の果たすべき役割と重要行政施策のあり方」
  • 第二部会 「行政組織及び基本的行政制度のあり方」
  • 第三部会 「国と地方の機能分担及び反故女性・規制監督行政のあり方」
  • 第四部会 「三公社五現業、特殊法人等のあり方」
  • の4つの会合を開催 「荻窪ルミネ【現・ルミネ荻窪】」オープン 9/30
    第2臨調第4部会、国鉄から事情聴取 9/30 55年度優良提案団体総裁表彰決まる 9/
    提案制度は「明るい職場づくり」を目的として、昭和29年に発足したものであり、このほど55年度の優良提案団体の総裁表彰が決まった
    55年度の提案件数は54万3055件で、史上最高の成績となった
    採用件数も史上最高の47万1309件と前年を1万0340件上回り、経費節減額も6億1700万円にのぽった
    国鉄のポートピア輸送実績 9/ ボートピア’81が開催期間中の「ポートピア輸送実績」が旅客局によってまとめられた。 国鉄の輸送人員は約480万人、総入場者数の約30%と当初予想の280万人を大きく上回り。収入も約255億円と予想の150億〜200億円を大幅に上回った
    管理局ごとに多くの企画商品が開発されたのも大きかった


    経営改善計画(廃止予定時期など)大臣承認 10/1
    時刻改正。10/1
    特急電車;
    東京〜伊豆急下田間特急「あまぎ」4往復を廃止し,東京〜伊東・伊豆急下田・修善寺間「踊り子」
    下り11本,上り12本(うち季節4,臨時1往復)設定。
    特急気動車:
    「おおぞら」函館〜釧路問2往復を1往復,札幌〜釧路間1往復を2往復として3往復を石勝線経由(札幌〜釧路問最大68分短縮)
    函館〜札幌間1往復は「北斗」とする。
    札幌〜網走間「オホーツク」1往復増発。
    函館〜旭川間「北海」1往復を函館〜札幌間とし,1往復増発合計2往復とする
    急行「宗谷」を札幌〜稚内間に変更
    総武線快速電車増発
    総武線【複々線化】10/1
    【新駅開業】東船橋、幕張本郷
    千葉駅では総武線津田沼〜千葉間の複々線開業式が行なわれ、快速・各駅の分離運転が始まる
    東京駅ではに185系新型特急電車「踊り子号」がデビューし、8時33分、東京駅8・9番線で、竹内東京南管理局長、水島東京駅長らが出席して「踊り子3号」の出発式が行なわれた
    夕張線【延伸開業】千歳空港〜迫分〜新得間10/1
    • 【延伸開業】千歳空港〜追分(17.6km)、新夕張〜新得(89.4km)(上落合信号場〜新得(23.9km)は既設) 
    • 【線名改称】石勝線 千歳空港〜新得、新夕張〜夕張
    • 【新駅開業】楓(2代)、占冠、石勝高原 
    • 【信号場新設】駒里、西早来、滝ノ下、オサワ、東オサワ、清風山、鬼峠、東占冠、滝ノ沢、トマム、串内(上落合、新狩勝、広内、西新得は既設)
    • 【駅名改称】紅葉山→新夕張 
    札幌をはじめ、帯広・釧路・新得・占冠・新夕張・追分及び千歳空港の8駅では石勝線を走る初列車の出発式を盛大に開催
    夕張線追分〜新夕張(旧・紅葉山)〜夕張間は、石勝線に編入
    11時30分から札幌パークホテルで、馬渡副総裁、菅原北海道総局長、甲斐札鉄局長、副島釧鉄局長、仁杉鉄建公団総裁、三枝運輸政務次官、小林地元代議士、蛍垣内北沿道知車。中田石勝線新設促進期成連合会会長(夕張市長)ら約800人が出席して、「石勝線峻工開業式・祝賀会」が開催された10/1
    「フルムーン夫婦グリーンパス」発売開始10/1
    フルムーンのグリーンパス発売2人の年齢が合わせで88歳以上の夫婦を対象にした国鉄鉄道全線グリーン車乗り放題のキップ.7日間有効、7万円。
    「ふりむけぱ君がいて」キャンペーンの一環で、来年3月末まで発売予定
    その後定番商品として定着するのはご存知のとおり
    職員の死亡事故増にともなう職員局長緊急通達出される10/1
    運輸大臣、特定地交線に関する経営改善計画追加申請承認10/1
    草津線【新駅開業】甲西 10/1
    豊肥線【新駅開業】武蔵塚10/1
    弘南鉄道大鰐線 快速列車を運行開始10/1
    伊豆急行 L特急「踊り子」運転開始10/1
    伊豆箱根鉄道 L特急「踊り子」運転開始10/1
    国鉄実物大の軌道座屈試験装置完成 10/2
    鉄道技術研究所は、初めての実物大軌道座屈試験装置を完成、この装置を使った実験がスタート
    この夏、6月7日長崎本線、7月30日羽越本線、8月7日鹿児島本線と3件ものレール張り出し(座屈)による脱線事故が発生したことから、座屈現象の解明のため今回の実験となったもの
    計画では、本年度と来年度の2年間実験を繰り返し、温度とレールの伸び、レール変位の関係を調査し、今後のレール張出し防止対策に生かすこととしている
    地方交通線関係総局長・管理局長会議開催10/2
    第1次指定地交線40線区の廃止予定時期と会議開始希望日を明記した追加修正が承認され、廃止に向かっての条件づくりが整ったため、協議会の設置など今後の対策を協議、具体的な転換計画を推進
    大阪市営地下鉄千日前線 新深江〜南巽間(3.0km)開業し全通
    十河信二元国鉄総裁死去10/3
    新幹線生みの親として知られる第4代総裁。
    昭和30年から2期8年間在職。気管支肺炎で死去97歳。
    (新幹線建設時の予算不足の責任をとって辞任した話は有名。)
    国鉄本社 第246回運転事故防止対策委員会開催10/5
    東武熊谷線を第三セクターで運営10/6
    「東武鉄道 妻沼〜小泉線貫通促進協議期成同盟会」の定期総会で熊谷市から、既に廃止の通告を受けている東武「熊谷線・熊谷〜妻沼」間10.1kmについて、第三セクターの運営案が提示された
    韓中国鉄道部副部長一行、国鉄諸施設を視察10/7
    鉄道貨物協会(永野重雄会長)貨物改善計画で国鉄を叱る10/7
    第31回全国支部長会議を開き「もはや安定輸送だけでは乗り切れない。荷主に信頼される運営が必要」と激励した
    ローカル線関係都市協議会10/7
    東京全国都市会館で役員会と指定地方交通線対策部会の合同会議を開き、者路線ごとの輪送実態の具体的算定根拠など3項について国鉄と運輸省が納得できる説明をしなければ、協議会入りをボイコットする強い方針を申合わせる
    全国市長会から申入れ10/8→10/15
    静岡ターミナルビル「パルシエ」オープン10/8
    赤字線が結ぶ姉妹都市10/9
    55年度決算で営業係数3、164とワースト1の添田線をかかえる福岡県添田町と、3、129でワースト2の美幸線の北海道美深町が、東京で姉妹町提携の調印。両線とも第1次廃止対象線で、力を合わせて廃止阻止をめざす
    高木国鉄総裁が国労と”対話集会”10/12
    高木総裁は経営改善計画の実施について国労・鉄労幹部とトップ会談を行なった。国労では森影委員長ら本部。地方本部幹部70人と異例の対話集会
    アジア地域鉄道首脳者会議開催(於二ュ一デリー)10/14〜23 第109回鉄道記念日を迎え全国各地で表彰式や記念行事10/14
    各地で鉄道部品即売会、車両展示、絵画展などが行なわれた他、本社では10時から9階大会議室で鉄道顕功章、下山賞、片岡賞の3賞19氏の表彰式と本社関係職員89人の効績章表彰式が行なわれた
    今年度の効綾章受貧者は全国で4,122人、特別功労章受賞者は296人
    東京駅では佐藤愛子さんが、上野駅ではアグネスチャンさんが一日駅長を務めた
    全国市長会へ回答10/15←10/8 全国知事会から申入れ10/16
    国鉄がスト処分減らす10/16
    衆院行革特別委で、米沢隆氏(民社)が国鉄のスト処分間題を取り上げ、「高崎鉄道管理局の昨年のスト処分通告者は240人だが、実際の処分者は61人だけだった」と追及。高木総裁は事実を認め、陳謝した
    全国町村会から申入れ10/17
    三陸鉄道会社設立発起人会10/19
    久慈・宮古・盛線を建設。運営する第三セクターの設立発起人全が盛岡市で開催
    出席者は、中村岩手県知事他沿線市町村長と関係者。以下の事項が確認された。
    1. 会社の称号を三陸鉄道株式会社とする。
    2. 会社を盛岡市に置く
    3. 未開通区間の工事再開に全力を注ぐ
    4. 発起人代表は中村知事
    5. 設立事務所は岩手県庁内に設置する。
    6. 会社設立に際して発行する株式3万株のうち、2万900株を引き受け、残りは縁故者に割り当てる。
    全国知事会・全国町村会へ回答 10/20←10/16・17
    野岩鉄道株式会社工事施工認可申請書(案)提出 10/20
    国鉄57年度第1次車両新製計画発表10/20
    来年夏に開業が予定されている伯備・山陰線の電化開業車両、上野〜大宮間の新幹線アクセス車両の他、老朽化新幹線電車などの代替用を中心とする445両、このうち量産型省エネ電車201系100両の他。省エネ型アルミ車体203系を初めて新製
    運営規則など施行10/21
    全国知事会(会議参加は各道県の自主判断) 10/22
    首都圏で大雨被害10/22
    台風24号による大雨で、夜から23日未明にかけて不通線区が続出。22時50分ごろ、横浜市港北区の横浜線。小机鴨居間の城山トンネル入日で、束神奈川発橋本ゆき電車が土砂崩れに乗り上げl両目が脱線、トンネル内で停止。乗客600人は小机駅に避難。首都圏各線ダイヤは23日まで乱れた
    北炭タ張新鉱事故札鉄貨物輸送に大打撃10/23
    去る16日発生した北炭夕張新鉱の管理局の貨物輸送にも大きな打撃を与えている
    国鉄本社 身障者下山賞表彰式10/24
    全国知事会から申入れ10/24
    大宮新駅舎の一部完成10/25
    国鉄赤字線廃止58年度は38線10/26
    国鉄再建法に基づいて指定地方交通線の第1次廃止対象40線は当初、57年度中に廃止予定であったが、58年度以降の廃止に繰り下がり、2線は59年となる
    「57 ・11ダイヤ改正」の計画概要を関係各組合に提示10/27
    東北・上超新幹線ダイヤの概要10/27
    発表57年6月の東北新幹線暫定開業に続き、11月のダイヤ改正で大宮盛岡間30往復、大宮新潟間は21往復に。両新幹線並行区間の昼行特急は全廃、急行も大幅削減、夜行列車についても、利用客の昼行転移が予想されるため、見直しを行なうとともに、寝台特急化を進める
    貨物については、有効時間帯の確保・到着時分の短縮等コンテナ輸送の質的向上、物資別適合輸送の一部見直し、一般車扱輸送の効率化等をはかることを目的としている
    国鉄 職員意見発表会、本社で開催10/29
    仲裁裁定、衆院本会議で可決10/29
    東北・上越新幹線の愛称名決定10/29
    本社で東北・上越新幹線列車名発表会が開かれ
    東北新幹線はひかりタイプが「やまびこ」,こだまタイプが「あおば」、上越新幹線はひかりタイプが「あさひ」、こだまタイプが「とき」と発表
    応募数は東北新幹線9万2837通、上越新幹線が5万5581通、不明532通の計14万8950通、列車名の種類はそれぞれ6,378通り、5,170通りの延べ1万1548通り
    愛称名の決定は、馬渡副総裁を委員長に、作家の佐藤愛子、宮脇俊三の両氏他、三人の常務理事からなる「東北・上越新幹線列車名選考委員会」で決定
    総評、福祉・年金スト。国労は地上勤務者の2時間スト10/29
    第38回運賃問題懇談会開催10/30
    宿毛線 工事中断10/


