特定地方交通線一覧

国鉄は、昭和54年、国鉄再建法に基づき、全国の線路を輸送密度等により、線路を幹線と地方線に区分し、かつ輸送密度の低い路線については、鉄道の使命は終わったものとして、国鉄の経営から分離し、速やかにバス路線に転換すべきものとした。

なお、昭和43年頃にも同じような話が出てきた時期があり、赤字83線と言われ、廃止を地元の迫ったものの、廃止反対の運動が大きく結局一部の路線を除き、大半が生き残ってしまった。

第一次特定地方交通線にリストアップされた線区の多くは、当時の赤字83線といわれた際にも、リストアップされていた線路も多い。

  1. 国鉄再建法に基づく、線区のランク分け
    国鉄では、再建法に基づき、輸送密度の少ない路線については、廃止の方針が打ち出され、これにより、第一次から第三次までの選定が行われた。

    このときに、幹線系と地方交通線に選別したのが特徴で、さらに特に輸送量の少ない路線を特定地方交通線として国鉄の経営から分離する事とされたのが特徴。資料
  2. 地方交通線の廃止基準は以下のとおりである。
    旅客輸送密度4000人(線平均)未満の路線を特定地方交通線とする。
    ただし、下記の条件にひとつでも該当する場合は除外

    (1)ピーク時輸送人員(隣接駅間)が、1方向、1時間当たり最大1000人以上のもの。
    (2)代替輸送道路の無いもの。
    (3)代替輸送道路が積雪のため10日間以上不通となるもの
    (4)旅客一人当たりの平均乗車キロが30キロ以上でかつ旅客輸送密度が1000人以上の路線
  3. 第一次申請の特定地方交通線は、旅客輸送密度2000人未満(500人未満)を対象としている。

    参考
    国鉄が、提出した交通線の区分一覧・・・こちら

第一次地方交通線

国鉄再建法に基づき、特定地方交通線が選定されたが、最終的に選定された第一次地方交通線は以下のとおり。

道県名 線名 営業キロ 輸送密度 転換日
北海道 相生線 36.8km 411 60.4.1 バス転換 北見バス津別町営バス
岩内線 14.9km 853 60.7.1 バス転換 ニセコバス
興浜南線 19.9km 347 60.7.1 バス転換 北紋バス
興浜北線 30.4km 190 60.4.1 バス転換 宗谷バス
渚滑線 34.3km 398 60.4.1 バス転換 北紋バス
白糠線 33.1km 123 58.10.23 バス転換 白糠町営パス
美幸線 21.2km 82 60.9.17 バス転換 名士パス
万字線 23.8km 346 60.4.1 バス転換 北海道中央バス
青森 大畑線 18.0km 1,524 60.7.1 鉄道転換 下北交通(民鉄)
黒石線 6.6km 1,904 59.11.1 鉄道転換 弘南鉄道(民鉄)
岩手 久慈線 26.0km 762 59.4.1 鉄道転換 三陸鉄道
盛線 21.5km 971 59.4.1 鉄道転換 三陸鉄道
宮古線 12.8km 605 59.4.1 鉄道転換 三陸鉄道
宮城・福島 丸森線 17.4km 1,082 61.7.1 鉄道転換 阿武隈急行
日中線 11.6km 260 59.4.1 バス転換 会津乗合自動車
秋田 角館線 19.2km 284 61.11.1 鉄道転換 秋田内陸縦貫鉄道
矢島線 23.0km 1,876 60.10.1 鉄道転換 由利高原鉄道
新潟 赤谷線 18.9km 850 59.4.1 バス転換 新潟交通
魚沼線 12.6km 382 59.4.1 バス転換 越後交通
千葉 木原線 26.9km 1,815 63.3.24 鉄道転換 いすみ鉄道→62前半に戻る
静岡 清水港線 8.3km 783 59.4.1 バス転換 静岡鉄道
岐阜・富山 神岡線 20.3km 445 59.10.1 鉄道転換 神岡鉄道
岐阜 明知線 25.2km 1,623 60.11.16 鉄道転換 明知鉄道
樽見線 24.0km 951 59.10.16 鉄道転換 樽見鉄道
滋賀 信楽線 14.8km 1,574 62.7.13 鉄道転換 信楽高原鉄道
兵庫 高砂線 8.0km 1,536 59.12.1 バス転換 神姫バス
北条線 13.8km 1,609 60.4.1 鉄道転換 北条鉄道
三木線 6.8km 1,384 60.4.1 鉄道転換 三木鉄道
鳥取 倉吉線 20.0km 1,085 60.4.1 バス転換 日本交通・日の丸