安全の綱領

1. 安全は、輸送業務の最大の使命である。
2. 安全の確保は、規程の遵守及び執務の厳正から始まり、不断の修練によって築き上げられる。
3. 確認の励行と連絡の徹底は、安全の確保にもっとも大切である。
4. 安全の確保のためには、職責をこえて一致協力しなければならない。
5. 疑わしいときは、手落ちなく考えて、もっとも安全と認められるみちを採らなければならない。
 これは、「安全の綱領」と呼ばれ日本国有鉄道の「運転取扱規程」に必ず記載されていたものであり、言わば安全のバイブルである。
 安全の綱領自体は、終戦当時のGHQ(CTS)からの命令により、作られた言わば押しつけのものであるかもしれないが鉄道輸送の本質をつかんでいると思われる、現在ではその言い回しに多少問題と思われる個所が散見されるが、資料としてみていただきたい。
特急気動車の傑作 キハ82

日本国有鉄道【私見】

日本国有鉄道に関する私見を述べています

その他コンテンツ

blackcat写真館

blackcat写真館

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatのアメーバーブログです。随時更新

blackcatブログ

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの元祖gooブログです。内容はかなり硬派です。随時更新

国鉄があった時代ブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの思索帳

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳Hatena blogです。主に労働運動を中心に社会学的視点から検討するblog、6日に1回の更新を目標としています。

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓の思索帳

blackcatブログ

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話Yahoo blogです。鉄道とは一切関係なし、少しみんなが元気になってくれればと毎日更新にチャレンジ中

鉄道ジャーナリストblackcatの鉄じゃない話