    仙石線一部高架複線化が完成11/1
    西塩釜〜東塩釜 2.77km完成、なお17箇所の踏切が解消
    【高架・複線化】西塩釜駅〜東塩釜 
    【駅移転】本塩釜駅、東塩釜駅
    塩釜線 陸前山王〜塩釜港間・貨物支線 塩釜港〜塩釜埠頭間の区間表示を、陸前山王〜塩釜埠頭間に変更・統合11/1
    山万ユーカリが丘線ユーカリが丘〜中学校前間開業11/1
    岩手で特定地方交通線対策協議会 11/2
    国鉄は第1次廃止対象の特定地方交通線40線中36線についてこの日から地方協議開始を希望していたが、協議会か開かれたのは久慈・宮古・盛3線の第三セクター化がきまった岩手県だけ
    全国市長会・全国町村会へ回答11/2
    三陸鉄道株式会社創立11/4
    新幹線利用者17億人を突破11/4
    16億人目から277日て、13〜16億人達成までの1億人輸送に要した290日台を短縮.52年2〜11月の11〜12億人輸送当時の数字にもどる。最短日数は博多開業景気の8〜9億人で225日
    上越新幹線 長岡〜越後湯沢間速度向上テストで210km/h運転を実施 11/4
    三陸鉄道創立総会開催11/4
    7月24日飲酒運転で歩行者を跳ねて重傷を負わせた上同乗の女性に身代わり助手を頼んだ元東京鉄道管理局営業部長を諭旨免職11/4
    日米鉄道会議設立総会開催 (於ワシントン)11/5
    常磐線60年度までに15両化決定11/6
    国際科学技術博覧会関係閣僚会議で、常磐線15両化など「つくば85」の緊急関連事業計画が了承された。
    つくば博覧会会期中2000万人の観客の半分は鉄道を利用すると見られることから、国鉄と協議のうえ取手〜土浦間のホーム延伸、電留線の増設などを予定している
    早い雪で奥羽本線に被害11/9
    7日から青森県に雪が降り続き。9日7時40分ころ奥羽本線浅岡駅付近で線路わきの松の木7本が雪の重みで倒れて架線にのしかかり10時半すぎまで上下線とも不通となった。青森ゆきく日本海1号〉などが立往生。秋田県の追分駅でもポイント凍結被害が発生。青森市街地は40cmの積雪で、11月上旬の雪としては明治27年(1894)青森地方気象台の観測開始以来の記録
    自民党、整備五新幹線中北陸と東北のアセスメント準備の方針を決定 11/10
    自民党は党四役を中心に整備新幹線の取扱について協議した結果、今年度予算のうち、北陸新幹線として、高崎〜福井〜大阪間、東北新幹線の盛岡〜青森間のアセスメントを着工申請する。
    九州新幹線博多〜西鹿児島間、北海道新幹線については触れず
    宮内線全通11/10
    56年8月初めの集中豪雨で不通となっていた宮内線の振内〜日高町間は104日ぶりに開通
    第3セクター三陸鉄道株式会社、4日の設立総会、10日に設立登記完了と急ピッチでスタート11/10
    第247回運転事故防止対策委員会開催11/12
    連結リニア走行テスト開始11/12
    55年11月から宮崎浮上式鉄道実験センターを試走していたMLU00001-1号車に新製の3号車を連結して、ならし運転を開始
    赤谷線、魚沼線特定地方交通線対策協議会初会合開催11/13
    11/13
    マボロシの「オリンピック・キップ」発売決定 11/13
    名古屋市交通局が9月30日の名古屋オリンピック決定を確信して用意した記念キップは開催地がソウルとなったため宙に浮いていたが,ファンの関心か高いため、資料として頒布することにした。郵送申込みで、締切の27日までに8倍近い7万通の応募
    桃花台新交通桃花台線 東田中〜小牧間の第一次分割工事と東田中〜桃花台東間の第二次分割工事の施工認可申請11/13
    新幹線新型車両30次車〈2000番台〉32両登場11/14
    新幹線新型車両30次車〈2000番台〉
    福島交通 貨物営業廃止11/15
    三陸鉄道株式会社発足11/15
    今冬の季節・臨時列車発表11/16
    今冬に運転する季節・臨時列車を発表。これによると、特急・急行の季節・臨時列車は12月21日から2月28日までに、上下延べ4,671本、同期間における定期、季節・臨時列車を合わせた特急・急行の延べ運転本数は11万4011本と前年並みの輸送力が確保されている。 特急・急行の季節・臨時列車の内訳をみると、新幹線は960本、在来線は特急・急行を合わせて3,711本で、対前年比、それぞれ110%、96%と新幹線を増強したことが注目される
    職員管理委員会設置。第1回会議開催11/16
    本社に職員管理委員会が設置され、翌17日、第1回会議が開催された
    同委員会は、これまで職員局に設けられていた職員管理委員会を全社的に拡大したもので、職員管理に関する基本的事項について総合的に鯛査、審議し、その推進をはかることを目的としている
    、職員管理の推進、職場規律の確立等について、さらにその対策を徹底することになっている
    春闘処分べらしに処分11/16
    高木国鉄総裁は54・55年の春闘ストの処分内容が発表され処分通告より軽減されていた問題で。職員局担当の吉井治・常務理事に1カ月1/10減棒などの処分
    越後・弥彦線の電化計画承認11/17
    上越新幹線の開業に関連して、越後線、新潟〜柏崎間83.8kmと弥彦線弥彦〜東三条間17.4kmの電化を計画
    新幹線訴訟で初の現場検証11/18・19
    原告住民側の申請で行われ、宮本裁判長と、両陪席裁判官の他、原告住民・弁護団、国鉄側の3者が参加した
    東海道新幹線 通算42回目の新幹線若返り工事実施11/18
    野岩鉄道創立総会開催11/19
    リニアモーターカー MLU-100重連テストで浮上試験に成功11/19
    午後、宮崎の浮上式鉄道実験線で、MLU001の1号車と3号車を連結して浮上走行させる世界初の実験が行なわれた
    安居監査委員長、京谷副技師長、吉田九州総局長ら関係者が見守る中で実験が行なわれ。13時48分、安居監査委員長の発進ボタンで走行開始したMLU001は時速180キロで軌道から10センチ浮上、最高速度240キロを出し、スタートから停止まで4キロ区間を1分19秒で走行
    全部で5回の浮上走行を繰り返したが、異状はみられず、実験は成功。その後20、21日、24〜27日、12月8〜18日まで実験を行ない、測定装置や電波送受信装置、自動制御装置等が所定通り作動するか確認した後、来年から本格的な性能試験に取り組むことにしている
    北海道内災害線全線が復旧11/19
    8月初旬の集中豪雨と同下旬の台風15号により、北海道の国鉄は被害箇所2,086件と史上最高の損害を受けたが、不通となっていた災害線区は、16日に日高本線日高門別〜静内間が、19日に胆振線がそれぞれ間通したことによりすべて復旧
    今回の災害では、北海道全線37線のうち29線区、復旧費は97億円に達した。この内訳をみると、日高本線35億円、函館本線15億円、胆振線13億円、富内線5億円、その他線区で29億円となっている
    野岩鉄道が発足11/19
    鉄道公団か工事中の野岩線を建設運営する第三セクター「野岩鉄道株式会社」設立総会が東京の全国都市会館で開かれた。社長は松平勇・福島県知事、副社長は船田護・栃木県知事
    56年度の運輸白書 11/20(国土交通省・運輸白書HPを参照しています。)
    塩川運輸相は、閣議に56年度運輸経済年次報告(運輸白書)を提出、了解を得た。
    「両から質への転換」を求めているのが最大の特徴 久慈・盛・宮古線、第2回会議 久慈線(普代〜田老)、盛線(釜石〜吉浜)運輸省告示 11/20
    神岡線【貨物営業廃止】神岡口〜神岡11/20
    能登線【貨物営業廃止】穴水〜珠洲間11/20
    名鉄三河線 ダイヤ改正11/20
    南海電気鉄道【新駅開業】林間田園都市 11/22
    東急5000系(5043・5044)熊本電鉄に譲渡11/23
    営団の値上げ認可へ11/24
    運輸審議会は営団地下鉄か申請していた値上げ幅をやや圧縮して14.0%アップ、初乗り100円とする答申をまとめた。1月8日実施となり、ゾーン運賃制移行を前提に区間のきざみを大きくした
    タイ運輸相一行、国鉄視察11/25
    国労、賃金問題などで2時間の拠点スト。動労は29分の時間内職場集会11/25
    三陸鉄道(株)地方鉄道事業免許申請 11/26
    三岐鉄道 平均10.9%の運賃値上げ11/26
    名古屋市営地下鉄開通式13:30から伏見駅で開催11/26
    国鉄 賃金配分交渉妥結11/27
    国鉄 第39回運賃問題懇談会開催11/27
    名古屋市営地下鉄鶴舞線【延伸開業】浄心〜伏見間11/27
    同線は、浄心〜赤池間16.3kmとなった
    東北新幹線、試験列車首都圏入り11/28
    那須〜小山間で925形試験電車を使って走行試験が行われる
    第95回臨時国会閉幕11/28
    全国総局長。鉄道管理局長会議開催11/28
    10時から、本社9階大会議室において、全国総局長・鉄道管理局長会議開催。今会議は、職場規律の確立、合理化の推進、下期の予算執行等、当面の重要課題についての認識を深め、今後の対応を協議するために開かれた
    運輸相に小坂徳三郎氏11/30
    鈴木改造内閣スタート。小海氏は東京3区選出衆院議員,田中派で当選5回。朝日新聞記者出身で経済企画庁長官を経験
    56年度の雪害対策決定11/
    55年度は、全国で、2万6900本の運休列車を出すなど大きな被害を受けたが、今冬はこの経験を踏まえた上で、除雪設備の有効活用と運転規制の見直しを中心に対策を進め、これに一部列車の計画運休など52年度以降続けてきた各種対策を合わせて実施していく内容となっている
    新幹線は設備面で分岐器消融雪設備(6組)の増強をしたほか、輸送面では、着発線の有効かつ弾力的な使用によって、ホーム折返し変更のパターン化を実施し、列車遅延の波及を最小限にとどめる方針で、定期列車の計画運休は行なわない
    在来線は、設備増強、一部列車の計画運休、耐寒耐雪性能を強化した車両の投入、運転規制の一部見直し等が行なわれている

    国鉄本社に移入女性幹部12/1
    本社旅客局サービス課主幹(課長級,新設)に日本交通公社旅行クラブ事務局次長・稲垣和代さん(46歳)を迎えた。1年間の予定で,営業施策や現場管理などのチエを借りる
    ルイス米国運輸畏官一行、高木総裁と歓談12/1
    横浜駅にチップ制トイレ12/1
    「首都圏の国鉄駅トイレクリーン作戦」の一環。清掃管理のおぱさんがつき、任意のチップを集めて管理費にあてる。一人10円が多い
    札沼線【仮乗降場新設】大学前12/1
    流鉄流山線【信号所新設】二ツ木・西平井信号所 12/1
    新幹線今冬の初雪で減速運転12/2
    岐阜県関ヶ原付近で5cm、兵庫・広島県内でも25cmの積雪でいずれも160km/hで減速運転、上下とも15分程度遅れ
    大阪市営地下鉄千日前線【延伸開業】新深江〜南巽間開 12/2
    大阪市営地下鉄千日前線 50系
    画像wikipedia
    同線は野田阪神南巽間12。6kmに。大阪市営地下鉄営業キロは89.1kmとなった
    関東鉄道 常総線寺原〜水海道間複線化着工12/2
    東北新幹線ダイヤ最終決定12/3
    国鉄本社全国工場長会議開催12/3
    京阪電気鉄道 京阪本線ダイヤ改正12/3
    三陸鉄道(株)工事施行認可書(案)提出 12/4
    阪神、朝ラッシュ時に区間特急運転(平日のみ 芦屋発梅田行 上り1本のみ)12/4
    東海道・山陽新幹線に「こだま」停車駅増設検討12/5
    地元から新駅建設の請願が上がっているが、国鉄ではスピードが減殺されないため、1〜2駅程度の方針だが、最大の難関は建設費で、地元に負担を求める方針
    常務理事に竹内哲夫氏(東京南局長)就任12/5
    東京国電ATC使用開始12/6
    山手線(34.5キロ)と京浜東北線大宮〜蒲田間(44.8キロ)に、ATC(自動列車制御装置)が導入
    従来のATS(自動列車停止装置)方式では、運転士が約20秒間に1回信号機を指差喚呼し、確認しながら運転していたのに対して、ATC方式では車内に信号が表示され、自動的にブレーキがかかるようになったため、運転の取扱いは容易となり、保安度も飛躍昨こ向上することになった。また、ATCイヒにともない、列車位置表示装置および列車無線装置は本社旧館8階の東京総合指令室内に設置された
    同日、本社旧館8階の東京総合指令室で、ATC営業運転開始式が行なわれた。開始式には、八田首都圏本部長、武藤電気局長、山之内東京北・甲斐東京南・井上東京西各局長らが出席、テープカットや列車無線を使っての初通話を行なった
    ATC切替え工事のため、山手線、京浜東北線は、70本の電車が始発から運休。なお、ATC工事の第2期は赤羽線、京浜東北線蒲田〜横浜間、根岸線が予定されてる。
    なお、これにより、山手線で225機、京浜東北線で295機が撤去される。 →12/7事故編205系電車
    日豊・豊肥本線にSL列車〈豊の国〉号12/6
    別府三重町間でC581号機が12系客車5両を牽引。12日まで毎日1往復
    国鉄本社 第248回運転事故防止対策委員会開催12/7
    当局、地方機関の組織簡略化を提案12/8
    55年4月7日、開発局・事業局の統合、船舶局の部への隆格などを内容とする本社組織の簡素化に続き、鉄道管理局の内部組織についても抜本的な簡素化をはかることになった
    今回実施される鉄道管理局内部組織の簡素化では、現行の鉄道管理局(四国総局を含む)の課室が約4分の1削減される。
    具体的に内容をみると、大規模管理局の場合は現行50課室が37課室に、小規模管理局は現行25課室が19課室に、29鉄道管理局平均では現行36課室が28課室となり、総数では、現行1,037課室が799課室と23%、238課室の削減となる。
    なお、実施時期は57年春からを予定している。
    通算43回目の新幹線若返り工事実施12/9
    ザイール共和国グンスト国鉄総裁、国鉄諸施設を視察12/10
    福知山線【自動信号化】篠山口〜福知山間 12/10
    国鉄 貨物営業制度研究会、「貨物営業制度の方向」を提言12/11
    貨物局長の私的諮開港関である貨物営業制度研究会(会長・石井昭正日食会長)は、「貨物営業制度の方向」と題する提言を行なった。
    提言は、
    1. 運送契約の基本的なあり方、
    2. 運賃制度の基本的なあり方、
    3. 通運事業者および道路運送事業者との連携強化のあり方
    4. 私有貨車による輸送の進め方
    の4項目で、内容は、鉄道輸送の特性を発揮するためにはヤード輸送体制から脱皮し、大量定型輸送・拠点間直行輸送施策を推進すべきであるとし、長期契約方式の設定、個別列車運賃の設定、通運の拠点化、協同一貫輸送の推進等の施策を指摘している
    同研究会では、物流界における国鉄の果たしうる機能を示し、提言の早急、着実な実施を強く求めており、今後は専用線問題やコンテナ化の推進について討議するとしている。→この提言を受けて、ヤード系輸送減少【当初は全廃ではなく、ある程度集約するとみられていました。】
    国鉄本社 第40回運賃問題懇談会開催12/11
    マスコミによる国鉄批判始まる。12/12(新聞)
    国鉄本社職員局のまとめた「1980年度職場管理監査結果について」と題する臨調に提出された部外秘文書をもとに「国鉄労使悪慣行の実態」「『突発休』多く支障」などの見出しをつけた記事を新聞が掲載された、これにより国鉄および国鉄労働者批判キャンペーンが始まり、その後堰を切ったように多くの新聞が同様の批判を展開
    京阪ダイヤ改正12/13
    名鉄三河線【移設・駅名改称】新須磨→碧南中央12/14
    行管庁が国鉄に経営改善勧告12/14
    行政改革最大の課題とされる国鉄の経営改善についての行政監察結果を、中曽根行管長官が小坂運輸相に勧告・鉄道管理局と工場の再編整理、貨物部門の人員縮減、資産処分の促進など。
    以下の管理局が廃止対象として勧告
    釧路鉄道管理局・青函船舶局・熊本局・大分局・福知山局
    京阪電気鉄道 季刊広報誌「グラフ京阪」創刊12/16
    東北新幹線先行開業決定 6/23(水)12/17
    東北新幹線の開業日と当初の運転ダイヤ決まる 12/17
    東北新幹線(大宮〜盛岡間)の開業日を57年6月23日とすることを正式に発表
    運転本数については、゛ひかり夕イプ、の「やまびこ」が4往復,゛こだまタイプの「あおぱ」が6往復でスタートするが、7月3日から 「57 ・11ダイヤ改正」までは「やまぴこ」4往復が加わることになっている。ただし、お盆輸送など波動期にはさらに数往復追加運転の予定同時に、大宮暫定始発となったため、大宮〜上野間の新幹線リレー号の運転計画も決定
    公労委、特退問題で斡旋案(60歳)、協定化 12/18

    国鉄小荷物の駅集荷を発表12/18
    宅急便へ巻き返しをはかり1月中旬から全国132駅で電話があれば集荷する。
    国鉄が春閣処分12/19
    国労・勤労など組合員に停職62人。減給375人、戒告827人。『ストなし春闘』、といわれたが貨特120本が運休しておl〕、仲裁裁定完全実施を求めた動労の56年6月5日の独自ストも対象
    能勢電の一部区間廃止12/19
    兵庫県の能勢電鉄妙見線〜川西国鉄前川西能勢日間0.6kmはこの日かぎり
    川西地区再開発により、能勢電鉄妙見線【廃止】12/20
    川西国鉄前〜川西能勢口間
    第96回通常国会召集(会期は5月19日までの150日間)こL8日 57年度政府予算案決定12/21
    中山トンネルが貫通12/23 中山トンネル貫通12/23
    異常出水に苦しめられた上越新幹線の中山トンネル(全長14.83キロ)の本坑が着工以来9年10ヵ月で貫通、貫通式が行なわれた
    群馬県渋川市の西北約5キロの吾妻川左岸を入口に子持山と小野子山の両火山が形成する高原の下約200〜400メートルを貫くもので、全長14.83キロのうち大量の水を合む軟弱な八木沢層が延べ388メートルにわたって散在し、非常な難工事となった
    49年9月に小野北工区で、54年3月に四方木工区、55年3月には高山工区で異常出水事故が起こり、とくに高山工区での異常出水事故は工程を大きく遅らせ、上越新幹線の開業日程にも大きな影響を与えた
    こうした難工事の中で、ナトム(NATM New Austrian Tunneling Methodの略)エ法をわが国で初めて採用したのをはじめ、超微粒子セメントや各種溶液型注入材料の開発など新技術を開発した
    大阪駅合理化12/23
    大阪鉄道管理局、大阪駅駅員の4割削減など大幅減員による合理化案を、国労・鉄労各大阪地本に提示
    野岩鉄道(株)地方鉄道事業免許 12/23
    国労・動労、荷物車業務の外部委託、医療期間の統廃合について当局と妥結 12/25
    木原線、第1回協議会開催12/26
    岡山でも381系訓練運転開始12/26
    整備新幹線予算復活12/27
    自民党と大蔵省の折衝で、57年度予算に、整備新幹線、東北(盛岡〜青森)、北陸(高崎〜大阪)、九州(福岡〜鹿児島)、同(福岡〜長崎)、北海道(青森〜札幌)5線のうち、東北・北陸の建設費各50億円と、九州をふくめた調査費2億円が復活。地元の工費負担を条件に、東北・北陸は57年度着工ヘ
    大宮以南の通勤別線(埼京線)に500億円 12/28
    東北新幹線の見返りの地元対策として建設される大宮以南の通勤別線に500億円の予算
    阿佐線 日本国有鉄道経営再建促進特別措置法により阿佐西線工事中断 12/
    フルムーン央婦グリーンパス発売状況発表12/
    2人の年齢を合わせて88歳以上の夫婦を対象に、全国の特急・急行・普通列車のグリーン車に何回でも乗れるという国鉄全線のフリ−パスで、56年10月1日から発売されたが、旅客局は10月1日から11月30日までの2ヵ月間の発売実績を発表
    2ヵ月間の総発売量は1万2107枚で、57年3月25日までの発売期間の目標枚数2万枚の約6割
    各鉄道管理局別の発売実績をみると、トップが門鉄局で1,647枚、2位が東京南局の1,564枚、以下、東京西局(1,077枚)、大鉄局(996枚)、東京北局(840枚)、四国総局(625枚),千鉄局(501枚)、広鉄局(467枚)の順になっている
    桃花台新交通桃花台線 高架軌道着工 12/
    小牧線の連続立体交差事業の認可が下りる 12/2

前年度のページ       top      次年度のページ

鉄道に関する事件・事故 昭和56年後半

愛国駅で”幸福行きキップ”盗難 7/8
”5678”(昭和56年7月8日)の朝、広尾線の愛国駅事務室があらされ「愛国から幸福行き」が2800枚消えた。
昼間だけ営業の簡易委託駅であった
落雷で国鉄中央・上信越・東北・新幹線など混乱 7/22
落雷で国鉄中央・上信越・東北・新幹線など架線切れ、線路の水びたしが相次ぎ、ダイヤは大混乱となった。このほか集中豪雨禍の最も激しかったのは足尾線、上越線後閑〜水上間、新幹線米原〜京都間では2度にわたり停電のため遅れ。また中央線では雷害措置の指令ミスで快速が5駅通過事故があった
胆振線で線路宙吊り、乗務員負傷 8/6
豪雨のため不通になっていた担振線御園〜新大清間で運転再開後最初の列車が土砂崩れで線路が約30m宙づりになっているところに突っこみ、気動車2連
の前1両が脱線、がけ下に横転したが乗客はなく大惨事は免れた(運転士と便乗運転士が負傷)
滋賀県内の架線切断事故で新幹線が8/15から混乱、二日間で109本運休、85万人が影響 8/16
 原因は3年前の配線設計ミスで本来電流が流れない場所に電流が流れ、破損させたため
埼玉の国鉄混乱 9/2
12時ごろ、東北本線・蕨〜大宮間などで信号機が消灯し、京浜東北線電車、東北・高崎線列車が立往生、約30分後に送電が再開されたが南浦和〜大宮間の復旧が遅れて京浜東北線電車は17時半までストッブした。北浦和駅構内送電線の絶縁不良が原因
9/3からの雨で函館・江差・瀬棚線土砂崩壊・線路冠水で不通 9/4
開閉機おろさず事故 9/5
18時ごろ、外房線・上総〜ノ宮〜東浪見間の警手勤務の踏切(警報機なし)で、軽トラックが安房鴨川発千葉ゆき電車に衝突、トラックの父子2人が即死。踏切の交通保安係と見習いの2人が列車接近のブザーを聞きながら開閉機をおろすのを忘れたため。上下線とも不通になり、6日6時20分復旧
故障・ポカ国電混乱続発 10/5
首都圏の国電は総武線でポイント故障をはじめ、東海道線・根岸線などで事故が相次ぎダイヤが大幅に乱れた
  1. 大久保駅で駅員が仮眠でシヤッターの開扉遅延、乗客が1番電車に乗り遅れ、13人乗客迷惑
  2. 総武快速線千葉〜稲毛間でポイント故障で復旧に5時間を要し37本が運休、乗客2万3千人が影響
  3. 横浜〜川崎間でレール損傷発見、2千人が影響
  4. 根岸線で北行の架線にビニールが引っかかり、5千人が影響を受けるなど国電受難デー。
台風24号による大雨で、横浜線小机〜鴨居間で東神奈川発橋本行電車が崩れた土砂に乗上脱線10/22
東武野田線で電車火災10/25
午後5時55分頃、岩瀬〜七里間を走行中、上り3両目床下付近から出火しているのを発見、火はすぐ消し止めれらたが2人が飛び降りて負傷
鉄橋の枕木燃え、新幹線混乱11/1
17時23分頃、新幹線相模川鉄橋上で線路から赤い炎が出ているのを、上りこだま258号の運転士が発見、下りひかり525号が新幹線指令所の指示で現場付近に停車調べたところ枕木が1本燃えていたので消火
原因は、レール交換のための足場に巻きつけた針金がレールに不完全接触、レールに流れている帰電流がショートして火花を発したものと判明
飲酒運転事故の国鉄幹部免職11/4
56年7月24日、飲酒運転の上歩行者をはねて重傷を負わせたうえ同乗の身代わり女性に自首を頼んだ元東京南鉄道管理局営業部長を諭旨免職
東海道線踏切警手居眠りで事故11/6
大阪市淀川区のJR東海道線踏切で、警手の居眠りから遮断機がおりず、踏切に入ったタクシーと列車が街突。タクシー運転手が即死
〈ひかり〉で捕り物12/4
19時30分ごろ,〈ひかり118号〉の東京到着直前、グリーン車内で約30kgの覚醒剤を運んでいた3人の男を尾行中の警視庁保安2課員が覚醒剤取締法違反で現行犯逮捕。韓国から漁船を便った密輸ルートがあるとみて追及中
久留里線で、マイクロバスと衝突12/5
午前7時25分、小ひつぎ〜俵田間の踏切でマイクロバスと普通列車が衝突、マイクロバスは大破しバス乗車の2名が死亡、4人が重軽傷。マイクロバスの無理な横断が原因
新ATC早くも故障12/7
山手線内回り電車故障発生の知らせ灯がつき点検したがブレーキ関係に異常が無く8分停車、この影響で22本が最高12分遅延。8日朝にも京浜東北線大宮・大井町駅で故障、2日連続のトラブル
大阪駅旅セに強盗12/14
7時ごろ、大阪駅旅行センター内日本交通公社梅田支店2階でガードマンがしぱられ、助けを求めているのを清掃員が発見。13日23時すぎに若い男がナイフを持って押し入り、現金など7、900万円を奪って逃げたという。土・日曜の売上金だった。

前年度のページ       top      次年度のページ

世相 昭和56年後半

特殊法人放送大学学園設立 7/1
「Newton」が創刊 7/1
ニューヨーク・タイムズ紙が、原因不明の癌が41人の同性愛者から発見したことを報じる(エイズの発見となる)7/3
全英オープンテニス男子シングルスで、ジョン・マッケンローがビョルン・ボルグを破り初優勝 7/4
臨調、地方交付税見直し・特殊法人統廃合・三公社民営化の第一次答申を見送り、2年間の継続審議を決定 7/5
吉田内閣の蔵相をつとめたが泥酔事件を起こして引責辞任 泉山三六、没 7/7
渡辺蔵相、59年秋から新紙幣を発行すると発表 7/7(独立行政法人造幣局HPにリンクしています)
昭和56年7月8日の局名と連番日付スタンプを求め、名古屋市の昭和郵便局に8950人が殺到 7/8
臨時行政調査会が第1次答申を首相に手渡す 7/10
琵琶湖環境保全懇談会(琵琶湖サミット・京都国際会館)開催 7/11
東京地裁八王子支部、米軍横田基地の騒音に対する夜間飛行停止請求を、法律判断はできないとして却下 7/13
木琴奏者 平岡養一、没 7/13
「七人の侍」の俳優 木村功、没 7/14
瀬戸内海への排水を規制する、13府県の瀬戸内海環境保全計画が一斉発表される。 7/15
日本初の試験制度による証券アナリストの合格者246人、日本証券アナリスト協会から発表される。 7/16
文部省令第30号 昭和44年度以後における私立学校教職員共済組合からの年金の額の改定に関する法律施行令第2条第3項に規定する金額の特例を定める省令 7/16
カナダのオタワで主要先進国首脳会議(オタワ・サミット)が開かれる 7/20
東京・名古屋・大阪の三都市間でファクシミリによる電子郵便始まる。 7/20
統合幕僚会議議長指揮の陸・海・空三自衛隊初の統合演習開始 7/20
千代の富士が第58代横綱に昇進 7/21
三井石油化学工業・鹿島建設など3社水中でも凝固するコンクリートを開発 7/22
山口組の田岡一雄組長が死亡し、警察が厳戒態勢を敷く 7/23
大蔵省令第42号 昭和42年度以後における国家公務員共済組合等からの年金の額の改定に関する法律施行令第18条第3項に規定する金額の特例を定める省令 7/23
公正取引委員会、小売業の合併に関す審査基準発表。 7/24
イギリス王室チャールズ皇太子がダイアナ・スペンサーとロンドン・セントポール寺院で結婚式を挙げる 7/29
美空ひばりの母で、マネージャー 加藤喜美枝が脳腫瘍のため東京都目黒区のひばり御殿の自宅で没 7/29
赤平市の住友石炭赤平炭鉱の海面下620mでガス突出事故、3人が死亡 8/1
宇宙開発事業団、宇宙材料実験用小型ロケットTT−500A型10号打ち上げ成功、回収は失敗 8/2
原水爆禁止1981年世界大会、東京の日本教育会館で開催 8/3〜4
アメリカで航空管制官が、待遇改善を求めてストライキを行う 8/3
ボリビアで軍事クーデターが起こる 8/3
日立製作所とアメリカのゼネラル・エレクトリック社が、高性能のロボットの製造・販売で提携を発表 8/3
石炭鉱業審議会、国内炭年産2000万トンを目標とする第七次石炭政策を田中通産相に答申 8/4
電電公社(現NTT)、磁気カード式公衆電話とテレホンカードを発表 8/5
香川県仁尾町で太陽熱発電プラントが稼働を開始 8/6
アメリカ政府が、中性子爆弾の製造再開を決定 8/8
宇宙開発事業団、鹿児島県の種子島宇宙センターで、気象衛星ひまわり2号の打ち上げに成功 8/11
ロサンゼルス市内のホテルの客室で、三浦和義の妻一美が元女優に頭部を殴打されて負傷する。ロス疑惑の発端となる事件 8/13
中央薬事審議会、丸山ワクチンの承認は不適当だが対ガン有効性確認のため研究継続は必要と答申 8/14
鈴木内閣、全閣僚が靖国神社に参拝 8/15
アメリカ海軍機が、地中海のシドラ湾上空でリビア軍機2機を撃墜する 8/19
自治省、「全国市町村要覧」に56年度版から択捉・国後・色丹三島の6村を記載とこの日までに決定 8/19
女流作家 向田邦子ら日本人18人を含む110人が乗った台湾のボーイング737型旅客機が墜落し、全員死亡する 8/22
長唄14世・杵屋六左衛門、没 8/23
電気通信政策懇談会、民間のデータ通信共同利用の自由化など山内郵政相に提言 8/24
南アフリカ軍がアンゴラに侵攻する(9月14日撤退)8/25
閣議が行財政改革大綱を決定 8/25
国際対癌連合第1回癌予防会議、名古屋市で開催。 8/25
環境庁、直噴式ディゼル車の排ガスと中型トラック・バスの騒音規制を強化する58年規制を告示 8/26
阪神の江本孟紀が「ベンチがアホやから野球がでけへん」と任意引退 8/26
三菱金属労連、住友金属労連など、労働条件改善・鉱業政策確立を目的に非鉄金属労協を結成 8/27
ラジャイ大統領(Rajai,Mohammad Ali)とバホナール(Bahonar,Mhammad Javad)首相が、イランの首相府での爆弾テロにより爆死 8/30

5大都市でタクシーが値上げされ、基本料金が430円 9/2
自民党が、東京で北方領土返還要求国民総決起大会を初めて開催 9/3
ポーランドで、連帯の第1回全国大会が開かれる 9/5
三和銀行茨木支店の女子行員の伊藤素子がオンラインを操作して1億3000万円を搾取していることが判明 9/5
山下泰裕が、世界柔道選手権95キロ級と無差別級で優勝し、初の二冠王となる 9/6
ノーベル物理学賞受賞 湯川秀樹、没 9/8
鯨岡環境庁長官、湖沼サミット(湖沼環境保全知事懇談会22都府県が参加して東京で開催 9/9
文部省、検定で4大公害企業名を削除した5社六点の高校教科書「現代社会」について企業名復活を指示 9/10
三和銀行オンラオン詐取事件の伊藤素子が逮捕 9/10
閣議、自衛官を除く国家公務員を5年間で5%削減する第六次定員削減計画を決定 9/11
南アフリカ軍がアンゴラから撤退 9/14
ノルウェー総選挙で、野党の保守3党が勝利 9/14
鈴木首相が沖縄を公式訪問 9/14
金属鉱業事業団、鹿児島県菱刈町で過去最高水準の金鉱脈を確認したと発表 9/17
ソ連がポーランドに対し、連帯の政治要求へ断固たる措置をとるよう求める警告書簡を出す 9/18
フランスが、死刑廃止法案を可決 9/19
総理府、動物保護に関する世論調査を発表。好きな動物は犬・鳥・猫・馬・うさぎの順 9/19
ジャカルタで、1万人の凧揚げ大会が開催 9/20
環境庁、島根・鳥取に隣接すの中海の干拓に自然破壊のおそれありと協議申し入れを決定 9/20
政治家 石井光次郎、没 9/20
中米のイギリス植民地ベリセが独立 9/21
アメリカ、アリゾナ州判事のサンドラ・オコーナー(51)が、女性初の連邦最高裁判事に任命 9/21
新自由クラブと社民連が統一会派「新自由クラブ・民主連合」を結成 9/21
歌舞伎 2世・河原崎長十郎、没 9/22
フランス国鉄の新幹線TGVが、パリ−リヨン間で営業運転を開始 9/27
俳優で映画監督 モンゴメリー(Montgomery,Robert)没 9/27
山形県知事選挙が行われ、板垣清一郎が共産党の若林喬二を大差で破って三選 9/27
公取委が、静岡の建設業界の談合を摘発 9/28
俳人 水原秋桜子、没 9/28
政令第293号 国家公務員共済組合の更新組合員等で旧特別調達庁の職員期間を有するものが申出をした場合における長期給付に関する措置等に関する政令 9/29
政令第296号 地方公務員共済組合の更新組合員等で旧特別調達庁の職員期間を有するものが申出をした場合における長期給付に関する措置等に関する政令 9/29
ボイド・ニール(Neel,Boyd)没。76歳(誕生:1905/07/19)。指揮者。ボイド・ニール管弦楽団 9/30
1988年のオリンピック開催地として名古屋が名乗りでていたが、ソウルに決定 9/30
大蔵省令第51号 国家公務員共済組合の更新組合員等で旧特別調達庁の職員期間を組合員期間に算入しないことを希望する場合の手続に関する省令 9/30

政府、当用漢字1850字に新たに95字を加えた常用漢字を内閣告示 10/1
国鉄が「フルムーン」を発売10/1
丸山ワクチンが有償治験薬として認可10/1
「12チャンネル」が「テレビ東京」と改称10/1
テレビ東京 自治省令第26号 地方公務員共済組合の更新組合員等で旧特別調達庁の職員期間を有するものの申出の手続に関する省令10/1
民社党を設立 西尾末広、没10/3
「悪人と美女」の女優 グロリア・グレアム(Grahame,Gloria)没10/5
サダト(Sadat,Muhammad)エジプト大統領がイスラム原理主義運動集団により暗殺される10/6
京都市議会が全国初の空き缶回収条令を可決10/9
西ドイツのボンで反核集会が行われ、30万人が参加10/10
PLOのアラファト議長が来日10/12
ダヤン(Dayan,Moshe)没。イスラエル国防相10/16
北海道の北炭夕張新鉱でガスが突出し、93人が死亡10/16
ギリシア総選挙で、全ギリシア社会主義党が圧勝10/18
フロンティア電子理論により、福井謙一のノーベル化学賞が決定10/19
鈴木首相がメキシコに出発10/20
メキシコで、初の南北サミットが開催10/22
喜劇俳優 伴淳三郎、没10/26
政令第309号 出入国管理及び難民認定法関係手数料令10/27
東京地裁で開かれたロッキード事件丸紅ルート公判で、田中角栄の元秘書榎本敏夫被告の榎本三恵子前夫人が田中被告の5億円授受を裏付ける衝撃的な証言。「ハチは一度刺したら死ぬ」の名せりふは有名10/28
新劇俳優 芥川比呂志 没10/28
法務省令第54号 出入国管理及び難民認定法施行規則10/28
衆議院本会議が、行政改革関連特別法案を可決10/29
文部省令第33号 大学通信教育設置基準10/29

カリブ海、アンティグアバーブーダが独立11/1
東京地裁で、ロッキード事件の小佐野賢治被告の国会証言は偽証として懲役1年の判決11/5
政令第316号 本州四国連絡橋の建設に伴う一般旅客定期航路事業等に関する特別措置法施行令11/5
運輸省・建設省令第 3号 独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構又は鉄道事業者等が締結する退職金支払確保契約に関する省令11/5
三原正が世界J.ミドル級チャンピオン11/7
厚生省が、人口10万人に医師140人と発表11/7
法務省令第59号 被収容者処遇規則11/10
運輸省令第47号 船舶のトン数の測度に関する法律施行規則11/10
運輸省令第48号 本州四国連絡橋の建設に伴う一般旅客定期航路事業等の再編成に関する省令11/12
運輸省令第49号 船員となろうとする者に関する本州四国連絡橋の建設に伴う一般旅客定期航路事業等離職者の再就職の促進に関する省令11/12
運輸省・労働省令第1号 本州四国連絡橋の建設に伴う一般旅客定期航路事業等に関する特別措置法第2条第3号の業務を定める省令11/12
労働省令第38号 本州四国連絡橋の建設に伴う一般旅客定期航路事業等に関する特別措置法に基づく就職指導等に関する省令11/12
山階鳥類研究所が、沖縄本島北部の原生林で発見されたクイナを「ヤンバルクイナ(学名ラルス・オキナワエ)」と命名11/13
「教科書に真実を、言論に自由を」の集会が開催11/13
衆議院、公務員二法案(国家公務員退職手当引き下げ、地方公務員定年制導入)を可決、成立 11/13
日本・ASEAN開発会社が設立11/16
公正取引委員会が、松戸市のスーパー2店での牛乳安売りを原価割れの不当廉売であるとして摘発11/17
昭和五十六年分所得税の特別減税のための臨時措置法(昭和56年法律第90号)11/17
ロサンゼルスで、三浦和義の妻の一美が銃で撃たれ、重体となる(ロス疑惑)。三浦和義は足に銃弾を受け怪我11/18
国家公務員等退職手当法等の一部を改正する法律(昭和56年法律第91号)11/20
地方公務員法の一部を改正する法律(昭和56年法律第92号)11/20
横浜で自由民権100年全国集会が開催11/21
郵政省令第37号 特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則11/21
来日中のピエール・カルダンが、装幀した堀口大學の仏詩選の印税を身障者に寄付11/24
井上ひさしの『吉里吉里人』がSF大賞に決まる11/26
参議院本会議が、行政改革関連特別法案を可決11/27
ゼリア新薬と厚生省が丸山ワクチンの供給で合意11/28
運輸省・建設省令第 4号 独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構又は鉄道事業者等が交付する一般旅客定期航路事業廃止等交付金に関する省令11/28
「ウェストサイド物語」の女優 ナタリー・ウッド(Wood,Natalie)が、ロケ先で水死11/29
所沢市の富士見産婦人科事件で卵巣や子宮の全摘出手術の大半は不要な手術だったことが判明11/29
ジュネーブで、米ソ間の欧州中距離核戦力制限交渉が始まる11/30
鈴木改造内閣が発足する。二階堂進が自民党幹事長11/30
政令第330号 広域臨海環境整備センター法施行令11/30

福岡市塗装工事協会が、談合問題で解散を決定12/3
「軍縮と安全保障問題に関する独立委員会」東京会議が開催12/4
科学技術庁政務次官の扇千景が、「むつ」は実験船だから事故は当然、とテレビで発言して問題となる12/4
行政改革を推進するため当面講ずべき措置の一環としての国の補助金等の縮減その他の臨時の特例措置に関する法律(昭和56年法律第93号)12/4
供託法の一部を改正する法律(昭和56年法律第94号)12/4
外国人登録法の一部を改正する法律(昭和56年法律第95号)12/4
厚生省・運輸省令第 2号 広域臨海環境整備センター法施行規則12/5
海野東京学芸大教授が、楽器購入に関する収賄容疑で逮捕12/8
随筆家 田辺茂一、没12/11
東西ドイツの首脳が11年ぶりに会談12/11
国連安保理が、ペルーのデクエヤルを事務総長に推薦12/11
国際陸連が、一定条件付きで金銭授受を認める12/12
菅原文太、ガッツ石松らが「雷おやじの会」を結成12/12
ポーランド全土に戒厳令。労働組合の活動が禁止12/13
エステルリング(Oesterling,Anders Johan)没12/13
イスラエルがゴラン高原を併合12/14
労働戦線の統一準備会が発足12/14
国連総会がペルーのデクエヤルを事務総長に任命12/15
北炭夕張炭鉱が倒産する。負債総額は721億円12/15
経済対策閣僚会議が、市場開放と輸入促進などを含む対外経済対策を決定12/16
大阪空港公害訴訟で、最高裁が住民の夜間9時以降の飛行差し止め請求を却下12/16
渡嘉敷勝男が、世界J.フライ級チャンピオンの座を奪い返す12/16
国連安保理が、イスラエルのゴラン高原併合の撤回要求を決議12/17
薬師丸ひろ子主演の「セーラー服と機関銃」が封切り12/19
法務省令第63号 入国審査官及び入国警備官の証票の様式に関する省令12/19
日本の国連分担金が、アメリカに次いで2位になったことが報道12/21
茨城県議会が、霞ケ浦富栄養化防止条例案を可決12/21
アメリカがポーランドへの制裁措置を発表12/23
一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律(昭和56年法律第96号)12/24
特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律(昭和56年法律第97号)12/24
防衛庁職員給与法の一部を改正する法律(昭和56年法律第98号)12/24
裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律(昭和56年法律第99号)12/24
検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律(昭和56年法律第100号)12/24
国家公務員等退職手当法の一部を改正する法律(昭和56年法律第101号)12/24
国会議員の秘書の給料等に関する法律の一部を改正する法律(昭和56年法律第102号)12/24
敦賀原発が運転を再開12/25
秋元正博がスイス国際ジャンプで優勝12/26
作曲家で俳優 カーマイケル(Carmichael,Hoagy)没12/27
運転再開したばかりの敦賀原発が異常で再び停止12/27
作家 横溝正史 没12/28
松下、日立など国内4社が家庭用VTRの統一規格をVHSとしたことが判明12/29
在日米海軍が、第7艦隊などをマスコミに公開12/30
寺尾聡の「ルビーの指輪」が第23回レコード大賞に選ばれる12/31
B級ニュース
宮崎県高千穂町で教師に注意された中三生徒が同教師の車をダイナマイトで爆破、高千穂署に補導される 9/25

前年度のページ       top      次年度のページ

昭和56年 ラジオ番組

昭和56年 テレビ番組

夢千代日記/女太閤記/将軍/今夜は最高!/オレたちひょうきん族/北の国から/野々村病院物語/意地悪ばあさん/Dr.スランプ/忍者ハットリくん/

アニメ 家族ロビンソン漂流記 ふしぎの島のフローネ/最強ロボ ダイオージャ/タイムボカンシリーズ ヤットデタマン/黄金戦士ゴールドライタン/百獣王 ゴライオン/ハロー サンディベル/おはよう! スパンク/愛の学校 クオレ物語/名犬ジョリィ/若草の四姉妹/Drスランプ アラレちゃん/フーセンのドラ太郎/新竹取物語 1000年女王/タイガーマスク二世/戦国魔神ゴーショーグン/まんが水戸黄門/新ど根性ガエル/忍者ハットリくん/六神合体ゴッドマーズ/じゃりん子チエ/ダッシュ勝平/銀河旋風ブライガー/まいっちんぐマチコ先生/ワンワン三銃士/うる星やつら/アニメ親子劇場/太陽の牙ダグラム

昭和56年 CM&雑誌

振り向けば君がいて・フルムーン(国鉄)/ハエハエカカカ、キンチョール/カンビールの空カンと破れた恋は、お近くのごみ箱へ/ピップ/君にクラクラ

昭和56年  漫画

キャプテン翼(高橋陽一)/タッチ(あだち充)/Let’s豪徳寺(庄司陽子)

昭和56年 流行歌

ルビーの指輪/涙のジルバ/ヨコハマチーク/長い夜/鳳仙花/街角トワイライト/夏の扉/守ってあげたい/みちのくひとり旅/お嫁サンバ/悪女/恋=Do!/スマイル・フォー・ミー/ウェディングベル/奥飛騨慕情/スニーカーぶる〜す/ハイスクール・ララバイ/大阪しぐれ/恋人よ/チェリーブラッサム/つっぱりHigh School Rock'n Roll/キッスは目にして/もしもピアノが弾けたなら/恋のぼんちシート/

洋楽 愛のコリーダ/セクシー・ミュージック/ス・ト・リ・ッ・パー

昭和56年 映画

日本国有鉄道史

年代別

blackcat写真館

blackcat写真館

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatのアメーバーブログです。随時更新

blackcatブログ

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの元祖gooブログです。内容はかなり硬派です。随時更新

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの思索帳

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳Hatena blogです。主に労働運動を中心に社会学的視点から検討するblog、6日に1回の更新を目標としています。

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話Yahoo blogです。鉄道とは一切関係なし、少しみんなが元気になってくれればと毎日更新にチャレンジ中

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話

blackcat(kato.y)のブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの新しい挑戦、blackcatの文庫箱です。鉄道とは一切関係なし、時々、小説風のライトな読み物などをアップしています

blackcatの文庫箱